« 明智光秀の足跡をたどる その1 | トップページ | 摩利支尊天と清拙禅師 »

2020年1月11日 (土)

十日ゑびす 京都ゑびす神社

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Job_0144a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日は京都ゑびす神社の十日ゑびす大祭に行ってきました。「京都ゑびす神社」は、土御門天皇の建仁2年(1202)に禅の祖といわれる栄西禅師が建仁寺建立にあたり、その鎮守として建てられました。

 西宮・大阪今宮神社と並んで日本三大ゑびすと称され、京都では「えべっさん」、「旅えびす」の名で親しまれています。大和大路通は四条から露店が並んでいます。

Job_0008a

室町時代の1467年、応仁の乱の戦火により建仁寺が焼失、その再建の際に当社は現在地に移転したといわれています。

Job_0019a

本殿には祭神として八重言代主大神(やえことしろぬしのおおかみ)、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)を祀り、商売繁盛・家運隆昌・旅行安全のご利益があるとされます。(下は拝殿で奥に本殿があります。)

Job_0094a

本殿にお詣りした後、右手にある摂社にもお詣りする方が大勢います。下の「天満宮」は菅原道真を祀り、学業成就のご利益があるとされます。

Job_0080a

隣の「白太夫社」は伊勢神宮の宮司で菅原道真の守り役を務めた渡会(わたらい)春彦を祀ります。道真の父・是善は同宮司に祈願して道真が生まれたことから、子授け・安産のご利益があるとか。なで牛もあります。

Job_0086a

神社のゑびす神は都七福神に選ばれ、その中で唯一日本古来の神です。「七福神宝印授与所」は長い列ができていました。

Job_0096a

左の「八幡神社」は武運、勝運の神の応神天皇を祀り、右の「猿田彦神社」は道案内・みちびきの神・猿田彦神(さるたひこのかみ)を祀ります。

Job_0100a

奥の「岩本稲荷大明神」は商売繁盛の神・倉稲魂命(うかのみたまのみこと)を祀り、左には「北野天満宮遥拝所」があります。

Job_0107a

脇には天満宮(菅原道真)とゆかりが深い伏牛がいて、子犬のように可愛い姿でした。

Job_0114a

ところで、祭神の八重言代主大神(事代主命)は、神のお告げをのべる役割をもち、国譲りを要求する高天原からの使者に対し、父の大国主神にかわって国譲りの誓約をしたとされます。また、日本古来の恵比寿神(ゑびす神)と同一視されてきました。

Job_0072a

栄西禅師が宋の国からの帰路に暴風にあい遭難しかかったとき、船上に恵美須神が現れ無事帰国することができたと伝えられています。そのため、京都ゑびす神社には交通安全や旅路の加護のご利益もあるといわれています。

Job_0050a

毎年、1月8日から12日の期間に十日ゑびすが行われます。ゑびす信仰の象徴とされる福笹は、京都ゑびす神社独自の「御札」の形態が全国に広まったものだそうです。(お守り、おみくじ、縁起物などの授与所)

Job_0032a

笹は縁起物の松竹梅の竹の葉で、「節目正しく真直に伸び」「弾力があり折れない」「葉が落ちず常に青々と繁る」という特徴から、家運隆昌、商売繁盛の象徴となりました。

Job_0138a

神楽殿の祭壇の前で巫女さんが笹と鈴を手に神楽を奉納し、清められた笹が授与されます。

Job_0038a

お札、お守り、銭、小判、俵、箕、熊手、鯛、宝船の絵馬などを各自で求めて、縁起物として笹につるします。(出口の途中にそれらの授与所があります。)

Job_0154a

縁起物にはそれぞれ意味があって、鯛は「めでたいことが起こる」、宝船の絵馬は「富をもたらす」、俵は「富を貯めて積み上げる」、箕や熊手は「富や幸福をすくい、かき集める」などです。巫女さんに見繕ってもらうこともできます。

Job_0160a

一方、入口に近い露店では京都ゑびす神社特有の飾り物「人気大よ也(せ)」があり、赤い円形の傘の下に人形を模した飾りがたくさん吊るされています。福笹と同じように、商売繁盛を願って多くの方が来て頂けるようにと店の隅に吊り下げます。

Job_0026a

大小さまざまあって、小さいものは福笹につるします。この笠は「初えびす」の時にしか手に入らないそうです。

Job_0025a

ゑびす神は耳が聞こえにくいとされ、願いを叶えて貰うために、帰りに拝殿の横の壁を軽く叩いて念を押すのがこの神社の参拝の方法です。

Job_0171a

Job_0183a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Job_0020a 

|

« 明智光秀の足跡をたどる その1 | トップページ | 摩利支尊天と清拙禅師 »

コメント

十日戎は、大阪などいろんな神社でやってますよね。
岸和田とかにも、十日戎の神社があるようです。
最近、あまり景気がよくないので、
ここは、えべっさんの力にあやかりたいところです。

投稿: munixyu | 2020年1月11日 (土) 14:41

幼いころから毎年えびっさんに連れられて行ったのですが、人・人・人で回りが何も見えず親にしがみついていた記憶のみが残っています。へ~、こんな風になっていたのかと改めて神社の様子がようわかりました。今度の日曜日に科捜研の撮影隊がくるそうです。お向かいを撮るようで挨拶があったと妹が連絡してきました。

投稿: Tacchan | 2020年1月11日 (土) 15:36

★Taccha~n こんにちは♪
ブログを始める前(13・4年前)までは京都にえびっさんがあることを知りませんでした。その横が建仁寺だということも知りませんでした。(京都人の京都知らず甚だしい)
科捜研の撮影に出会ったことがありますよ(河原で)。テレビでは2・3分なのに、何時間も撮影してました。観光客も今ほどじゃなかったから出来たことでしょうね。今度の日曜日(19日)ですか。通行止めがスゴイでしょうね。楽しみです。

投稿: りせ | 2020年1月13日 (月) 18:20

★munixyuさん こんばんは♪
景気が悪いと商売繁盛の神社が賑わうのは本当なのでしょうね。自分ではとうにもならないことは、はやり神頼みとなるのでしょう。

投稿: りせ | 2020年1月14日 (火) 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明智光秀の足跡をたどる その1 | トップページ | 摩利支尊天と清拙禅師 »