« 北白川 バプテスト教会・病院・史跡と自然の道 | トップページ | 近衛邸跡の糸桜(近衛前久と本能寺の変) »

2020年3月17日 (火)

勝軍地蔵と北白川幼稚園

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Joc_2630a
※写真は全てクリックで拡大します。

日本バプテスト病院から、山沿いの道を西に行くと、北白川幼稚園の上り口に「勝軍地蔵参道」という道標があります。今日は数奇な運命をたどった勝軍(将軍)地蔵の歴史をたどりながら、幼稚園がある山上まで上ります。

Joc_2624a

「北白川幼稚園」は昭和25年(1950)に設立された私立幼稚園で、北白川山(丸山、標高130m)の頂上にあり「お山の幼稚園」とも呼ばれます。園児たちは幼稚園までの急な坂道を先生と一緒に歩いて上ります。

Joc_2626a

途中に「奉祝皇紀二千六百年記念」という石標があります。皇紀二千六百年は昭和15年(1940)のことで、 勝軍地蔵と関わりがあるのですが、説明は後程。ここから右の石段を上ります。

Joc_2634a

勝軍地蔵が初めて置かれたのは、この山より北にある瓜生山(標高301m)です。(山上の運動場まで幼稚園の建物が点在します。)

Joc_2642a

戦国時代に瓜生山に山城が築かれ、近江より上洛する際の前線基地としての役割をもっていました。

Joc_2647a

『ニ水記』(永正17年、1520年)によると、室町幕府管領・細川高国は京都を離れ近江円城寺に逃亡していましたが、近江守護六角定頼、丹波守護代内藤貞正の援軍を得て、瓜生山に陣を構えました。

Joc_2651a

細川高国が戦勝を記念して将軍地蔵を勧請、城は将軍山城と呼ばれました。また、瓜生山は将軍(勝軍)地蔵山とも呼ばれるようになりました。(途中に宝篋印塔と石像がありますが、由来は不明です。)

Joc_2660a

戦国時代にかけて、愛宕権現は軍神として武士から信仰され、その垂迹(姿の見えない神が、仏教の仏として出現したもの)が勝軍地蔵(下)
です。

Atago_gongen00a

天文15年(1546)冬になると第12代将軍足利義晴と細川晴元が対立するようになり、義晴自身がこの城を大幅改修しました。(下は瓜生山山上にあった本丸跡に建つ幸龍大権現の社で、下2枚はWikipediaから。)

Shougun-jij01a

翌年、義晴は征夷大将軍を息子の足利義輝に譲り自らは大御所となり、晴元を討つために洛中の細川氏綱・近衛稙家らと結んで父子共々ここに籠城しました。(本丸にある将軍地蔵の石室)

Shougun-jij02a

しかし、晴元の家臣三好長慶軍が相国寺に2万の軍勢で陣をはり周辺地域を焼き討ちしました。足利軍は将軍山城に自ら火を放ち、義晴・義輝父子は近江坂本へ脱出しました。(幼稚園の坂道に戻り、最後の石段です。)

Joc_2662a

その後、幕府は軍勢の拠点を中尾城、霊山城へ移したため、将軍山城は部分的にしか使用されませんでした。(山上にある幼稚園の園舎と運動場)

Joc_2671a

その後も、勝軍地蔵山でいくつかの戦いがありました。

Joc_2676a

最後は、元亀元年(1570)9月から11月までの志賀の陣で、明智光秀がこの城に入って数カ月延暦寺を牽制しました。

Joc_2678a

しかし、織田信長の京都支配が確立すると、その軍事的意義を失って将軍山城は廃城になったと見られています。(山上の幼稚園の横には御嶽教北白川教会があります。)

Joc_2684a

平和な江戸時代になると、将軍地蔵山も訪れる人もいなくなり、勝軍地蔵は宝暦年間(1751~64)に、丸山(現在北白川幼稚園付近)へと移されました。(東の尾根にいくつかの石碑があります。下は「石工共和組紀念碑」 。)

Joc_2708a

「照高院宮址」の碑。照高院は、安土・桃山時代に創建された天台宗の寺院で、江戸時代に北白川に再興して聖護院門跡の隠居所となり、親王が住しましたが、明治に廃絶しました。

Joc_2713a

向うに愛宕山が見えてきました。本能寺の変の前、明智光秀は愛宕山に上り勝軍地蔵に戦勝祈願(あるいは決意表明)し、江戸時代には東西の勝軍地蔵が都を守護したとされています。

Joc_2757a

昭和15年(1940)長期化した日中戦争のもと日独伊三国軍事同盟が結ばれ、大戦の機運が高まると、勝軍地蔵は再び注目されるようになりました。この頃、前述の道標や石碑が建てられ、勝軍地蔵への参道が整備されました。

Joc_2759a

大戦中は丸山の勝軍地蔵にお詣りをする人が絶えなかったといいます。しかし、終戦後には勝軍地蔵を訪れる人はなくなり廃れてしまいました。

Joc_2767a

そして、昭和25年に北白川幼稚園に建てられ、勝軍地蔵は京都造形芸術大学の横にある清茶山禅法寺に遷されました。禅法寺は幼稚園の敷地の丸山を所有しています。

Joc_2917a

勝軍地蔵は厨子に入れられ非公開となっていて、再び脚光を浴びることがない方がよいのかも知れません。

Jna_7781a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Joc_2753a

|

« 北白川 バプテスト教会・病院・史跡と自然の道 | トップページ | 近衛邸跡の糸桜(近衛前久と本能寺の変) »

コメント

昔に住んでいた家は、北白川幼稚園の西の通りに
沿って北に行き、つき辺りを東にむいて登りました。
中々の坂道でしたが、景色は最高でした。
大正9年生まれの父が大学生だった時、今の農学部の
奥の運動場から「瓜生山に向かって撃て!」と軍事
訓練を受けたそうです。
半年早く9月に卒業させられて兵隊になりました。
その山に住むことになるとはと感慨深そうでした。

投稿: 8mama | 2020年3月18日 (水) 09:46

★8mamaさん こんばんは♪
瓜生山に住んでいらっしゃったのですね。さぞ市内の眺めは素晴らしかったでしょうね。

投稿: りせ | 2020年3月22日 (日) 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北白川 バプテスト教会・病院・史跡と自然の道 | トップページ | 近衛邸跡の糸桜(近衛前久と本能寺の変) »