« 妙心寺の塔頭 北部 | トップページ | 六請神社 衣笠と等持院の守り神 »

2020年8月 2日 (日)

妙心寺の塔頭 南部

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnx_7270a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日は妙心寺の北総門から塔頭を見ながら南に歩いてきました。広い境内の中心には本山の建物があり、その東の道の中ほどに雑華院(ざっかいん)があります。

「雑華院」 安土桃山時代の1583年、養徳院創建の余地を石川光重から譲られた牧村利貞は、実弟の妙心寺79世・一宙東黙(いっちゅうとうもく)を開山に招いて創建しました。

Jnx_6582a

牧村利貞は伊勢岩出城主となり、織田信長の死後豊臣秀吉に仕えて各地を参戦、1590年秀吉より伊勢国内に所領を与えられました。文禄の役に参陣するも1593年病死、当院が菩提寺となりました。利休七哲の一人。

「微妙殿」 昭和56年建造された妙心寺本山の供養のための建物です。

Jnx_6583a

「大心院」 足利幕府管領・細川政元が妙心寺10世景堂玄訥(けいどうげんどう)を招いて創建、玄訥は師の景川宗隆(けいせんそうりゅう)を勧請開山としました。宿坊があります。

Jnx_6600a

「東海庵」 室町時代の1484年、越前守・斉藤利国の妻・利貞尼が妙心寺の第11世住持・悟渓宗頓(ごけいそうとん)禅師を開祖として創建。
築山と三尊石を中心とした「東海一連の庭」と呼ばれる枯山水庭園(史跡名勝)があります。

Jnx_6819a

南に歩いて来てT字路まで来ました。下は東の方で、玉鳳院、東林院、養源院などの塔頭があります。

Jnx_6823a

こちらが西の方で、妙心寺の七堂伽藍が南北に連なっています。

Jnx_6826a

「仏殿」(重文)江戸時代後期の1827年創建、毎朝の勤行の他、お釈迦さまの三仏忌となる降誕会・成道会、涅槃会が勤められます。非公開の建物で、工事中でした。

Jnx_6830a

「法堂」(重文) 江戸時代前期の建立、鏡天井には狩野探幽筆の雲龍図があります。内部のケヤキの柱は、原木を四つ割にして丸く削られたもので、富士山麓より海路によって運ばれてきたそうです。通常公開しています。

Jnx_6828a

「大方丈」(重文) 江戸時代前期の1654年建立、1月、5月、9月18日の観音さまの縁日には方丈懺法会(せんぼうえ)が勤められます。通常公開です。  

Jnx_6831a

大方丈の左に「玄関」があり、拝観受付になっています。

Jnx_6838a

法堂と本坊の間の渡り廊下の下をくぐって、境内の西に行きます。

Jnx_6839a

「聖澤院」 室町時代の1523年、妙心寺18世・天蔭徳樹(てんいとくじゅ)が、細川氏、土岐政房らの支援を受け、妙心寺13世・東陽英朝(とうよう-えいちょう)を勧請開山として創建。聖澤派の本庵。

Jnx_6842a

「天授院」 南北朝時代の1380年、妙心寺2世・授翁宗弼(じゅおう-そうひつ) が開祖となり、自らの塔所として創建。南朝年号の「天授(てんじゅ)」を院号にした。当初は、山内の東海庵の北、方丈の間に位置していたそうです。

Jnx_6849a

「鐘楼」 江戸時代の1696年に建立され、かっては飛鳥時代の698年に製造された日本最古の梵鐘(国宝)が吊られていました。 現在梵鐘は法堂に安置され拝観できます。

Jnx_6852a

「退蔵院」 室町時代の1404年に越前(福井県)の豪族・波多野重通が、妙心寺3世の無因(むいん)禅師を開山として創建したのが始まりです。国宝の瓢鮎図を所蔵しています。

Jnx_6862a

「三門」(重文) 安土桃山時代の1599年に建立、楼上には、観世音菩薩と十六羅漢が祀られ、極彩色鮮やかに飛天や鳳凰、龍の図が柱や梁に描かれています。特別公開されることがあります。この前を通って、東の参道に行きます。

Jnx_7255a

「浴室」(重文)安土桃山時代の1587年明智光秀の叔父で塔頭・大嶺院の密宗和尚が、光秀の菩提を弔うために創建したといわれ、通称「明智風呂」と呼ばれています。

Jnx_7257a

「龍泉庵」 室町時代、伊勢生まれの景川宗隆(けいせんそうりゅう)は16年の間、雪の日も霜の日も妙心寺の師匠のもとに通い「禅は景川」と称賛されました。1481年境内に敷地を与えられ、細川政元の援助を得て龍泉庵を創建しました。

Jnx_7259a

「慈雲院」 江戸時代前期の1653年大阪の商人橘屋新兵衛が、妙心寺194世湛月紹円を開山に招いて創建、明治11年(1878)松濤庵、寿仏寺と合併しました。 

Jnx_7261a

仏教の盂蘭盆は梵語「ullambana」の音写で「逆さに吊るされている」という意味があり、死者が味わう苦しみを救うため、供え物をして僧侶が読経する行事を指すそうです。

Jnx_7266a

一方、日本古来の祖霊信仰では初春と初秋に祖霊が子孫の元に訪れると信じられ、初秋のものが仏教の盂蘭盆と習合して、お盆(うら盆)となったという説が有力だそうです。

Jnx_7267a

妙心寺では、8月9、10日に「お精霊迎え」、16日に「お精霊送り」が行われます。

Jnx_7271a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnx_7244a 

|

« 妙心寺の塔頭 北部 | トップページ | 六請神社 衣笠と等持院の守り神 »

コメント

広い敷地内に、いろんな建物があるのですね。
建物だらけで驚きます。
そう言えば、今年のお盆はどうなるのでしょうね。
帰省出来ない状況の人も多いですし、
いつもとは少し違うお盆になりそうですね。

投稿: munixyu | 2020年8月 2日 (日) 14:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妙心寺の塔頭 北部 | トップページ | 六請神社 衣笠と等持院の守り神 »