« 千本通を歩く 鞍馬口から石像寺へ | トップページ | 千本通を歩く 瑞雲院から今出川へ »

2020年7月24日 (金)

石像寺(釘抜地蔵) 2020年7月

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jod_7442a
※写真は全てクリックで拡大します。

千本通の寺之内と上立売の間に石像(しゃくじょう)寺があります。「石像寺」は、正式には家隆山光明遍照院石像寺という浄土宗の寺院で、知恩院の末寺です。「釘抜地蔵(くぎぬきじぞう)」とも呼ばれています。

Jod_7451a

平安時代初めの弘仁10年(819)弘法大師空海が石像を彫り、人々を苦しみから救おうと「苦抜(くぬき)地蔵」と名づけました。後になまって「釘抜地蔵」と呼ばれるようになり、「釘抜」が寺のシンボルとなりました。当初は真言宗の寺だったそうです。

Jod_7452a

「手水舎」 ここではなく、境内の奥にある井戸は大師が自ら掘って加持水に用い、弘法大師三井の一つだそうです。現在も湧いていて、香水を飲み、患部に塗ると霊験があるとされます。

Jod_7477a

「観音堂(大師開山堂)」

Jod_7479a

弘法大師像と、その後ろに行基(668-749)作という(藤掛)観世音菩薩が安置されています。

Jod_7483b

鎌倉時代末、法然に師事した僧・重源(1121-1206)が中興し、浄土宗に改宗しました。その後、歌人の藤原家隆(いえたか)が入寺して以来、山号が「家隆山」となりました。(正面は本堂の「地蔵堂」です。)

Jod_7455a

日本画家・堂本印象が母の回復祈願に1964年に奉納したブロンズの釘抜き、台座は日本画家・岩澤重夫のデザインだそうです。

Jod_7456a

地蔵堂には、弘法大使作と伝わる石造地蔵菩薩立像(苦抜地蔵、釘抜地蔵)、および行基作と伝わる観世音菩薩を祀っています。

Jod_7460a

左には宝珠(ほうじゅ)、右には三鈷杵(さんこしょ)が、本尊とつながっています。

Jod_7463a

三鈷杵は密教法具の金剛杵の中で両端が三つの爪状になっているもので、三業が仏の三密に通じるように祈ります。三業は行い、言葉、心の働き(身口意)のことで、仏の身口意を三密というそうです。

Jod_7464a

左には「賓頭盧(びんずる)尊者」がいます。

Jod_7462a

鎌倉時代末から安土桃山時代にかけて、石像寺は衰退と中興を繰り返しました。石像寺が「釘抜地蔵」と呼ばれるようになったのには逸話があります。(地蔵堂の周囲を回ります。)

Jod_7469a

室町時代末のある日、豪商・紀国屋道林の両手が突然痛みだします。当寺の地蔵に願をかけ、7日目の満願の夜に地蔵が夢に現れました。前世に人を怨んで人形を造り、その両手に8寸釘を打ち込んで呪った罪により苦しみを受けているのだといいます。

Jod_7495a

地蔵は、その釘を抜いてやるといい二本の釘を見せると、両手の痛みは消えていました。道林は夢から覚め、寺に駆けつけて御厨子の前で拝むと、尊像の前に血に染まった二本の八寸釘があったそうです。

Jod_7497a

道林は驚き、以後100日間参籠して地蔵尊の功徳に感謝しました。その時から、この地蔵は釘抜地蔵と呼ばれるようになったといいます。

Jod_7501a

地蔵堂の壁の絵馬には、苦労(釘)が抜けたお礼として2本の八寸釘と釘抜きが貼り付けられています。

Jod_7491a

この寺の「お百度参り」には独自の作法があります。本堂の脇にある竹串を、自分の数え年の数だけ手に持って、お堂の周囲を願をかけながら一周するごとに一本ずつ返してゆくのです。

Jod_7513a

地蔵堂の裏には祠が並んでいます。右の「玉姫大明神」は良縁、縁結びの神で、鎮守の役目もしているそうです。

Jod_7506a

「おさすりの地蔵」は、体の悪い部分と同じところを擦って願い事をします。

Jod_7521a

奥に石像阿弥陀三尊像(重文)が祀られています。右は観音立像、左は勢至立像、中央は阿弥陀如来座像で、光背裏に鎌倉時代の元仁元年(1224)に彫られたという銘があります。一つの岩から台座、光背ともに彫られた石像としては日本最古だそうです。

Jod_7531a

お百度参りでは、地蔵堂正面にある賓頭廬尊者の自分が苦を抜きたい場所を撫で、病気や怪我でない悩み事・心配事ならば、頭や胸を撫でるのがよいそうです。こちらの祠には釘抜地蔵の提灯があります。

Jod_7546a

また、三鈷杵や宝珠を撫でると一層ご利益があるとされます。本堂の左手には寺務所・授与所とその前に休憩所があります。

Jod_7475a

このお寺には、様々な悩みを抱えた人々が大勢訪れるそうで、そのためご住職は臨床心理士の資格を取って十数年前から心の相談室を開いています。本堂の右手前には広場があります。

Jod_7551a

お地蔵さまの力に頼るだけでなく、気軽に相談してほしいとのことです。

Jod_7553a

ちょっとした庭園もあります。

Jod_7558a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jod_7472a 

|

« 千本通を歩く 鞍馬口から石像寺へ | トップページ | 千本通を歩く 瑞雲院から今出川へ »

コメント

こんなところに、三密が出てくるとは、
面白いですね。意味は違いますが不思議です。
お百度参りは、最近だとどれくらいの人がしているのでしょうね。
コロナの終息を願ってやる人もいるかもしれませんね。

投稿: munixyu | 2020年7月24日 (金) 15:19

近為」の「ゆずこぼし」うろ覚え また食べたいです。職場がこの近くでした。おうどん屋さん(藤野屋)
中華料理?(前進亭)もう1軒美味しい中華料理屋さんがあったんですが????近為の近くどうなったんでしょうねえ????

投稿: ひろ吉とクンクンと愉快な仲間たち | 2020年7月25日 (土) 11:01

★munixyuさん こんばんは♪
釘抜地蔵のお百度参りはよく見かけます。また、地蔵堂の壁に貼ってある釘抜の絵馬は平成のものが多いです。

投稿: りせ | 2020年7月27日 (月) 02:13

★ひろ吉とクンクンと愉快な仲間たちさん こんばんは♪
コメントありがとうございます。近為さんの近くはあまり変わっていないと思いますが、日曜日の午後だったことや新型コロナで休業しているお店もあって、実際のところは分かりません。

投稿: りせ | 2020年7月27日 (月) 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千本通を歩く 鞍馬口から石像寺へ | トップページ | 千本通を歩く 瑞雲院から今出川へ »