« 清水坂・その2 五条坂との合流点へ | トップページ | 清水寺 音羽の滝から子安塔へ »

2020年8月 6日 (木)

清水坂・その3 清水寺門前へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jod_8618a
※写真は全てクリックで拡大します。

清水坂の上部はいつもなら大混雑ですがビックリするほど閑散としていました。上は途中から合流する産寧坂。

「七味家本舗」 創業明暦年間(1655-1659)、一味、山椒、 唐辛子などを扱っています。昨年の天候不順で山椒の収穫量が大幅に減少、品質を維持することが困難で今期の山椒の販売を休止しているそうです。

Jod_8599a

「手作り箸工房 遊膳」 お箸を中心として、和柄のマグカップや食卓の小物が並んでいます。箸には無料で名前を彫っていただけるそうです。2階はそば・うどんの「めん蔵人」。

Jod_8604a

このあたりは5月末と比べて人出はそれほど変わりませんが、営業しているお店は増えていました。

Jod_8619a

「経書堂(きょうかくどう)」 正式には来迎院といわれる清水寺の塔頭で、本尊として16歳の聖徳太子像を祀ります。創建の詳細は不明ですが、飛鳥時代に聖徳太子の創建ともいわれています。

Jod_8631a

「聖護院 八ッ橋」 こちらでは八ツ橋のルーツは箏(こと)で、その名手・作曲家の八橋検校の墓がある金戒光明寺への墓参のお土産が発祥としています。つぶあん入り生八ッ橋「聖」があります。

Jod_8622a

「栄山堂」 自慢の豆乳ドーナツ・豆乳ソフトクリームをはじめ、当店限定舞妓・新撰組モンチッチ、京都限定キティ・キューピーなどキャラクター商品が多数そろっています。

Jod_8632a

「岩月堂 北店」 明治34年創業の土井志ば漬本舗清水店で、志ば漬、千枚漬、すぐき等の京漬物や大原庵しぐれ煮などを扱っています。

Jod_8636a

「藤木商店」 京土産のお店です。アイスクリームを持って入らないでください。

Jod_8639a

「北海屋仏具店」 かってはお寺の参道には仏具店や石材店が多くありましたが、いまでは少なくなりました。 数珠・念珠はお守やお土産用にもなります。

Jod_8642a

「日月庵」 京料理のお店で、眺めのよいお座敷もありこのあたりで落ち着いて食事ができる場所です。御膳や懐石料理がお手頃な値段でいただけます。

Jod_8643a

「大継渓山堂」 京土産のお店で、お茶や抹茶菓子もあります。「京ばうむ」は宇治抹茶と京都産豆乳を使用して幾重にも焼き上げた、しっとりふんわりのバームクーヘンだそうです。

Jod_8655a

左の「真福寺」は清水寺宝性院の塔頭てかって本堂には本尊として大日如来坐像(重文)が安置されていたことから「大日堂」とも呼ばれています(現在は清水寺・宝蔵殿に遷されています)。

Jod_8662a

東日本大震災の大津波で陸前高田の松原から流され戻ってきた流木松を、二本松学院と京都伝統工芸大学校の学生さんたちが彫りすすめ、被災された人々もひとのみを加えた大日如来像が祀られています。

Jod_8669a

「上川商店」  典型的な京土産のお店で、所狭しとたくさんの商品が並んでいます。

Jod_8677a

「Snoopy Chocolet(スヌーピーショコラ)」 ピーナッツの世界観をテーマにしたチョコレートショップで、昨年10月に嵐山店と同時にオープン。柚子、わさび、きな粉、抹茶、ほうじなど和の素材を用いた本格ショコラです。

Jod_8680a

「MALEBRANCHE(マールブランシュ)清水坂店」 和風の焼菓子や冷菓、ケーキもあります。「茶の華」は宇治の厳選茶葉を使い、ホワイトチョコレートを包んだお濃茶ラングドシャです。  

Jod_8683a

「HISAYA CAFE」 比沙家が昨年9月に新しくオープンした『丹波栗のプレミアムモンブラン』専門カフェです。 比沙家は全国に焼き栗スタンドを展開していますが、ここが発祥の地だそうです。

Jod_8687a

「なかにし 洛趣舎」 ご主人も清水焼の作家で、その目で厳選した抹茶茶碗、湯呑、花瓶、土人形、土鈴、干支などをそろえています

Jod_8689a

「宝徳寺」 安土桃山時代の1598年に清水寺塔頭成就院の9代玉圓上人が建立しました。本尊として、聖徳太子が42歳の時に厄除け守護仏として彫ったといわれる阿弥陀如来像を祀ります。

Jod_8700a

「川勝総本家」 創業大正6年の京漬物のお店です。京都、東京、大阪等のデパートにも出店しています。今まで紹介していませんでしたが、多くのお店ではオンラインショップ・通信販売を行っていますのでお問合せください。

Jod_8706a

「錦古堂」 扇子専門店で、実用扇子を中心に1000種類以上取り揃えているそうです。近くに何軒かお店がありますが、開いているのはここだけでした。

Jod_8712a

「木村桜士堂」 京人形をはじめ素朴な土人形、こけし、など可愛らしいお人形を幅広く取りそろえています。

Jod_8717a

「山口屋」 念珠を中心に仏像、仏具、線香など豊富に取りそろえています。お香のかおりが漂っています。

Jod_8723a

「源久秀」 京刃物と京みやげのお店です。包丁や鋏などの家庭用刃物から、職人さんが使う珍しい本職用刃物まで取り扱っています。

Jod_8724a

「本家八ッ橋西尾」 京都で一番古い創業元禄2年(1689)の八ッ橋屋さん、西尾自慢の「あんなま」があります。こちらの創業年は問題とされておらず、現在までの系譜や聖護院との関わりの品が決め手のようです。

Jod_8733a

「朝日堂」 明治3年創業の陶磁器のお店で、在京作家の作品から銘窯の品々まで、伝統工芸の粋と精華を今に伝えます。周辺に何軒かお店がありますが、開いていたのはここだけでした。

Jod_8737a

清水坂で営業しているお店だけでも写真が随分多くなりました。清水寺の仁王門前は閑散としていましたが、参拝者は少し増えたようです。

Jod_8745a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jod_8719a 

|

« 清水坂・その2 五条坂との合流点へ | トップページ | 清水寺 音羽の滝から子安塔へ »

コメント

流木松から作られた大日如来像。
なんか凄いご利益がありそうですね。
京都は、ちょうどいい空き具合いがいいですよね。
満員にならない。
京都は、何かに守られているような気がします。
たくさんの仏さんたちの力なのかもしれませんね。

投稿: munixyu | 2020年8月 6日 (木) 18:45

★munixyuさん こんばんは♪
新型コロナウイルスは関西でも猛威を振るっていますが、数的には京都はましな方だという方もいます。私はあまり信用していませんが、京都人の性格のおかげかも知れません。

投稿: りせ | 2020年8月11日 (火) 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清水坂・その2 五条坂との合流点へ | トップページ | 清水寺 音羽の滝から子安塔へ »