« 勝軍地蔵と北白川幼稚園 | トップページ | 哲学の道 早咲き桜めぐり »

2020年3月18日 (水)

近衛邸跡の糸桜(近衛前久と本能寺の変)

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Joc_3239a
※写真は全てクリックで拡大します。

京都御苑の近衛邸跡の糸桜を見てきました。毎年記事にしていますので、今日はここに屋敷を建てた近衛前久(さきひさ)の物語を紹介します。近衛前久(1536-1612)は、近衛家当主で関白左大臣、太政大臣を務めた公家です。

Joc_3177a

当時の京の荒廃と混乱を見かねた前久は、並外れた行動力を発揮して、援助を求めて各地の戦国大名を渡り歩きました。また、本能寺の変の黒幕が朝廷であるという説では、その首謀者ともされています。

Joc_3181a

天文5年(1536)近衞稙家の長男として京都に生まれ、4歳で元服、5歳には従三位に叙せられ公卿に列しました。11歳で内大臣、17歳で右大臣、18歳で関白左大臣となり、藤氏長者に就任しました。(池の畔の糸桜が咲いていました。)

Joc_3190a

藤氏長者とは藤原氏の代表者のことで、公家の多くは藤原氏でした(実際にはそれぞれの家名を名乗っていますが)。ここの糸桜は3~4部咲き程度でしょうか。

Joc_3265a

永禄2年(1559)越後の長尾景虎が上洛した際、前久と景虎は通じるものがあったようで互いに盟約を結びました。翌年、前久は越後にに下向、景虎の関東平定を助けるために上野・下総に赴くなどしました。

Joc_3194a

この後、上杉謙信(長尾景虎)は信濃へ出兵して武田信玄と川中島の戦いを演じ、武田・北条の二面作戦から謙信の関東平定が行き詰まると、失望した前久は帰洛します。謙信の上洛を促すためという説もあります。

Joc_3200a

永禄8年(1565)永禄の変で将軍・足利義輝を殺害した三好三人衆は、処罰を恐れて前久を頼りました。前久は義輝の従兄弟でしたが、正室の自分の姉が無事だった事を評価して、彼らが推す足利義栄の将軍就任を決定しました。(補修工事のため池には水がありません。)

Joc_3207a

前久は、丹波の赤井直正を頼って黒井城の下館に滞在。その後、信長に対抗する本願寺11世・顕如を頼って摂津の石山本願寺に移り、この時に関白を解任されます。(向いに2本の糸桜の大木があります。)

Joc_3223a

永禄11年(1568)織田信長が足利義昭を奉じて上洛します。義昭は変後の前久の行動から兄の死に関与していると疑い、先の関白・二条晴良も追及して吟味の結果、義昭は前久を朝廷から追放しました。

Joc_3231a

後に「信長包囲網」の動きが出てくると、前久も参加して顕如に決起を促したといわれています。しかし、前久自身は信長に敵意は無く、将軍・足利義昭と関白・二条晴良を排除するのが目的だったと考えられています。

Joc_3233a

天正元年(1573)に義昭が信長によって京都を追放され、晴良も信長から疎んじられるようになると、前久は再び赤井直正のもとに移って「信長包囲網」から離脱、天正3年(1575)信長の奏上により帰洛を許されました。

Joc_3249a

以後は信長と親交を深め、共通の趣味の鷹狩りではしばしば互いの成果を自慢しあったといわれています。信長に要請されて、毛利輝元への包囲網のために九州に下向、大友、伊東、相良、島津の和議を図りました。

Joc_3258a

天正8年(1580)信長と本願寺の調停に乗り出し、顕如は石山本願寺を退去しました。10年近くかかっても攻め落とせなかった石山本願寺を開城させたことを高く評価して、信長は「天下平定の暁には近衞家に一国を献上する」約束をしたといわれています。

Joc_3267a

天正10年(1582)2月太政大臣となりますが5月には辞任しました。これは信長の三職推任問題で前久が信長に同職を譲る意向だったともいわれています。3月の甲州征伐には信長と同行しました。

Joc_3276a

しかし、6月2日の本能寺の変で信長が死ぬと、失意の前久は落飾して龍山と号しました。さらに「本能寺を攻撃した明智光秀軍が前久邸から二条御所を銃撃した」と讒言され、織田信孝や羽柴秀吉から詰問されました。(西にある児童公園も近衛邸跡です。)

Joc_3308a

一年後、家康の斡旋により秀吉の誤解は解け京都に戻ります。天正12年(1584)に小牧・長久手の戦いで両者が激突、立場が危うくなった前久は奈良に身を寄せ、両者の間に和議が成立したことを見届けて帰洛しました。

Joc_3315a  

天正13年(1585)に島津家に支援を仰いで烏丸今出川邸(現在地)に屋敷を建てて移住。近衛邸の糸桜は洛中洛外図屏風などにもみられ、当寺から近衛家の名物だったようです。(児童公園では桃が見頃でした。) 

Joc_3298a

天正15年(1587)以降、近衛前久は足利将軍家ゆかりの慈照寺(銀閣寺)東求堂(下の写真)を別荘として隠棲しました。この時代の慈照寺は住職がいない状態だったといわれています。

Jnw_5879ax

慶長17年(1612)5月8日死去、享年77。東福寺に葬られ、法名は東求院龍山空誉。近衛前久は五摂家の筆頭らしく、和歌や書道に優れ、有職故実にも詳しかったといわれています。

Joc_3347a

京都を離れて地方を流浪遍歴することが多い人生でしたが、地方に都の文化を広める上で重要な役割を果たしたことは評価されています。

Joc_3423a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Joc_3379a

|

« 勝軍地蔵と北白川幼稚園 | トップページ | 哲学の道 早咲き桜めぐり »

コメント

梅見だと、たくさん人がこないからいいかもしれませんね。
それにしても残念な春ですよね。
桜を見ても、嬉しさのない春ほど悲しい春は、
ありませんよね。

投稿: munixyu | 2020年3月18日 (水) 17:13

★munixyuさん こんばんは♪
円山公園や京都御苑ではシートを敷いてのお花見ができないそうです。そぞろ歩きのお花見になりそうです。

投稿: りせ | 2020年3月22日 (日) 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝軍地蔵と北白川幼稚園 | トップページ | 哲学の道 早咲き桜めぐり »