« 安祥院 木食上人と日限地蔵 | トップページ | 大文字と月 初夏から真夏へ »

2020年8月13日 (木)

五条坂を下る 2020年8月

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jod_8605a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の安祥院を出て、五条坂の一番上(清水坂との合流点)まで上ってから(上の写真)東大路まで戻ります。

「布遊舎」 ちりめんがま口のお店です。ちりめん以外にも西陣やデニム生地を使った、通常のがま口や印鑑ケースやたばこケース、飾り物や巾着、風呂敷、ポーチアクセサリーなどの和の小物を販売しています。

 Jod_9566a

「坂」 手打ちそば処で、天ざるの天ぷらがカラッと揚がっていて美味しいとか。いつもは外国人観光客の方が多いそうです。

Jod_9573a

「ここどす」 御食事処、甘味処です。ご家族で経営していておうどんや抹茶アイスが美味しいとか。 

Jod_9557a

このあたりの五条坂の北(写真の右)は広い清水寺観光駐車場になっていますが、ほとんど車が見当たらないのがちょっと寂しい気分です。

Jod_9576a

「馬鈴(ばず)」 白玉だんごの看板がかかっている和菓子屋さん、ウサギの形をしたわら餅と気さくなおばちゃんが人気だそうです。

Jod_9553a

駐車場の南に人力車の営業所があります。

Jod_9584a

茶わん坂につづく脇道、左は「喫茶 陶」、脇道を入ったところには「喫茶去京極」と二つ星ホテルの「花喜屋」があります。このあたりの五条坂は両側が坂になっています。

Jod_9550a

脇道の右は「清水坂かんざし屋wargo」 日本で随一の簪(かんざし)専門店。豊富な品揃えと、伝統美のなかに利便性を考慮した現代的なオリジナルデザインは、好みの1本が見つかるかも。

Jod_9547a

「牛カツ京都勝牛 清水五条坂店」 タン、ヒレなどお肉が美味しく、ソースが豊富な定食屋さんです。好きな部位を「選べる牛カツ」というメニューがあります。8/11-8/31の期間は臨時休業だそうです。

Jod_9542a

「花かがみ」 季節の会席料理やすき焼き、溶岩焼きなどの肉料理もあります。ランチは京のおばんざい定食など手頃な値段の定食や御膳が各種あります。

Jod_9535a

安祥院の前を通り過ぎます。

Jod_9595a

茶わん坂との合流点まで来ました。角の両替屋さんは休業中です。

Jod_9597a

「かねや」 築90年の京町家を改装した和カフェです。ランチには、京野菜を使ったパスタや、人気のふわふわ玉子のカフェ丼などのオリジナルメニューがあります。

Jod_9603a

「ギャラリーたなか」 京焼・清水焼の制作・展示・販売をしています。夏には涼し気なガラス食器もあり、伝統の手書きの京絵付けの器です。

Jod_9606a

「Fluffy - Kyoto Kiyomizu」 シャトー清水の一階にあるスイーツおよびデザートビュッフェです。綿菓子を乗せたタピオカドリンクがあります。

Jod_9610a

ここの着物レンタルの「京越 清水店」は7月31日をもって閉店しました。京越は祇園本店・河原町店・嵐山店の3店舗で営業しています。

Jod_9612a

「清水チーズ工房」 京都で初のボトルチーズケーキ専門店です。チーズケーキを京都独自の素材と合わせ、その美味しさを三層に分けてボトルに詰め込んだ、なめらかチーズケーキを提供しています。

Jod_9618a

「清水坂ガラス館 べっぴん館」 オリジナル手づくりアクセサリーのお店で、手つくりガラス体験もしています。「べっぴん館」では香水や化粧品のオンラインショップもあります。

Jod_9621a

「HOTEL TERRACE KIYOMIZU KYOTO」 自慢の屋上テラスは、清水寺や京都タワーなどが望める京都市街のビュートスポットだそうです。

Jod_9623a

「ぴあり館」 ファッション アクセサリーのお店です。

Jod_9625a

右は一昨年オープンした「お酒の美術館 プレミアムショップ清水寺店」、左は「着物レンタル 夢京都 清水寺店」です。

Jod_9629a

「KOTOUP(ことあっぷ)」 今年の6月27日にオープンしたポップオンワッフルのお店です。簡単にいえば、新感覚のベビーカステラで、それを使ったソフトもあるそうです。壁がワッフルです。

Jod_9636a

東大路まで来ました。左が五条坂、正面はレンタル着物の「喜楽庵 岡本 五条坂店」、右は「大谷道」、これで清水寺周辺の散策はおわりです。

Jod_9643a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jod_9586a

|

« 安祥院 木食上人と日限地蔵 | トップページ | 大文字と月 初夏から真夏へ »

コメント

うどんと蕎麦の境目って、
どこなのか気になってしまいます。
名古屋辺りまでは、うどんが多いですよね。
信州はもう蕎麦が多いから、
静岡辺りで逆転するのかもしれませんね。
京都は、どっちかというと、うどんなのかな。

投稿: munixyu | 2020年8月14日 (金) 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安祥院 木食上人と日限地蔵 | トップページ | 大文字と月 初夏から真夏へ »