« 大田神社のカキツバタと嶋村俊一邸跡 | トップページ | 日向大神宮のシャガと藤原定家京極邸跡 »

2020年5月10日 (日)

児水不動明王と新緑の南禅寺(三門・水路閣)

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amt_0044a
※写真は全てクリックで拡大します。

ただいま外出自粛中です。今日は新緑の南禅寺三門と水路閣(過去記事のハイライト)と、六孫王神社の近くにある児水(ちごすい)不動明王堂です。

野村美術館の横から別荘街に向かいます。琵琶湖疏水からの水路 疏水工事の当初計画では水車を動力にしてこのあたりを一大工業地帯にする予定でした。

Ams_9966a

ところが、工事途中で実用化されたばかりの水力発電を採用することになりました。そして、このあたりの土地が売りに出されて当時の資産家が買い取ったのが南禅寺界隈の別荘の始まりです。

Ams_9978a

お屋敷街から南禅寺の境内に入って「牧護庵」。石柱のわらべ地蔵さんは、三千院のわらべ地蔵さんと同じ作者(杉村孝氏)

Amt_0013a

「南禅寺」 臨済宗南禅寺派大本山、開山は無関普門(大明国師)、京都五山の別格で、日本の禅寺のなかで最も高い格式を誇ります。皇室の発願になる禅寺としては日本で最初です。「南禅寺三門」

Amt_0265a

南禅寺三門、日本三大門の一つで別名「天下竜門」、上層の楼を五鳳楼と呼びます。山門とは寺域と俗域との境界門で、特に禅宗寺院では三解脱門の意味で「三門」ともいいます。楼上に昇りました。

Amt_0023a

右上に見えるのが「ウェスティン都ホテル」です。

Amt_0035a

石川五右衛門が楼上から「絶景かな絶景かな」といったとされますが、実際には五右衛門の死後30年以上経った寛永5年(1628)の建造です。

Amt_0066a

左に五山送り火の「船形」、右の大きな屋根は金戒光明寺の山門。

Amt_0059a

南禅寺は、緊急事態宣言の発出に伴って4月19日(日)から拝観休止になっています。(永観堂の多宝塔も見えます。)

Amt_0038a

境内は開放していますが、参拝者用駐車場と宿坊・南禅会館の宿泊業務も休止しています。拝観再開の時期は、南禅寺のHPでお知らせするそうです。 (法堂の方向)

Amt_0043a

月例の写経会も休止ですが、皆様が閉じこもりがちな日々をお過ごし少なからず心労がたまっているのではないかと憂慮して、郵送による写経を始めました。(紅葉が美しい塔頭の「天授庵」)

Amt_0048a

琵琶湖疏水分線は、蹴上から南に流れて南禅寺境内に入り、このアーチ状の水路閣の上を流れて谷を横切り、トンネルをくぐって若王子に流れていきます。

Amt_0248a

南禅寺写経会の写経用紙「摩訶般若波羅蜜多心経」または「延命十句観音経」を送っていただけます(無料)。納経希望の方は『新型コロナウイルス禍終息祈願納経』として祈願して下さるそうです(要志納料1,000円) 。

Amt_0222a

詳しくは南禅寺のHPをご覧ください。静かに写経をする時間を持っていただくことで、心のやすらぎを得る力になればと考えているそうです。シャクナゲも咲いていました。

Amt_0225a

ところで、今日の「気になったもの」は、六孫王神社(下)の北にある「児水(ちごすい)不動明王」です。

Jmx_8976a

かっては神社の境内にあったそうですが、現在は東海道新幹線とJR在来線の間にあります。向うに小さな祠が見えます。

Jmx_8979a

祠中央の一段低い場所にある不動明王の脇から、眼病平癒のご利益で名高い名水「児の水(ちごのみず)」が湧き出ています。

Jmx_8981a

鎌倉幕府3代将軍・源実朝の妻・本覚尼(ほんがくに)が、暗殺された夫を弔うために建立した遍照心院(大通寺)の門前にあったので「尼寺の水」とも称されるそうです。横に手押しポンプが見えます。

Jmx_8984a

江戸時代の「都名所図会」には大通寺が描かれていて、その広い境内の南側一画に六孫王神社があります。大通寺が建造されたとき
六孫王神社はその鎮守社となったようです。

Jmx_8985a

児水不動明王は大通寺の山門あたりにあり、JR建設のため大通寺は西九条に移転、六孫王神社は少し南に移転しました。新幹線工事のために六孫王神社の境内の北はさらに削られました。

結局、児水不動明王だけがこの場所に残されました。(もう一度南禅寺水路閣に戻りました。シャクナゲも咲いています。)

Amt_0226a

いつも応援ありがとうございます。今日もクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amt_0235a

|

« 大田神社のカキツバタと嶋村俊一邸跡 | トップページ | 日向大神宮のシャガと藤原定家京極邸跡 »

コメント

京都は湧き水が多いですよね。
この児の水は飲めるのでしょうか。
湧き水はとにかく冷たくて美味しいですよね。

投稿: munixyu | 2020年5月10日 (日) 14:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大田神社のカキツバタと嶋村俊一邸跡 | トップページ | 日向大神宮のシャガと藤原定家京極邸跡 »