« 錦天満宮 新京極と錦市場の鎮守社 | トップページ | 大徳寺 本坊の特別公開と鉄鉢料理 »

2020年3月 1日 (日)

熊野神社衣笠分社と二条天皇陵

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Joc_0349a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日北野天満宮を訪れたときに、熊野神社衣笠分社に行ってきました。衣笠小学校の北西の角から西大路通を渡りしばらく西に歩くと、右手に「二條天皇 香陵寺陵」があります。

Joc_0241a

二條天皇は後白河天皇の長男でしたが生母の急死により祖父に育てられ、即位後は絶大な権力を持つ後白河上皇に対抗しました。

Joc_0246a

藤原伊通や平清盛の後ろ盾もあり、後白河上皇の院政を停止させ、様々な政治改革を行った賢帝として知られます。

 

 

Joc_0383a

少し西に行くと、馬代通の近くに現代的な社殿の「熊野神社衣笠分社」があります。東大路丸太町にある熊野神社の分社で、ご近所では「ガンダム神社」とも呼ばれているそうです。

Joc_0357a

この場所は孝明・明治・大正天皇を診療した御殿医・福井貞憲の屋敷跡でした。(のぼりには「西大路七福社ご利益めぐり」とあります。)

Joc_0259a

昭和55年(1980)熊野神社に土地が寄進され、同58年(1983)に現在の社殿(本殿)が建設されました。

Joc_0346a

壁面はコンクリート打放しで屋根の上の千木や鬼瓦はステンレス製です

Joc_0263a

手水は水琴窟になっていて、いい音がします。

Joc_0265a

建物の中に小さな祠が納められています。

Joc_0269a

祭神は、熊野神社の祭神の分霊、伊弉冉尊(いざなみのみこと)、伊奘諾尊(いざなぎのみこと)、天照大神(あまてらすおおみかみ)、速玉男尊(はやたまのをのみこと)、事解男尊(ことさかのをのみこと)を祀ります。

Joc_0275a

二條天皇の父の後白河上皇は、政治の実権を取り上げられてからはますます熊野信仰にのめり込み、43回もの熊野詣を行い、左京区の熊野神社にも何度も参拝したそうです。

Joc_0279a

ところで、のぼりにあるように、熊野神社衣笠分社は「西大路七福社ご利益めぐり」の札所になっています。(ろうそく、御神木、絵馬、はここで初穂料と引き換えに頂けます。おみくじは左上の機械からです。)

Joc_0273a

平安時代の西大路は、平安京の中心である朱雀大路に近く、野寺小路(のでらこうじ) と呼ばれ道幅12mにもなる都のメインストリートでした。(反対側はおみくじと絵馬所になっています。)

Joc_0288a

現在でも東大路に対応する南北の大通りでが、有名寺社が集積する東大路界隈に比べて、西大路界隈を訪れる参拝客は多くありません。(敷地には福井貞憲の旧邸の庭があるそうですが、こちらの扉から行けるのかも知れません。)

Joc_0281a

多くの人に西大路界隈の神社の歴史やご利益を知ってもらおうと、昭和58年(1983)に五社めぐりから始まり、翌年当社も加わり7社となり、30年以上続いています。(祭神の祠の横に御祈祷や御朱印の「受付」の扉があります。)

Joc_0283a

神社とご利益は、南から吉祥院天満宮(ちえ、能力開発)、若一神社(開運、出世)、西院春日神社(病気平癒、厄除、旅行安全)、大将軍八神社(方除、厄除)、熊野神社衣笠分社(縁結び、安産、病気平癒)、平野神社(開運、良縁、心願成就)、わら天神宮(安産、子授け、縁結び)。

Joc_0285a

期間は元日から2月末日まで、時間は9時から17時、参拝順序は自由です。七社全部のご朱印をお受けの方には、参拝記念の干支の置物が授与されます。今年の期間は過ぎてしまいましたが、今からでもご利益は変わりません。

Jno_0000ax

全行程約7キロで西大路をまっすぐに進む比較的わかりやすい順路で、ゆっくり歩いても一日で参拝でき、学問、安産から開運出世、延命長寿までの人生の節目を守ってくださる神様のご利益が頂けます。

Joc_0321a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Joc_0309a

|

« 錦天満宮 新京極と錦市場の鎮守社 | トップページ | 大徳寺 本坊の特別公開と鉄鉢料理 »

コメント

熊野神社衣笠分社は、
コンサートホールのような変わったデザインなのですね。
普通の神社をイメージしていたら、見逃してしまいそうです。

投稿: munixyu | 2020年3月 1日 (日) 19:57

★munixyuさん こんばんは♪
この建物をよく見ると、神社の特徴をデフォルメしているようです。

投稿: りせ | 2020年3月 9日 (月) 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 錦天満宮 新京極と錦市場の鎮守社 | トップページ | 大徳寺 本坊の特別公開と鉄鉢料理 »