« 平安神宮神苑 池底の清掃と庭園の花たち | トップページ | 神宮道を歩く 三条から円山公園へ »

2020年6月 1日 (月)

神宮道を歩く 仁王門通から三条へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amv_9180a
※写真は全てクリックで拡大します。

平安神宮の神苑を出て、神宮道を歩きます。新型コロナウイルス関係の情報もあります。

下は西尾八ッ橋の南にある、ボーイスカウト京都連盟の記念碑「そなえよつねに」、この言葉はボーイスカウトのモットーで日本ボーイスカウト連盟の先達・八木清の署名があります。

Amv_9185a

「京都市京セラ美術館」 5月26日から開館していますが、当面京都府民のみを対象に、事前予約・定員制です。5月26日〜10月4日「杉本博司 瑠璃の浄土」、5月26日〜6月21日 「コレクションルーム 春期」

Amv_9222a

6月2日~9月6日「京都市京セラ美術館開館記念展 京都の美術 250年の夢 最初の一歩コレクションの原点」と会期が変更されました。本日(6月1日)は休館日です。

Amv_9234a

「京都国立近代美術館」も5月26日から開館、5月26日〜7月5日「チェコ・デザイン 100年の旅」、5月26日〜7月12日「ポーランドの映画ポスター展」、5月26日〜7月19日「2020年度 第1回コレクション展」と変更されました。月曜は休館日です。

Amv_9238a

琵琶湖疏水にかかる「慶流橋」から建設工事のクレーンが見えます。ヒューリック(東京)が地上4階のホテルを建設中で、無鄰菴や瓢亭に隣接し住民からは周囲に調和するよう計画変更の運動があります。

Amv_9243a

3月に市長に計画変更を指導するよう要望書が提出されて以来情報がありません。仁王門通を渡ります。「セブンイレブン京都平安神宮前店」、サツキが綺麗に咲いていました。

Amv_9250a

「茶ろん瑞庵」 お茶と和スイーツのお店で、和室でお食事もできます。地下に茶室があり、茶事や茶会等に利用できます。(以下の写真のほとんどは東側の歩道からです。)

Amv_9254a

屋敷の門前に「楠部弥弌作陶之地」という石標があります。陶芸家・楠部弥弌(1897~1984)は、若手陶芸家と赤土社を結成し陶芸革新運動を展開しました。後に日本芸術院会員となり、文化功労者に選ばれました。裏に福田赳夫書の碑文があります。

Amv_9256a

「ギャルリー百音(もね)」 に絵画、陶芸、茶道具などの作品展示や販売をしています。マンション「グランドヒルズ岡崎神宮道」の一階です。この区間は、美術館やホールに近いことからギャラリーが並ぶ文化ゾーンです。

Amv_9260a

この通りは正式には「神宮道商店街」で、2年前にも記事にしましたがいろいろ変化があります。右隣りの「ギャラリー唯」も百音と同様の展示・販売をしています。

Amv_9264a

「長岡京 小倉山荘 平安神宮前店」 長岡京が本店のおかきのお店で、デパートにも出店しています。様々な味のおかきと上品な包装は土産や贈り物にも適しています。

Amv_9267a

「峯嵐堂 平安神宮店」 本店は渡月橋南詰、八坂の塔の前にもお店があります。「嵯峨野豆菓司」と銘打ち、自家製のきなこを用いた、わらびもち、御箱入りわらびもち、豆菓子、めかぶ茶などがあります。

Amv_9270a

「京都博宝堂」 額縁や画雑貨のお店です。作品や記念品の額装や額椽の修理もしているそうです。

Amv_9273a

「平安殿」 岡崎方面の名所、旧跡にちなんだ和菓子を製造。平安殿、粟田焼、橋殿、平安饅頭、そすいもちは「京都吟味百選」に認定され、疏水アーチ、インクラインもあり、名所見物の記念にいいかも。左にある甘味処は私のお気に入りです。

Amv_9275a

「RYOKI GROUP 平安神宮店」 家具や調度品のお店のようです。以前はうどん屋さんでした。

Amv_9278a

「soylista」 ぼうしのお店です。

Amv_9280a

「京都山本製革店」財布、鞄、履き物などの革製品を製作販売しています。HPには「はんなり京の革屋さん ​ぶ厚い皮を一針不乱に縫い上げて 雅(みやび)なええもん お誂(あつら)え」

Amv_9283a

「阿含宗関西総本部」 阿含宗は、ゴータマ・ブッダ=釈迦が直説された唯一の経典「阿含経(あごんぎょう)」を
依経(よりどころ)とする、仏教の一宗派です(HPから)。

Amv_9286a

「平安アート」 明治期を中心とした江戸~昭和にかけての工芸品を扱う古美術のお店です。

Amv_9291a

「杜悠(とゆ)」 新しいお店のようで、日本・中国など国内外の古美術を販売しています。神宮道商店街のHP「神宮道上ル下ル」も出来上がりましたが、まだ最新の情報に更新されていません。

Amv_9292a

「京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク」 3年前にリニューアルオープンした写真専門のギャラリーです。1階、2階合わせて3つの展示スペース「雪」、「月」、「花」があります。

Amv_9295a

「ぷちぽち京都神宮本店」 和スイーツが頂けるカフェです。揚げたて饅頭「神宮わらわ」が人気だとか。

Amv_9299a

「SAKIZOビル」 初めて「ちりめん洋服」を作った田村佐起三氏が創始したブランドがSAKIZOです。1階にショップ、上階はマンションです。1,2階に「古美術瀬戸」のギャラリーが入っています。

Amv_9307a

「星野画廊」 7月3日(火)~7月28日(土)、10:30AM~6:00PM(日・月曜休廊)、祇園囃子に誘われて「夏の風物詩」展を開催しています。また所蔵する作品を各地の展覧会に協力出品しています。

Amv_9310a

「ギャラリー美楽堂」 近代から現代日本画を中心に時流に流されない、心から大切にしたいと思える秀作を紹介しているそうです。この通りの多くの画廊は「京都画廊連合会」に所属、毎月展覧会のニュースが発行されています。(画廊や博物館、美術館にあります。)

Amv_9312a

「ギャラリー 胡々湾」 昨年7月にオープンした画廊です。年に数回開催の企画展「この一枚を」展では、テーマに沿った作品を展示しています。丸窓は以前の「あーとぺーじ唯心」から引継ぎ、ここにあった「洛禅」は閉店しました。

Amv_9316a

「百乃花(もか)」三条通との交差点にあるお花屋さんでフラワーアレンジメントの体験や教室があります。2階は現代美術ギャラリーの「KUNST ARZT」、左隣に京土産の「はなみずき」があります。

Amv_9326a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnp_0376a

|

« 平安神宮神苑 池底の清掃と庭園の花たち | トップページ | 神宮道を歩く 三条から円山公園へ »

コメント

コロナ規制が少しずつ緩和されてきて嬉しいですよね。
ゆっくり元の京都に戻って欲しいものです。
ホテル建設問題は、後を絶たずですが、
京都の景色はしっかり守っていきたいですよね。

投稿: munixyu | 2020年6月 1日 (月) 13:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平安神宮神苑 池底の清掃と庭園の花たち | トップページ | 神宮道を歩く 三条から円山公園へ »