« 琵琶湖疏水を遡る 田辺橋から冷泉橋へ | トップページ | 琵琶湖疏水を遡る 冷泉橋から慶流橋へ »

2020年4月 7日 (火)

春の賀茂川を遡る 出町橋から北大路橋へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Joc_9078a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日は自転車で賀茂川を遡りました。ほとんど人がおらず誰とも会話しないので、新型コロナウイルスに感染する心配はないのですが、京都での感染拡大が心配です。

Joc_8775a

4月2日、京都府知事と京都市長は緊急の共同記者会見を行い、当面の間、患者が急増している首都圏、阪神圏への不要不急の往来や人混みが予想される場所への外出などを自粛するよう強く呼び掛けました。(出町橋から右岸の河川敷に下ります。)

Joc_8780a

賀茂川には多くの堰があり、川の流れを緩やかにして川底や堤防への負荷を緩和する役目があります。一方で魚の遡行が妨げられるので、下の写真のように魚道が設けられています。

Joc_8790a

葵橋をくぐります。葵祭の行列がこの橋を渡って下鴨神社に向かいます。*今年の葵祭の行列(巡行)は新型コロナウイルス感染拡大のために中止となりました。

Joc_8804a

その後の新聞によると、自粛要請から初めて迎えた週末の4日(土)は陽気に包まれて絶好の外出日和でしたが、市内の繁華街は昼夜とも閑散として外出を控える動きが広がったそうです。

Joc_8819a

新京極商店街では人がまばらで、高瀬川沿いに桜がライトアップされた夜の木屋町通でも夜桜見物の人は少なく、居酒屋を営む男性は「人の出方はいつもの半分」と語ったそうです。

Joc_8841a

この区間の右岸(西岸)からは比叡山が借景となります。

Joc_8848a

繁華街を訪れる人が減った一方で、商業施設はいつも通りの人出だったようです。食料品売り場は当然かも知れませんが、他の日用品もどのような事態になる不安で買いだめする動きもあったそうです。

Joc_8855a

さらに、宝が池公園子どもの楽園はいつもの週末とおおむね変わらぬ混雑ぶりだったそうです。一方で、岡崎公園は桜が満開にもかかわらず、人出は少なかったようです。 (土手の上から)

Joc_8858a

土手の上は加茂街道、例年ならば葵祭の祭列が通るはずでした。

Joc_8927a

岡崎公園の京セラ美術館はリニューアルオープンが再延期され、4日に開催予定だった「京都さくらよさこい」は中止、府立図書館も休館となりました。(対岸にいるのは猫ちゃんでした。)

Joc_8870a

このあたりの河川敷は「鴨川公園」となっています。範囲は三条大橋から庄田橋(上賀茂神社より上流)および高野川の高野橋までの河川敷です。

Joc_8905a

一昨年の台風21号によって、鴨川公園では約80本の倒木があったそうです。広い範囲なので倒木は目立ちませんが、それぞれの木は枝が折れたり切り取られ、以前よりこじんまりした木になりました。

Joc_8911a

昨日は、自転車に乗った親子づれが目立ちました。

Joc_8942a

Joc_8918a

賀茂川左岸は、お洒落な家が多いようです。

Joc_8954a

振り返って、向うの山は将軍塚で青蓮院の青龍殿が見えます。

Joc_8959a

ところで、桜(ソメイヨシノ)は一週間前に満開(七分咲き)となりましたが、その後気温が上がらずほとんど散らずに見頃が続いていました。こちらは大文字山。

Joc_8965a

鞍馬口通がとおる出雲路橋をくぐります。この橋は鞍馬街道の始点で、京の七口の一つ鞍馬口(出雲路口)と呼ばれました。この先の広々とした河川敷にほとんど誰もいません。

Joc_8973a

先日、琵琶湖疏水分線がかって高野川の下をサイフォンでくぐって松ヶ崎まで流れていたことを紹介しました。その後の疏水分線は南西に向きを変え、賀茂川もサイフォンでくぐって紫明通に流れていました。

Joc_8994a

戦後の河川整備によって「賀茂川サイフォン」が断たれ、下の開口部から疏水の水が放流されたようです。しかし、平成20年完成の堀川水辺環境整備事業により、賀茂川サイホンが復活し、疎水の水が紫明通の中央分離帯上の小川に流れています。

Joc_8997a

だだし、水量・水圧が足らず、紫明通東端でポンプの力を用いて水を吸い上げているそうです。

Joc_9013a

Joc_9045a

北大路橋の下から、ここから橋を渡って右に見える「半木の道」に向かいました。

Joc_9102a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Joc_9042a

|

« 琵琶湖疏水を遡る 田辺橋から冷泉橋へ | トップページ | 琵琶湖疏水を遡る 冷泉橋から慶流橋へ »

コメント

葵祭も、いつもの行列がなくなってしまうのですね。
早く穏やかな日々が戻って欲しいですよね。
祇園祭までには、落ち着いていることを祈ります。

投稿: munixyu | 2020年4月 7日 (火) 14:47

毎日きれいな桜をありがとうございます。

ここを散歩するたびに我が夫は、こんな景色を
毎日見られる人達と住民税が同じなのが気にくわん
と文句を言います。

投稿: 8mama | 2020年4月 7日 (火) 15:14

いつもと変わらぬ穏やかな景色をお届けくださり、本当にありがとうございます。

投稿: もっちゃん | 2020年4月 9日 (木) 08:10

★munixyuさん こんばんは♪
祇園祭が心配です。本来は疫病を鎮めるために行われたので、何とか工夫して実行して欲しいものです。

投稿: りせ | 2020年4月13日 (月) 00:39

★8mamaさん こんばんは♪
お返事が遅れてすみませんでした。旦那さまのお言葉、同館です。景観というのは表立って数字にするのが難しいのでしょうか。逆に、前にビルが建って景観が損なわれても、なかなか補償されないと思います。

投稿: りせ | 2020年4月13日 (月) 00:44

★もっちゃんさん こんばんは♪
コメントありがとうございます。私がカメラを持って出かけるのも「不要不急」といわれればその通りなので、コロナウイルスの感染拡大が早く沈静化して欲しいと願っています。

投稿: りせ | 2020年4月13日 (月) 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 琵琶湖疏水を遡る 田辺橋から冷泉橋へ | トップページ | 琵琶湖疏水を遡る 冷泉橋から慶流橋へ »