« 智恵光院 鷹司兼平と六臂地蔵尊 | トップページ | 智恵光院通を歩く 中立売から今出川へ »

2020年9月14日 (月)

智恵光院通を歩く 下立売から中立売へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Joe_0970a
※写真は全てクリックで拡大します。

智恵光院を出て、通りを下立売まで下りました。上は交差点から東の方で、交番が緑地帯にあります。智恵光院通はここから南東に曲がり、約30m東にずれて南下して二条城の北堀(竹屋町通)まで続きます。

交差点から、改めて智恵光院通を北に向かいます。右の建物は「吉田組紐(有) 」、その先に「(株)滝和紙店」があります。この日は土曜日だったので、多くの会社やお店は閉まっています。

Joe_0976a

京都市の「出水老人デイサービスセンター」の前に「平安宮内酒殿跡」というプレートが設置されています。この付近には平安京の中心である大内裏があり、範囲は東西1.2キロ、南北1.4キロに及びました。

Joe_0983a

大内裏内には天皇の居住区の内裏や、多くの行政機関が並んでいました。1996年ここで平安宮跡で初の井戸が発見され、中にあった一枚の木の札から、ここが内酒殿(内裏に納める酒の醸造所)であることが分かりました。

Joe_0987a

「昌福寺」黒谷浄土宗の寺院で、洛陽四十八願所地蔵めぐり第7番札所、札所本尊は幸福地蔵です。 安土桃山時代の1603年、慶雲により創建されたといわれています。

Joe_0990a

この場所と西隣の「松林寺」は聚楽第があった場所です。平安時代以後には朝廷の権力の低下や度重なる兵火によって、皇室の居住区は現在の御所のあたりの里御所に移りました。「庫裡」

Joe_0993a

関白となった秀吉は、1587年に政庁兼住居として聚楽第を造営、1591年には関白を甥の秀次に譲りその住居となりました。しかし、1595年7月、秀次は高野山に追放されて自害しました。

Joe_0995a

秀吉は、秀次を謀反人として印象付けるために翌8月から聚楽第を徹底的に破壊しました。「本堂」には阿弥陀如来を祀っています。

Joe_1003a

そのために聚楽第の遺構を発見するのは困難で、このあたりの町名の分銅町・山里町・須浜町・西辰巳町・天秤丸町などに聚楽第の建物や堀の名が残っているだけです。

Joe_1026a

左に「サントロペ」、右に「mois et mois ~モーエモア~ 」、美容院が並んでいます。

Joe_1033a

「出水通」

Joe_1039a

「ウエルシア」 薬と書いてありますが、ドラッグストアとして日用雑貨もあります。

Joe_1046a

この通りが近くの通りに比べて道幅が広く、南北では複雑にずれているのは、戦時中の建物疎開によるものです。「ヤマト運輸(株)智恵光院 宅急便センター」

Joe_1051a

大規模な空襲による延焼を防ぐために、京都では堀川通、御池通、五条通などに面した建物を強制的に立ち退かせて、道幅を拡張しました。通りの両側にはマンションが多く、今日は名前を省略します。

Joe_1053a

昭和20年6月にはこの智恵光院通も建物を立ち退かせて道路の整備をしていました。「ぷるる」、喫茶店ですが土曜日の昼は閉まっているようです。

Joe_1057a

「アカネ 」 昨年10月にオープンしたベーカリーです。 その左は「下長者町通」。

Joe_1069a

6月26日の昼ごろ、このあたりに米軍による空襲があり(西陣空襲)、被災したのは上長者町通・大宮通・下立売通・浄福寺通に囲まれた、ほぼ400m四方で300戸ほどの家屋が被害を受けました。

Joe_1065a

西陣警察署の記録によると、50キロ爆弾7発(あるいは5発)で、即死43人、重軽症者66人、罹災者850人でした。「辰巳公園」は被災地跡にできたもので、右端に「空爆被災を記録する碑」が建っています。*昌福寺にも着弾したそうです。

Joe_1082a

報道管制のため被害の詳細は市民には知らさせませんでした。当時の京都新聞のコラムには「敵は、疎開後の空きにポッカリ大きな穴をあけただけで被害は軽微、疎開の大勝利」と書かれたそうです。

Joe_1081a

他に、以前に紹介した東山区馬町と太秦の三菱工場も爆撃をうけました。京都は戦災を受けなかった都市とされ、アメリカが文化財を守ったためだといわれることもありました。

Joe_1087a

しかし、最近様々な資料が公開され、空爆や原爆投下など戦略に関してトルーマン大統領の実質的な権限はなく軍部の言いなりだったことが分かってきました。「上長者町通」

Joe_1096a

1945年(昭和20年)4月米軍は原爆投下を効果的にするために東京湾から長崎までの間で、戦略的に重要な17の候補地を選定しました。その後、6月末には候補地を優先順位順に京都、広島、小倉、新潟に絞りました。

Joe_1101a

その時点で、原爆投下を効果的にするために上の4都市には空爆が禁止されました。振り返って、南西の角に「須浜自治会館」があります。

Joe_1106a

その後、軍部の中で候補地に対する対立があり、京都は当面のリストから外されました。しかし、7月には京都が最適な候補地であると考える将校や科学者による巻き返しがありました。「明朗路地」

Joe_1113a

このような状況の中で、京都の代りに長崎を目標に加えることになりました。「(株)演算工房」 ソフトウェアの会社です。

Joe_1118a

「杉本工芸」 仏教徒向け用品店だそうです。看板には「京都掛け軸の館」とあり、窓には「急募 京表具経験者」という貼り紙があります。

Joe_1126a

アメリカは広島、長崎の原爆投下によって日本が降伏するとは考えていませんでした。純喫茶「古都」

Joe_1131a

8月15日、日本がポツダム宣言を受諾する数時間前に、トルーマン大統領はイギリスの外交官に「第3の原爆投下を命令する以外に選択肢がない」と語ったそうです。「雁木」ラーメン屋さんです。

Joe_1134a

京都に大規模な空襲や原爆の被害がなかったのは幸運でしかなく、戦争が続けばどうなっていたか分からないというのが最近の調査の結果です。「盛泉苑」 四川料理のお店で、ビルには「星の子スイミングスクール」が入っています。

Joe_1136a

1階は「居酒屋次平」、2階はスナック「ひまわり」、提灯がぶら下がっているので、まだ開店していないだけだと思います。

Joe_1140a

京都に生まれた人間にとって広島・長崎は他人事ではなく、平和の大切さを実感します。中立売通まで来ました。

Joe_1143a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Joe_1036b

|

« 智恵光院 鷹司兼平と六臂地蔵尊 | トップページ | 智恵光院通を歩く 中立売から今出川へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 智恵光院 鷹司兼平と六臂地蔵尊 | トップページ | 智恵光院通を歩く 中立売から今出川へ »