« 鯖街道(大原街道)を歩く 東開町まで | トップページ | 赤の宮神社と高野川の開墾 »

2020年7月 8日 (水)

鯖街道(大原街道)を歩く 赤の宮橋まで

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jod_5145a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事につづいて、鯖街道(大原街道)を北上します。上の写真の左はショッピングモールの「洛北阪急スクエア」ですが、この建設には紆余曲折がありました。下は「東大路高野第一住宅」。

Jod_5139a

1999年スケートリンク「高野アリーナ」が閉鎖され、跡地にイズミヤのショッピングセンター「カナート洛北」が2000年11月に開業しましたた。開業当初は「ホリデイ・イン京都」、後に「ホテルアバンシェル京都」が隣接、

Jod_5148a

カナートとともに複合商業施設「リバーズ京都」を構成していました。2013年1月にホテルが閉館、それ以前の2012年8月にその跡地に大型パチンコ店の建設計画が明らかになりました。「東大路高野第二住宅」

Jod_5150a

近隣町内会や高野住宅自治会らによる反対運動が行われ、同年12月「パチンコ店新設計画見直しの要請を求める請願書」が京都市議会の全会派一致で採択されました。

Jod_5154a

しかし請願には法的拘束力がなく、ホテルが取り壊されパチンコ店の建設準備が始まり、建築確認を待つばかりになりました。ところが、建築計画は、建築基準法が定める「一敷地一建築物の原則」に違反することが明らかになり

Jod_5156a

建築確認「不適合」となりました。しかし、業者は諦めず「不適合」の判断を取消し工事を進めるため、京都市建築審査会に審査請求を行いました。マンション「リバーパレス高野」

Jod_5167a

業者の不服申し立てが2016年却下されました。計画を変更して再度申請する場合も想定され、住民の反対運動は続きました。左の建物の一階角は「散髪屋かっとびCUT-B」、右の建物は「イズミヤ高野店」。

Jod_5170a

2018年8月にようやくホテル跡地を商業施設としての増改築工事が行われることになり、2019年12月に洛北カナートを含む、大型商業施設・洛北阪急スクエアがオープンしました。クリーニングの「SEIYOSHA]と「HairMake ICHIZO 高野店」

Jod_5177a

2階はパソコン教室で、1階は上賀茂の野菜と漬物の直売店(営業は月・水・金曜日)。

Jod_5182a

北大路通を渡ります。左は「左京郵便局」、右は「京進スクール・ワン高野教室」。

Jod_5186a

交差点の北から振り返って、左がイズミヤ高野店、右は「キャベツの想い」、お惣菜とお弁当のお店です。

Jod_5188a

ところで、先ほどのパチンコ店建設反対には後日談があります。昨年11月11日に京都市都市計画審議会が開催され、「高野東開・西開地区地区計画」が承認されました。左は左京郵便局の敷地です。

Jod_5192a

その理由書には「本都市計画は、旧金渕紡績京都工場跡地の赤レンガ広場を中心として、…生活利便性が高く良質な住環境が形成されている当地区において、…」 郵便局の北に入る脇道にお食事処「まつき」。

Jod_5196a

「地区計画を策定することにより、緑豊かな潤いある空間を守りつつ、将来にわたり静かで住みよい環境と良質なにぎわいが共存するまちを目指すものである。」 このあたりの西は新しい分譲地、街道沿いはオフィスや集合住宅が多く場所です。。

Jod_5201a

地区整備計画として、風俗営業関連や大型遊興施設などの建設を制限(禁止)しています。「YAMAMOTO」、ピアノの販売・調律、ピアノ教室を開いています。

Jod_5204a

マンションの1階(左)は、コインランドリー、不動産屋、整体院などが並んでいます。駐車場入り口に何か隠れています。

Jod_5207a

パチンコ店の話が続きましたが、このケースは住民によるまちづくりのモデルケースといわれています。(布袋様の石像でした。どうしてここにいるのかは分かりません。)

Jod_5203a

京都市には比較的厳しい景観条例がありますが、観光客の増加とともに市内のあちこちでホテルや大型施設の建設による街並みの破壊、居住環境の悪化で問題が起きています。北の方には緑が見えます。

Jod_5208a

既存の条例だけでは規制できないのが実情で、住民自身が環境を守ることも重要となっています。(雰囲気がよさそうですが、何のお店か分かりません。住宅街のお店は日曜日に閉まっている場合が多い気がします。)

Jod_5209a

琵琶湖疏水(分線)にかかる「赤の宮橋」、右が賀茂波爾神社(かもはにじんじゃ、赤の宮)です。この疏水分線は。蹴上から南禅寺、哲学の道、北白川と北上して、その後西に向きを変えここまで流れてきました。

Jod_5215a

ここから高野川に向かい、かってはサイフォンの原理で川の下をくぐり松ヶ崎に流れて行きましたが、現在は高野川に放流されます。橋の手前にあるたこ焼き屋さんもお休みでした。

Jod_5219a

疏水分線に沿って配管が埋設されていて、若王子で取水された水が松ヶ崎浄水場に流れて行きます。その余った水が放流されるので、松ヶ崎疏水にも琵琶湖の水が流れています。

Jod_5217a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jod_5222a 

|

« 鯖街道(大原街道)を歩く 東開町まで | トップページ | 赤の宮神社と高野川の開墾 »

コメント

洛北阪急スクエアには、いろいろ紆余曲折があったのですね。
最終的に、パチンコ屋が建たなくてよかったですね。
京都に、パチンコ屋はそんなに要らないと思います。

投稿: munixyu | 2020年7月 8日 (水) 14:01

★munixyuさん こんばんは♪
パチンコは不健全な娯楽だとは思いません。でも、開店すると様々な人が集まり、閑静な住宅街にはふさわしくないのだと思います。

投稿: りせ | 2020年7月 9日 (木) 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鯖街道(大原街道)を歩く 東開町まで | トップページ | 赤の宮神社と高野川の開墾 »