« 大徳寺塔頭と戦国武将たち | トップページ | 岡崎を歩く 東大路から神宮道へ »

2020年5月29日 (金)

柳の白川と尊勝院道標

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jno_3425a
※写真は全てクリックで拡大します。

今日は三条通から白川沿いの道を下ります。以下は過去の写真ですが、そろそろ外出自粛をやめて出かけるかも知れません。

この区間は柳の白川とも呼ばれ、新緑から梅雨の時期にかけて風情のある道です。向う岸は賃貸マンション「ビッグウィーク京都」で、「三条白川橋」のこちら側に道標があります。

Jno_3390a

京都に現存する最古の道標(江戸時代前期の1678年建立)で、東側には「是よりひだり ちおんゐん ぎおん きよ水みち」と刻んであります。京都市の史跡に指定されています。全国でも7、8目に古いそうです。

Jno_3393a

最初は白川の左岸(東側)を歩きますが、被写体を求めて何度か橋を渡ります。

Jno_3447a

しばらく歩くと和菓子屋さんの「餅寅」が見えてきます。江戸時代には油屋をしていて、その後米屋から現在の和菓子屋さんになりました。いろいろな和菓子に加えて「光秀饅頭」が名物です。

Jno_3436a

横の路地を入ったところに「明智光秀首塚」があります。天正10年(1582)本能寺の変の後、山崎(天王山)の戦いで豊臣秀吉に敗れ、近江の坂本城へ逃れる途中、山科・小栗栖の竹薮で農民に襲われて自刃しました。

Jno_3453a

家来が光秀の首を知恩院の近くまできましたが、夜が明けたためこの地に埋めたと伝えられています。江戸時代中期(1771年)にその首塚を守ってきた明田理右衛門から餅寅さんが引き取り、現在まで守っているそうです。いつも花が供えられています。

Jno_3484a

対岸にある「京都三条 白川庵」は、10年近く前に餅寅さんが京町家の自宅を改装してオープンした一棟貸しの宿です。

Jno_3524a

一本橋(梅宮橋)を渡りました。通りを写真に撮るときはこれから歩く方向(南)を向いていますので、どちらの岸にいるかが分かると思います。

Jno_3555a

白川の岸辺には紫陽花を始めとしていろいろな花が咲いています。いずれもご近所の方が手入れをしているようです。

Jno_3532a

向う岸(東)に「京都華頂大学 白川校舎」 華頂道に面して多くの校舎がありますが、ここは2号館で、各種実習施設をはじめ、屋上庭園やウッドテラスなど学生の憩いの場所があるそうです。

Jno_3558a

「白川を創る会」  白川千二百年の文化的景観を継承し、つぎの百年を創ることを ミッションとし、 白川沿いの道路空間の安全・快適性の創出を推進することを目的とした活動をしているそうです。数年前から白川子供夏祭りを主催して、大盛況のようです。

Jno_3567a

この橋は「唐戸鼻橋(からとはなばし)」、向うは「ウイング東山」で2002年に竣工した賃貸マンションです。

Jno_3585a

橋の上から下流(南)

Jno_3599a

塀の向こうに「(株)観光センター」があります。

Jno_3617a

左は三条通から続く「古川町商店街」、手前は2015年にオープンした「京都 中勢以 月 (なかせいにくづき)」 伏見にある熟精肉専門店・京都中勢以のお肉を使ったハンバーグなどの肉料理店です。その後イタリアンのシェフが来られてメニューも進化しているとか。

Jno_3643a

一本橋を渡ります。この橋は、千日回峰行を達成した行者が天台宗の尊勝院の第18代天台座主・元三大師に満行を報告する際、入洛して最初に渡ったので、行者橋あるいは阿闍梨橋と呼ばれたそうです。

Jno_3686a

後で、「気になっていたもの」として尊勝院への道標が出てきます。

Jno_3721a

一本橋を渡った塀に「伏見稲荷大社 福高大明神 お狸さん」と書いてあります。福高大明神は伏見稲荷大社に祀られている神の一つでその使いが狸といわれています。古くからこの地に祀られ、歯痛や歯の病に御利益があるそうです。

Jno_3692a

「京のうまいもの屋 櫻」、旬の食材を使った創作京料理のお店です。その日の仕入れによってメニューは変わりますが、京点心が人気だとか。

Jno_3718a

ところで、一筋東の神宮道を三条から青蓮院に向かう途中に、旧東海道の粟田口があります。

Jno_4689a

その脇にある道標には「尊勝院   庚申堂参道」とあります。尊勝院は、将軍塚へ向かう途中にある青蓮院に属する天台宗のお寺で、青蓮院の門主が住職を兼務しています。

Jno_4687a

尊勝院は、保延年間(1135-1141)に陽範阿闍梨が比叡山横川に尊勝坊を開創したことに始まり、その後青蓮院三条白川坊の裏に移されたと伝えられています。こちら側には、「寄進 吉水園菓舗   結城専輔・粟田口住  本多主計」とあります。

Jno_4686a

尊勝院の本尊は元三大師・良源ですが、別に青面金剛を祀り、京都三庚申のひとつにも挙げられる庚申信仰の霊場です。旧街道を東にいったおとこに「青蓮院宮御墓参道」の道標があります。

Jno_4684a

尊勝院を訪れたことはないのですが、もう少し東の粟田神社の手前に登り口があるようです。下は墓地の裏口で、尊勝院はこれを見下ろす斜面の上(左側)にあります。

Jno_4682a

柳の白川に戻り、華頂道に来ました。知恩院古門は府指定文化財で、この先の正面が黒門です。

Jno_3751a

古門前橋の上から、手前の親水デッキは「白川華頂道ベンチ」というそうです。白川はここから東大路を越えて、祇園のほうに流れていきます。

Jno_3754a

先ほど渡った一本橋のたもとから。

Jno_3679a-------------------------------------------------------------------

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jno_3500a

|

« 大徳寺塔頭と戦国武将たち | トップページ | 岡崎を歩く 東大路から神宮道へ »

コメント

「伏見稲荷大社 福高大明神 お狸さん」
面白いですね。狐の神社に狸って。
狐と狸には、何か深い関係があるのかもしれませんね。

投稿: munixyu | 2020年5月29日 (金) 15:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大徳寺塔頭と戦国武将たち | トップページ | 岡崎を歩く 東大路から神宮道へ »