« 発祥の地をめぐる 宗教編1 | トップページ | 私の夏休み2020 上高地 »

2020年9月 6日 (日)

モルガンお雪とカトリック高野教会

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Joe_0567a
※写真は全てクリックで拡大します。

下鴨西通の帰りに、高野橋西詰にある「カトリック高野教会」に立ち寄りました。最初に教会の歴史を少し。

Joe_0574a

この教会は、昭和13年(1938 )アメリカに本部があるメリノール宣教会によって創立され、昭和15年パトリック・バーン神父が初代主任となり、聖堂兼司祭館が建立されました。

Joe_0585a

門を入ったところにある聖母像はバーン司教殉教記念碑ですが、その設立の経緯は後ほど。

Joe_0587a

現在の「聖堂」は昭和23(1948)に建立されたものです。新型コロナウイルスの感染拡大のために当面ミサは中止となっていて、中に入れません。

Joe_0589a

昭和16年太平洋戦争が始まると、バーン神父は高野教会に軟禁状態となりました。翌年になると他の米国人宣教師は本国へ強制送還されましたが、バーン神父の軟禁は続きました。「創立60周年の記念植樹」

Joe_0597a

終戦になるとバーン神父は開放され、戦後の復興に携わります。昭和22年(1947)に韓国教皇使節に就任、京城(現ソウル) に赴任しました。下の建物は昭和15(1940)に建てられた「司祭館」。

Joe_0617a

しかし、1950年に朝鮮戦争が勃発してソウルで殉教してしまいました。

Joe_0629a

その間の高野教会では、昭和24年(1949)レジオマリエ(婦人会)が設立され、翌年ガールスカウト第十団が創設されました。「フリースペース」

Joe_0641a

そして、昭和27(1952)バーン司教殉教記念碑として聖母像が建立されました。 昭和31(1956 )カトリック身体障害者の会「子羊会」本部が設立されました。 集会所東(左)と集会所西(右)

Joe_0644a

高野教会は、アメリカの大富豪、ジョージ・デニソン・モルガンと結婚して、アメリカやフランスの社交界で話題となったモルガンお雪が晩年帰依したことで知られます。「ホール」

Joe_0649a

J.D.モルガン(下の写真)は、アメリカの5大財閥の1つで、合衆国の中央銀行ともいわれたモルガン財閥の創始者、ジョン・ピアポント・モルガン(1837- 1913)の甥です。

Geoge_morgan01

お雪は明治14年(1881)寺町の刀剣商・平助の娘として生まれました。姉は祇園でお茶屋兼置屋『加藤楼』を経営しており、その縁で14歳で芸妓となりました。

Joe_0652a

明治34年(1901)当時30歳のアメリカ人の富豪J.D.モルガンと出会い求婚されます。モルガンは恋人と別れた失意の旅行中に日本に立ち寄りお雪を見そめ、お雪が結婚に承諾するまでの4年間に3度来日しました。

Joe_0665a

当時20歳のお雪には京都帝大に10歳年上の川上俊介(のち浪速銀行東京支店長)という恋人がいましたが、この騒動が新聞に掲載されたために破局してしまいます。

Joe_0667a

明治37年(1904)当時4万円(現在の8億円相当)という莫大な身請け金によりモルガンに引き取られ、日本に帰化したイギリス人法律家・小林米珂を媒酌人に横浜領事館で結婚式が行なわれました。

Joe_0677a

この時の戸籍原本は日本で初めての正式な国際結婚として永久保存されているそうです。お雪の結婚は米国でも「日本のシンデレラ」と話題になり、下は二人で渡米したときの新聞記事です。

Yuki_morgan04

お雪はアメリカの社交界で評判になりましたが、排日法によりアメリカへの帰化は許可されませんでした。明治38年(1905)モルガンとともに一時帰国、南禅寺橋のモルガンの別荘で日米の旗を掲げて2年ほど滞在しました。

Yuki_morgan06

その後、渡欧してパリに移り現地の社交界でも大変な評判をよびました。しかし、大正4年(1915)34歳のとき夫は44歳で心臓麻痺で死去、その後の遺産相続をめぐる夫の一族との裁判に勝ち、莫大な資産を得ました。聖堂の裏に三色のオシロイバナが咲いていました。

Joe_0692a

しかし、国籍を剥奪されて欧州に渡りフランスで悠々自適の生活を送ります。聖堂の中は過去の写真です。

Jnv_6293a

その後、陸軍士官で言語学者のサンデュルフ・タンダールと恋愛、マルセイユに移り同棲します。彼が編纂した辞書にはお雪の援助によって完成したと書かれているそうです。

Jnv_6369a

しかし、昭和6年(1931)タンダールも心臓麻痺で死去し、ニースの別荘で一人暮らしをしました。昭和13年(1938)世界大戦前に欧州が不穏になり、家族の世話もあって京都に帰ります。

Jnv_6372a

戦局が逼迫するとモルガン家からの送金も途絶え、国籍の無くなったお雪は特高警察に目をつけられ、財産を差し押さえられてしまいました。

Jnv_6371a

終戦後に、遺産相続権を回復。お雪は71歳のとき高野教会でキリスト教の洗礼を受け、洗礼名を敬愛するテレジアとしました。以後はカトリック信者として紫野の大徳寺門前の小家に隠棲しました。カトリック衣笠教会の聖堂は彼女の寄付によるそうです。

Jnv_6304a

昭和38年(1963)急性肺炎により死去、東福寺の塔頭・同聚院に葬られ(金閣寺の裏のカトリック墓地にも分骨)、享年81歳でした。三周忌にはパリ市から姉妹都市の京都市へ「ユキサン」と名付けられた新品種の白いバラが贈られたそうです。

Jnv_6306a

ところで、お雪の結婚には逸話があります。懇意にしていた牧野省三に相談したところ、「そりゃおもしろいな、しこたま金を吹っかけてやれ」と冗談めかしでいわれました。数日後、モルガンとの結婚が報道され、好意を持っていた牧野はショックを受けたとか。

Joe_0712a

先日、映画の父として紹介した牧野は、当時はまだ芝居小屋・千本座を営んでいて、この話を脚本にした「モルガンお雪」は大ヒットしたそうです。お雪の話は戦後も映画や舞台、伝記小説に登場しました。

Joe_0765a

身請け料や帝大の恋人の話は、牧野が芝居のために創作したという人もいて、お雪が何も語らなかったので真偽は確かではありません。

Joe_0722a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Joe_0689a 

|

« 発祥の地をめぐる 宗教編1 | トップページ | 私の夏休み2020 上高地 »

コメント

パトリック・バーン神父に、モルガンお雪。
戦争によって、壮絶な生き方をすることになったのですね。
これもまた、戦争の犠牲者ということでしょう。
なんか複雑ですよね。

投稿: munixyu | 2020年9月 6日 (日) 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発祥の地をめぐる 宗教編1 | トップページ | 私の夏休み2020 上高地 »