« 六請神社 衣笠と等持院の守り神 | トップページ | 清水坂・その2 五条坂との合流点へ »

2020年8月 4日 (火)

清水坂・その1 日體寺と大漸寺へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jod_8197a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日は清水寺周辺に行ってきました。「清水道」のバス停から西を見ると、松原通に「六道まいり8月7日~10日」の横断幕がかかっています。今年は新型コロナウイルスの感染拡大によって通常のお盆行事は中止となりました。

Jod_8192a

ただし、初盆の新仏を迎える家に限り参詣可能です。古来から、み魂がはじめての里帰りで迷わないよう「六道之辻」にある六道珍皇寺に詣でる習わしがあるためだそうです。

清水坂(清水道)は、松原通の東大路から東で清水寺参道の一つです。「食之源」、中国人のご夫婦が営業する中国料理のお店で、安くて美味しいとの評判です。

Jod_8198a

京都も新型コロナウイルスの再拡大が続き、営業や外出自粛の要請はありませんが人通りは少ない状態です。「WHITE LOVER(ホワイトラバー)」 家庭的な雰囲気の洋食屋さんです。

Jod_8200a

「六角庵」 清水茶寮と銘打つ甘味処(和風スイーツのお店)です。 提灯に書いてある「特濃みたらし香ばし団子」が気になります。テイクアウトもあるそうです。

Jod_8201a

開いていないお店も多く、紹介するのは営業しているお店だけです。「BLDG清水坂」 1階に人力車の「えびす屋」の営業所があるようです。

Jod_8219a

「イロドリキョウト清水本店」 レンタル着物のお店で、昭和レトロなアンティークから、こだわりのテキスタイルから作るオリジナルブランドまで、ありがちなレンタル着物とは一線を画す風合いだそうです。

Jod_8221a

左は「本家八ッ橋」、創業元禄2年(1689)の老舗です。1805年創業の「井筒」が創業元禄2年としている「聖護院」を裁判で訴えた1審では、聖護院側の勝訴となりました。ただし、創業年の判断を避けてそれによる損害が認められないという判決です。

Jod_8224a

「西尾」も創業元禄2年としていて、「本家」と親戚関係です。この2軒には井筒から接触はなかったそうです。「ROMANESQUE KIYOMIZUZAKA」1989年築、5階建て、34戸のマンションです。

Jod_8238a

「日體(にったい)寺」 山号を常照山という日蓮宗の寺です。創建の詳しいことは不明ですが、かっては観音寺とよばれていたそうです。

Jod_8240a

江戸時代の1721年当時の住職が常照院・日體上人に帰依し、日蓮宗に改め上人を開山に迎えたといわれています。本堂には本尊の釈迦如来像と北辰妙見像が安置されています。この妙見像はかつて祇園下の妙見宮に安置されていたものです。

Jod_8256a

明治になって妙見宮が取り壊され、末吉町の元芸妓・藤井四十吉が自宅に祀ったといいます。四十吉が亡くなり日體寺に葬られた際に、妙見像もこの寺に遷されました。

Jod_8265a

洛陽十二支妙見めぐりの札所で、巳(南南東)を祀り、水火の災を除き、怨敵の難を退け、家を治めると信じられています。この寺は、「清水の鎮宅妙見宮」ともよばれています。

Jod_8269a

玄関と寺務所(洛陽十二支妙見の御朱印所)、建物の向こうに墓地があります。

Jod_8271a

「田中納言の墓」 江戸時代中期、古土佐派様式の研究に励み、復古大和絵派の礎を築いた画家です。約300点の作品が知られ、各地の美術館で見ることができます。晩年に失明を悲観して自殺したといわれています。

Jod_8314a

「山跡黄葉 COTTON CANDY MEW」 手造りアクセサリーと猫雑貨のお店です。

Jod_8327a

すぐ東は「宝林小路」と呼ばれ、向こうに八坂の塔が見えています。入口に「寶林山」と「大漸寺」の石柱が立っていたのですが、奥に工事の大型車が入っていて。取り除いてあります。

Jod_8330a

小路に入ります。「リリアーレ清水」、2006年築、3階建て、14戸のマンションです。

Jod_8341a

「大漸(だいぜん)寺」 山号を宝林山という日蓮宗の寺で、江戸時代の1742年、大漸院日琢上人、寶林院日逢上人により開創されました。

Jod_8346a

通りをまたいで陸橋「霊山橋」がかけられていて、寺から墓地に行けるようになっています。この陸橋は大正11年(1922)に建設された鉄筋コンクリート製で、陸橋では日本最古ではないかといわれています。

Jod_8343a

鬼子母神にはザクロを供える習わしがあり、この寺には数本のザクロが植えられていたことから「柘榴寺」とも呼ばれました。

Jod_8360a

陸橋は霊山浄土に5歩で渡れるとして、「渡る前に『南無』と唱えて霊山へ 『妙法蓮華』と五歩目の『経』たり」という貼り紙がありました。

Jod_8354a

清水坂に戻り、角の山跡黄葉のウインドウ。

Jod_8334a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jod_8214a 

|

« 六請神社 衣笠と等持院の守り神 | トップページ | 清水坂・その2 五条坂との合流点へ »

コメント

お盆のことで、気になっていたのが、
新盆ですが、新盆はやるところもあるのですね。
まぁ、新盆は初めてのお盆なので、外せませんよね。
今年は、本当に不思議なお盆になってしまいました。
お盆が普通にできないのは、戦後初めてですよね。

投稿: munixyu | 2020年8月 4日 (火) 15:02

★munixyuさん こんばんは♪
様々なお祭りが中止になっていますが、大事な宗教的儀式は何らかの形で継続して欲しいですね。

投稿: りせ | 2020年8月11日 (火) 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六請神社 衣笠と等持院の守り神 | トップページ | 清水坂・その2 五条坂との合流点へ »