« 本満寺の枝垂桜(山中鹿之介と信長・秀吉) | トップページ | 北白川の夕日(京都造形芸術大学) »

2020年3月25日 (水)

枝垂桜 賀茂大橋西詰と銀月アパート

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Joc_5623a
※写真は全てクリックで拡大します。

本満寺の枝垂桜を見たあと、賀茂大橋西詰の河川敷に来ました。賀茂大橋は昨年11月から来年3月までの予定で老朽化修繕工事をしています。

Joc_5606a

ここにある枝垂桜の巨木は、他と比べて開花が遅いといわれ、3~4部咲き程度でした。

Joc_5608a

陽が傾いて枝が陰になっているので、綺麗には写りません。

Joc_5609a

手前の木は桜のようですがアーモンドかも知れません(現在調べています)。すぐ南に先日紹介した2本のオカメ桜がありますが、見頃は終わっていました(かってはいぼ桜という札がかかっていました)。

Joc_5613a

賀茂大橋の上から出町三角州、人出はいつもより少ないと思います。

Joc_5627a

それでも、トビが食べ物を狙ってすぐ近くを旋回しています。

Joc_5629a

時々急降下して食べ物をさらっていきます。

Joc_5639b

鴨川左岸(東岸)から、先ほどの枝垂桜。

Joc_5651b

土手にはいろいろな植物が植えられています。ユキヤナギも咲いていました。

Joc_5655a

北白川を北上する琵琶湖疏水分線の高原町近くにある「銀月アパートメント」の前に来ました。

Joc_5708a

レトロな建物と玄関横の枝垂桜で知られています。

Joc_5701a

閑静な場所とレトロな雰囲気のため、芸術家や作家、美大生などの方が多く住んでいて、アトリエや事務所になっている部屋もあります。

Joc_5663a

かって映画監督の大島渚が住み、現在は作者・編集者の早川茉莉さんが住んでいて「銀月お部屋マーケット」を開催しています。(部屋はどこか分かりません。)

Joc_5706a

こちらの枝垂桜は4~5分咲き程度でしょうか。西日でより紅色に染まっています。

Joc_5667a

『鴨川ホルモー』や『クローズドノート』などの映画のロケ地となり、小説『四畳半神話体系』にも登場しています

Joc_5673a

このあたりの疏水を私は北白川疏水と呼んでいるのですが、正式名称ではないようです。ただし、疏水沿いの道の「北白川疏水道」は正式名称だそうです。

Joc_5696a

西側から見ると銀月アパートメントは洋館であることが分かり、スパニッシュ・コロニアル様式だそうです。それぞれの部屋によって窓が違っています。

Joc_5675a

玄関の前の通りは白川通まで通じていて、向うの瓜生山の中腹に京都造形芸術大学の建物が見えます。

Joc_5709a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Joc_5685a

|

« 本満寺の枝垂桜(山中鹿之介と信長・秀吉) | トップページ | 北白川の夕日(京都造形芸術大学) »

コメント

アーモンドと桜の違いは、
遠目ではわからないですよね。
さすがに、僕も自信がないです。
「銀月アパートメント」
ここもまた、いつ見ても風情があっていいですよね。

投稿: munixyu | 2020年3月25日 (水) 16:15

北白川疎水の桜は我が家のお花見の
穴場の一つでした。
昔は知る人ぞ知るでしたのに。

投稿: 8mama | 2020年3月25日 (水) 22:43

★munixyuさん こんばんは♪
最近では写真を撮ると花の名前を教えてくれるアプリがあるそうですが、まだお目にかかっていません。

投稿: りせ | 2020年4月 3日 (金) 00:38

★8mamaさん こんばんは♪
北白川疏水の桜は、今でも観光客の姿はあまり見かけません。周囲が閑静な住宅街というのがいい雰囲気ですね。

投稿: りせ | 2020年4月 3日 (金) 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本満寺の枝垂桜(山中鹿之介と信長・秀吉) | トップページ | 北白川の夕日(京都造形芸術大学) »