« 法然院 緑の境内とモリアオガエル | トップページ | 金閣と鏡湖池 2020年6月 »

2020年6月21日 (日)

安楽寺・霊鑑寺から鹿ヶ谷通へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jod_2261a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の法然院を後に、前の通りを南に歩きました。地図にあると下の祠は鹿ケ谷法然院町地蔵尊とあり、このあたりの町名が名称に付いています。

Jod_2264a

「安楽寺」 鎌倉時代初期、法然上人の弟子の住蓮と安楽は念仏道場「鹿ヶ谷草庵」を建て、人々に念仏をすすめました。後鳥羽上皇が寵愛した女御松虫と鈴虫が感化され、ひそかに出家して上皇の怒りをかってしまいます。

Jod_2270a

2僧は斬首に、法然は讃岐へ流刑になりました。草庵は荒廃しましたが、流罪地から帰京した法然が2僧を弔うため草庵を復興するよう命じ「住蓮山安楽寺」と名づけられました。

Jod_2272a

両姫は瀬戸内海の小島で生涯を終えました。本堂には本尊とともに、住蓮・安楽、松虫・鈴虫の座像、法然の像などが安置されています。また、境内には住蓮・安楽、松虫・鈴虫のそれぞれの供養塔があります。(隣の駐車場)

Jod_2267a

安楽寺は通常非公開ですが、さくら・つつじ・さつき・紅葉の時期に特別公開され、毎月25日には門前で京野菜の朝市が開かれます。通りをさらに南に歩きます。

Jod_2278a

途中で見かけた門前の狛犬、姿や摩耗状態から相当古いものだと思われます。表札は出ておらず霊鑑寺の建物なのかも知れません。

Jod_2279a

霊鑑寺の参道石段と北の通りの間にある「妙見堂」 妙見菩薩と如意不動(石不動尊)が祀られています。洛陽十二支妙見めぐりの第4番札所で、「鹿ヶ谷の妙見さん」とも呼ばれています。

Jod_2289a

「霊鑑寺」は山号を円成山(えんじょうざん)という臨済宗南禅寺派の寺院で、椿寺とも呼ばれます。江戸時代前期の承応3年(1654)後水尾天皇の勅許により、皇女・多利宮(月江宗澄)を開山として現在地の南に創建されました。

Jod_2293a

近くの山中で荒廃していた「如意寺」の本尊・如意輪観音と霊鏡が当寺に遷され、「霊鑑寺」の寺号になったといわれています。

Jod_2298a

霊鑑寺の南の通りは「如意越」と呼ばれ、如意が岳(大文字山)を経て滋賀に行く山道の一つです。右に「此奥 俊寛山荘地」の石標があります。

Jod_2300a

俊寛(生没年未詳)は法勝寺執行で後白河上皇(1127~92)の側近でした。治承元年(1177)6月、自らの山荘で横暴を極める平氏打倒の密議を行いますが密告により捕らえられ、薩摩国鬼界島(鹿児島県硫黄島)に流されました。

Jod_2300b

石標(下のマークの位置)は鹿ヶ谷の謀議が行われた山荘跡地を示し、如意越の途中の山荘跡付近に「俊寛僧都忠誠の碑」もあります。そのあたりの谷は「談合の谷」と呼ばれているそうです。

銀閣寺の横から大文字山への登山ルートの途中に千人塚があるのですが、そこから大の字に登らず峠を過ぎると如意越に合流します。この日はこの場所から西に下りました。

Jod_2303a

滋賀県が発祥といわれる「飛び出し注意」の看板。京都市内ではあまり見かけませんが、この道は滋賀県に通じるからかも知れません。

Jod_2304a

琵琶湖疏水分線・哲学の道を横切って、

Jod_2308a

鹿ヶ谷通まで来ました。ここで右に曲がり通りを北に歩きます。

Jod_2311a

以前に記事にしたときは暗くて分からなかったのですが、ここは「冷泉天皇火葬塚」でした。手前の道標は「←冷泉天皇稜 粟田山稜→」粟田山稜は後嵯峨天皇皇后・姞子の墓で南禅院の境内横に、冷泉天皇稜は後で見えます。

Jod_2318a

「冷泉天皇」(950-1011)は病弱な上に幼いころから異常な行動が多く、17歳のときに行われた即位式に耐えられるか周囲は心配したそうです。しかし、意外にも式の間は姿勢を正していたので、

Jod_2315a

亡き右大臣(外祖父)の霊が後ろから支えていたのではと、人々は噂しました。わずか2年で譲位しましたが、異常な行動は周囲に害を及ぼすものではなく、61歳の長寿を全うしました。脇道の奥に「冷泉天皇 櫻本陵」があります。

Jod_2321a

最終目的地の「銀閣寺喜み家」に来ました。和菓子屋さんで、豆かんやあんみつ、白玉煮あづきなどがあります。季節のメニューもあり、小倉あんのかき氷を頂きました。

Jod_2334a

左隣は喫茶「ゴスペル」で、この横から白川通に下りました。

Jod_2337a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jod_2330a

|

« 法然院 緑の境内とモリアオガエル | トップページ | 金閣と鏡湖池 2020年6月 »

コメント

「飛び出し注意」の看板は、大阪でもほとんど見ないような気がします。滋賀県には、たくさんありそうですね。
最後の小倉あんのかき氷、いいですねぇ。
夏を感じます。

投稿: munixyu | 2020年6月21日 (日) 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法然院 緑の境内とモリアオガエル | トップページ | 金閣と鏡湖池 2020年6月 »