« 白峯神宮 崇徳天皇と球技の神 | トップページ | 寺之内通を歩く 堀川通から千本通まで »

2020年1月29日 (水)

宝鏡寺(人形寺) 特別公開

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Job_2812a
※写真は全てクリックで拡大します。

京の冬の旅で特別公開(1月10日~2月29日)されている宝鏡寺に行ってきました。寺之内通の堀川東入に大門(山門)があります。

「宝鏡寺」は山号を西山(せいざん)という臨済宗単立の尼門跡寺院で、百々御所(とどのごしょ)、人形寺とも呼ばれています。本尊は聖観世音菩薩で、伊勢の二見浦で漁網にかかった際、小さな円鏡を手にしていたことが寺号の由来となっています。 

Job_2809a

宝鏡寺の開山は景愛寺(けいあいじ)第6世の光厳天皇皇女・華林宮惠厳(かりんのみやえごん)禅尼です。(斜め向かいに和傘の「日吉屋」があります。)

Job_2911a

大門を入って右にある「人形塚」 像は吉川観方作、武者小路実篤の詩文が刻まれています「人形よ 誰がつくりしか 誰に愛されしか 知らねども 愛された事実こそ 汝が成仏の誠なれ」。

Job_2816a

拝観受付の左に「小川御所之地」という石標があり、右は玄関です。小川(こかわ)とはこのあたりの地名です。

Job_2826a

南北朝時代の応安年間(1368-1375)に御所に祀られていた聖観世音菩薩像が、禅尼によって景愛寺の支院・建福尼寺に奉納・安置され、本尊の由緒にちなんだ「宝鏡寺」の名前を後光厳天皇より賜り名前を改めたのが始まりです。(本堂前庭)

Job_2828a

また寛永21年(1644)後水尾天皇皇女第20世仙寺院宮久厳理昌禅尼(せんじゅいんのみや くごんりしょうぜんに)の入寺以来、紫衣を勅許され、以後歴代皇女が住持を勤める尼門跡寺院となりました。

Job_2830a

天明8年(1788)の大火で類焼しましたが、本堂は文政10年(1827)再建された前後三室からなる六間取の方丈形式です。

Job_2835a

本堂には、宝鏡を手にした本尊・聖観世音菩薩像を安置し、堂内には江戸初期の絵師・狩野探幽筆と伝わる「秋草図」の襖絵があります。(室内の写真は京の冬の旅のガイドブックからの転載です。)

Img_20200129_0008aa

現代の画家・河股幸和が手がけた「葡萄と鹿」など趣の異なる襖絵も描かれています。

Img_20200129_0003aa

本堂の東庭には紅梅が咲いていました。ここ数日暖かい日が続き、急に咲き始めたそうです。

Job_2850a

本堂の右奥に阿弥陀堂「勅作堂(ちょくさくどう)」があり、光格天皇勅作の阿弥陀如来像、後光厳天皇妃の崇賢門院像、日野富子像などを祀っています。その向うの白梅も咲き始めていました。

Job_2854a

書院は寛政10年(1798)に再建され、中庭・大門・阿弥陀堂・玄関・使者の間の6棟も復興され、本堂を含めて京都市指定有形文化財になっています。 (本堂と書院に囲まれた中庭)

Job_2860a

左の「村娘椿」は各地にある村娘椿の原木といわれ、右の八重桜には平安時代中期の女流歌人・伊勢大輔の「いにしへの 奈良の都の八重桜 けふ九重に にほひぬるかな」(百人一首)が添えられていました。

Job_2898a

書院の東には、江戸幕府14代将軍・徳川家茂に降嫁した皇女和宮が、幼い頃宝鏡寺に住まわれた折に遊んだという「鶴亀の庭」が広がっています。

Job_2897a

正面の築山が亀で、鶴は手前の空堀だそうです。

Job_2874a

書院には円山応挙筆の愛らしい小犬の杉戸絵をはじめ、円山派の絵師による障壁画が残つています。

Img_20200129_0008ba

四季折々の農村の風景を情緒豊かに描いた円山応震(おうしん)筆の襖絵「四季耕作図」は、皇女たちが目にしたことのない農村の仕事を学ぶこともあつたといわれています。

Img_20200129_0008ca

ところで、宝鏡寺(建福尼寺)を支院としていた景愛寺は、鎌倉時代の弘安年間(1278-1287)に無外如大禅尼(むがいにょだいぜんに)が開山しました。(書院の庭の奥に茶室が見えます。)

Job_2882a

景愛寺は足利氏の庇護により、南北朝時代以降は禅宗尼寺五山の第一位におかれ大いに栄えました。 しかし応仁の乱の兵火や足利氏の衰退により消失してしまいました。(現在その跡に本隆寺が建っています。下2枚は本隆寺です。)

Jng_5847ax

座禅修行をしていた千代野姫(無外如大禅尼)が水を汲んだら、桶の底が抜けて月影が水とともに消えたので、仏道に入ったといわれる「千代の井」が残っています。 宝鏡寺の住持は景愛寺を兼任することになっていて、その法灯は現在も守られているそうです。

Img_1831ax

寺宝として、江戸時代最後の天皇・孝明天皇遺愛の御所人形「孝明さん」(下の写真)、着替えの着物や身の回りの道具類まで備えた三折り人形「万勢伊さん」や、そのお付きの人形「おとらさん」「おたけさん」、

Img_20200129_0008da

雛祭に宮中から贈られた気品溢れるお雛様など、貴重な人形が特別展示されています。3月1日(日)からは春の人形展が開催されます。

Job_2909a

御朱印を頂きました。左は本尊の奉拝記念、右は先日の三時知恩寺の「鬼は外」とコラボした「福は内」です。

Img_20200129_0010a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Job_2847a 

|

« 白峯神宮 崇徳天皇と球技の神 | トップページ | 寺之内通を歩く 堀川通から千本通まで »

コメント

人形寺は、人形供養とかではなく珍しい人形が
展示されている寺という意味なのですね。
和風人形は、なんとなく怖いですが、
こういう人形の保存も大変なのでしょうね。
襖絵「葡萄と鹿」
のんびりとした鹿の感じと、黄金の背景がいいですよね。

投稿: munixyu | 2020年1月29日 (水) 13:01

★munixyuさん こんばんは♪
宝鏡寺には、代々入寺した皇女に朝廷から贈られた人形が保存されてきました。それらの由緒ある人形は昭和32年1957)から人形展として公開されることになり、2年後には人形塚も建てられ、人形寺として知られるようになったようです。

投稿: りせ | 2020年2月 6日 (木) 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白峯神宮 崇徳天皇と球技の神 | トップページ | 寺之内通を歩く 堀川通から千本通まで »