« 満足稲荷神社 境内の修復なる | トップページ | 十日ゑびす 京都ゑびす神社 »

2020年1月10日 (金)

明智光秀の足跡をたどる その1

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jmh_6812a
※写真は全てクリックで拡大します。

今年のNHKの大河ドラマにちなんで、いままでの記事のなかから、明智光秀の足跡をたどります。1回目は本能寺の変の前、織田信長の家臣の時代です。

Jnv_4303ax

元亀元年(1570)光秀は金ヶ崎の戦いで信長が浅井長政の裏切りで危機に陥り撤退する際、池田勝正隊3,000人を主力に、秀吉や家康と共に殿(しんがり)を務めて防戦に成功しました。(滋賀県の金崎宮)

Jnv_4363ax

この戦いは後の世に「金ヶ崎の退(の)き口」として、見事な撤退戦とされました。その後の姉川の合戦で、信長は浅井・朝倉連合軍を敗り天下統一に向かいます。(海津大崎の桜を見るツアーで訪れました。)

Jnv_4383ax

元亀2年(1571)比叡山焼き討ちで中心実行部隊として武功を上げ、近江国の滋賀郡を与えられ、間もなく坂本城の築城にとりかかりました。(東塔エリアの入口にある「元亀の兵乱殉難者鎮魂塚」)

Jmt_8049ax

平成4年この塚に犠牲者の遺品を埋め、それらの霊を慰めるために追善法要をしました。また、10年後に同じく炎の中で死んだ信長の霊にも、怨讐を超えて追善供養をしたそうです。

Jmt_8052ax

比叡山焼き討ちでは、京都の天台宗の寺院も焼き討ちされました。建仁寺塔頭の両足院にある毘沙門天、かって鞍馬寺の毘沙門天の胎内仏でした。

Jno_5387ax

比叡山焼き討ちの際、鞍馬寺の僧が安全のため尊像を室町将軍家の茶家・比喜多養清宅に疎開、明治時代の1877年頃両足院に寄進されました。鞍馬寺はかっては天台宗の寺院でした。

Jno_5630ax

岩倉の実相院の近くにある「大雲寺」は比叡山焼き討ちの際に焼失、江戸時代の寛永年間(1624 - 1644)後水尾天皇の援助を受けて再建するも、火災で焼失、現在なお再建中です。

Jnz_3431ax

「浄福寺」は浄土宗ですが、それまで「天台浄土宗」を称して天台宗との繋がりを保ち続けていました。 しかし、比叡山焼き討ちによって、いままでの方針を変更せざるを得ませんでした。

Jnq_6375ax

廬山寺は、比叡山と本末関係にないことを保証する正親町天皇の女房奉書を発給してもらい、辛うじて攻撃を免れたといわれています。

Jnk_5444ax

元亀4年(1573)足利義昭が槇島城で挙兵し、光秀も信長に従軍しました。義昭は降伏後に追放され室町幕府は事実上滅亡しました。その後、光秀に仕えた者も多く、同年坂本城が完成して居城としました。

Jnx_8275a

坂本城は琵琶湖の南湖西側にあり、大津市の北郊に位置し、昭和54年の発掘調査によって一定の構造が明らかになりました。下は坂本城の推定城郭部分で国土交通省国土画像情報をもとに作成されました(Wikipedia)。

800px-sakamotojo07a

光秀は、天正3年(1575)の高屋城の戦い、長篠の戦い、越前一向一揆殲滅戦に参加。そして丹波国攻略を任されます。天正5年亀山城を落とし拠点とし、天正7年丹波国を平定。さらに、すぐ細川藤孝と協力して丹後国も平定しました。

Jmp_8153ax

上と下の常照皇寺は周山街道沿いにある紅葉の名所ですが、天正7年の明智光秀の山国全焼戦によって寺域が全壊しました。江戸期に志納などで漸次回復、幕末・明治期の王政復古には皇室の下賜金によって復興しました。

Jmp_8180ax

この功績で、天正8年に丹波一国(約29万石)を加増されて合計34万石となりました。さらに本願寺戦で戦死した塙直政の支配地の南山城を与えられ、亀山城、周山城を築城し、横山城を修築して「福智山城」に改名しました。

Jnz_4990ax

上は大覚寺の「明智門」、下は庫裏の「明智陣屋」で、ともに亀山城から移築、あるいは部材を再利用したものです、しかし、実際の建造は江戸時代になってからで、明智の名を拝借したかたちです。

Amt_3317ax

京都と若狭を結ぶ周山街道はこのあたりに周山城があったことから名づけられました。光秀は、黒井城を増築して家老の斎藤利三を入れ、福智山城には明智秀満を入れました。

Joa_1282ax

信長は「丹波の国での光秀の働きは天下の面目を施した」と光秀を絶賛しました。丹波に加えて、丹後国の長岡(細川)藤孝、大和国の筒井順慶等の近畿地方の織田大名が光秀のもとに配属され、これらの所領を加えると240万石となりました。

Jmp_8118ax

西山浄土宗総本山「光明寺」も明智光秀の領土となり、寺領を安堵(保証)されました。 しかし、本能寺の変の後の秀吉との戦い(山崎の戦い)で方丈や庫裏が焼失したそうです。

Jnf_5393ax

金戒光明寺塔頭・栄摂院を創建した木俣守勝は家康に仕えていましたが、家族と仲違いして出奔、織田信長に拝謁し50石で光秀に仕えました。明智家で軍功が目覚ましく、家康は信長に頼み込み呼び戻しました。(本能寺の変で家康を救うことになります。)

Joa_1862ax

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnv_4345ax 

|

« 満足稲荷神社 境内の修復なる | トップページ | 十日ゑびす 京都ゑびす神社 »

コメント

明智光秀もまた、歴史の浪漫を感じる戦国大名ですよね。
光秀が信長を何故殺したのか、
空想が永遠に広がります。
タイムマシーンで見てみたいものですよね。

投稿: munixyu | 2020年1月10日 (金) 19:01

★munixyuさん こんばんは♪
大河ドラマではその理由が出てくるのでしょうね。大河ドラマは何年も見ていませんが、今度はちょっと興味があります。

投稿: りせ | 2020年1月14日 (火) 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満足稲荷神社 境内の修復なる | トップページ | 十日ゑびす 京都ゑびす神社 »