« 下鴨本通 東鞍馬口通から松ヶ崎通まで | トップページ | 発祥の地をめぐる 曹洞宗と黄檗宗 »

2020年9月28日 (月)

下鴨本通 松ヶ崎通から北大路まで

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Joe_2697a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の松ヶ崎通を渡り、下鴨本通を北に歩きます。「松ヶ崎通」は北山通から南下して北大路通を通り、下鴨地区では西向きに曲がり下鴨西通まで続きます。

交差点の北西の角にある「京都コンピューター学院」は1963年設立の日本最初のコンピュータ教育機関、「京都情報大学院大学」は2004年設立の日本最初の情報専門職大学院です。建物はキャンパスではなく、北大路通に洛北校があります。

Joe_2702a

「セブン-イレブン 京都下鴨膳部町店」  町名の膳部(かしわべ)とは、朝廷や皇族の宮で御食(みけ)の調理に従事し、食事をつかさどった職業部(品部)だそうです。

Joe_2710a

このあたりは脇道が多く、下鴨本通りから一歩入ると住宅街になっています。

Joe_2714a

「亀幸」 パソコン修理のお店で、張り紙には様々な修理内容が書いてあります。

Joe_2718a

「なまら屋 京都下鴨店」 炭焼き、ジンギスカン、北海道料理のお店です。北海道直送の魚貝や野菜、お酒がいただけます。「なまら」とは北海道の方言で、たいそう、非常にという(肯定的な)意味だそうです。

Joe_2723a

「caffe Verdi(カフェ ヴェルディ)」 閉まっていますが、自家焙煎珈琲のお店です。

Joe_2728a

「ヘアーメイクパルアイレス」 美容院です。

Joe_2735a

手前は不動産会社の「アッツエリ住研(株)本店」、向うにコインランドリーがあります。

Joe_2738a

「京都情報大学院大学・京都コンピュータ学院」 同校が使用してきた歴史的な大型コンピュータや小型PCの多数が、情報処理学会によって情報技術遺産の「分散コンピュータ博物館」に認定され、その一部だと思われます。 左は「藤画廊」。

Joe_2753a

「(株)京阿月 下鴨本店」 京阿月は、幕末の1840年創業の老舗和菓子店です。代表銘菓のどら焼き「阿月」、下鴨神社ゆかりの「双縁餅(ふたえもち)」、貴船川を泳ぐあゆをかたどった「貴船のあゆ」などがあります。

Joe_2759a

「ベルク下鴨」 2008年築、3階建て、全9戸のマンションです。

Joe_2763a

「個別指導Axis 下鴨校」 受験予備校です。

Joe_2768a

「たこ祭り」 大玉が評判のたこ焼き屋さんで、店内でイートインもでき漫画の本が並んでいます。隣はヘアデザインの「Haku」。

Joe_2773a

手前はヘアサロンの「COR」、同じ建物に受験予備校の「理数舎」があり無料体験授業募集中だそうで、向うは骨董品商の「光雲堂」、建物は下鴨今中BLG。

Joe_2777a

Joe_2779a

「BAIKAL(バイカル)下鴨本店」 1955年創業の洋菓子・ケーキ屋さんでこちらで製造もしています。最近店頭の商品がネット予約できるようになりました。

Joe_2795b

北大路通との交差点南西には「個別指導学院フリーステップ 下鴨教室」こちらも受験予備校です。

Joe_2801a

南東の角は「葵書房」、大型書店ではありませんが、新刊書から各分野の専門書まで、日常必要となるような本がそろっています。

Joe_2835a

下鴨本通は北大路通を横切って深泥池まで続きますが、この日はここから買い物をして帰宅しました。

Joe_2837a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Joe_2814a

 

|

« 下鴨本通 東鞍馬口通から松ヶ崎通まで | トップページ | 発祥の地をめぐる 曹洞宗と黄檗宗 »

コメント

脇道は、小さい子供たちが遊んでいることが多いから、とびたしてきそうで、緊張してしまいますよね。
「たこ祭り」
店内のイートインで漫画の本が読めるって、嬉しいですよね。
ただ、たこ焼きなだけに、本を汚してしまいそうです。

投稿: munixyu | 2020年9月28日 (月) 13:41

★munixyuさん こんばんは♪
確かに、たこ焼き屋さんに漫画は面白い組み合わせですね。昔から定食屋さんや喫茶店にはスポーツ紙や週刊誌、美容院にはファッション誌というのが定番ですね。

投稿: りせ | 2020年10月 5日 (月) 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下鴨本通 東鞍馬口通から松ヶ崎通まで | トップページ | 発祥の地をめぐる 曹洞宗と黄檗宗 »