« 十念寺 現代建築の本堂 | トップページ | 醍醐寺・三宝院 2020 »

2020年3月29日 (日)

阿弥陀寺 織田信長の本廟

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Joc_5257a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の十念寺の北隣に阿弥陀寺(あみだじ)があります。先日から明智光秀や本能寺の変に関係した人物やゆかりの場所を紹介してきました。そこで何度か登場していますが、改めて4年ぶりに阿弥陀寺を紹介します。

「阿弥陀寺」は、山号を蓮台山という浄土宗の寺院です。百万遍知恩寺の末寺で京都四十八願寺巡拝の十六番札所。門前の「織田信長公本廟」という石碑の訳は後ほど。

Joc_5259a

室町時代末の天文24年(1555年)清玉(せいぎょく)上人が近江坂本に開創したのが始まりとされます。その後織田信長の帰依を得て、上京今出川大宮に移転しました。そのため、院号を信長の法名からとった捴見院といいます。(山門を入って左に鎮守社)

Joc_5295a

蓮台野に近いため山号を蓮台山とし、当時は広大な境内を有していたそうです。(山門を入って右に鐘楼があり、梵鐘に穴が三つくりぬかれています。戦時中に供出され、溶かされる前の検査のためと思われます。)

Joc_5268a

天正13年(1585)に豊臣秀吉の京都改造によって現在地に移転しました。江戸時代には延宝の大火(1675年)や天明の大火(1788年)にあい焼失しましたが、再建されて現在に至ります。(正面は本堂)

Joc_5264a

本堂には本尊の阿弥陀如来像とともに、織田信長、信忠父子の木像等が安置されています。

Joc_5283a

本堂の左の道を奥に行くと、信長の墓があるという墓地があります。

Joc_5291a

塔頭の「帰白院」 いつも門に詩歌や言葉が掲げてあります。「春の足音に耳をかたむけるかたくりの花は うつむいて咲く」

Joc_5303a

天正10年(1582)6月2日本能寺で明智光秀に奇襲された信長は、首を敵に渡すこ とを恐れて自害します。 以下の内容は、阿弥陀寺に収蔵されている『信長公阿弥陀寺由緒之記録』にもとづいています。庫裏(本坊)

Joc_5309a

阿弥陀寺の清玉上人は事件を聞きつけ塔頭の僧都20人余りを連れて急いで本能寺に行くと、薮の中で武士たちが信長の遺骸を火葬してから自害しようとしているところに出会います。遺体を敵に渡さないようにとの遺言を守ってのことでした。

Joc_5316a

「芭蕉の句碑」、「春立つや 新年古き 米五升」、芭蕉没後百年に時宗僧侶で俳人の蝶夢(ちょうむ)が建立。蝶夢は塔頭・帰白院の住職を務めましたが、辞して蕉風俳諧の復興に尽力しました。

Joc_5330a

上人はそれを聞くと、「火葬は出家の役で、ここで火葬したあと、遺骨を寺に持ち返り葬礼法事を行なうのでお任せくださ い」といました。客殿の玄関

Joc_5331a

兵たちに明智軍に立ち向かうよう促し、その間に信長を火葬して焼骨を取り集めました。その後、光秀の兵たちに怪しまれな いように、本能寺の僧が立ち退くのにまぎれて阿弥陀寺に帰り、ひとまず遺骨を隠しました。墓地の入口

Joc_5337a

後に寺院の僧たちだけで密かに葬儀を行ない、ひそかに墓を築いて納骨しました。光秀は信長の遺骸を兵たちに捜させましたが、ついに発見できませんでした。(入口近くに多数の石仏・石塔が置かれています。)

Joc_5342a

信長の遺骸が見つからなかったことが、豊臣秀吉が信長の死を隠して有力大名を集めることができ、光秀の天下が短命に終わった原因の一つといわれています。

Joc_5346a

一方、清玉上人らはさらに本能寺で討ち死にした112人の死骸を引き取り、阿弥陀寺の墓所に葬りました。

Joc_5349a

6月13日山崎の合戦で光秀を討ち破った秀吉は、信長ゆかりの阿弥陀寺に対し葬儀を行なうことを告げます。しかし上人は、すでに葬儀は済んだとして、秀吉の申し出を辞退します。墓地の入口正面奥に墓碑があります。

Joc_5357a

さらに法要料ならびに御位牌前仏料として300石の御朱印が秀吉から差し出されましたが、同じように辞退したそうです。(右が信長、左が嫡男・信忠の墓標。)

Joc_5368a

そのため秀吉は大変立腹し、柴野にある臨済宗大徳寺境内で法事をすることになり、天下人となってからは寺町通への移転に際して阿弥陀寺の寺領を大幅に縮小したそうです。(左に森蘭丸・坊丸ら家臣の墓が並んでいます。)

Joc_5385a

明治時代になり、日本が外国に侵略されなかったのは天下統一の礎(いしづえ)を築いた織田信長のおかげ」として。明治天皇の命で建勲神社が創建されました。(卒塔婆には信長の子孫やテレビ番組の名が見えます。)

Joc_5373a

大正6年には信長に正一位を追贈するために宮内庁が調査を行い、阿弥陀寺が本廟であることが確認されたといわれています。前述の寺伝は一度焼失して資料的価値は低いといわれていました。(少し離れたところにある清玉上人の墓)

Joc_5396a

しかし、近年信長と清玉上人が兄弟同然の幼馴染であったことも分かり、歴史学者の中でも阿弥陀寺が信長の墓所であると考える人が増えています。上人の墓から信長の墓が見えます。

Joc_5409a

Joc_5387a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Joc_5313b 

|

« 十念寺 現代建築の本堂 | トップページ | 醍醐寺・三宝院 2020 »

コメント

信長は、僧たちとの親交がよほど厚かったのでしょうね。
でないと、遺骸が光秀に見つかっていたはずです。
この辺り、歴史の不思議ですよね。

投稿: munixyu | 2020年3月29日 (日) 19:47

★munixyuさん こんばんは♪
NHKの大河ドラマの影響で、民放も信長や光秀の番組が多くなりました。おかげで、本能寺の変に関するいろんな説を知ることができました。

投稿: りせ | 2020年4月 3日 (金) 02:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十念寺 現代建築の本堂 | トップページ | 醍醐寺・三宝院 2020 »