« 神護寺 金堂から展望台へ 2019紅葉 | トップページ | 宝厳院 2019紅葉 »

2019年12月 4日 (水)

大堰川と渡月橋 2019紅葉

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Joa_2740a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日、法輪寺を訪れた後、渡月橋のあたりを散策しました。最初に、渡月橋の南詰から右岸を遡ります。桂川はおよそ北から南に流れていきますが、このあたりでは西から東に流れています。

Joa_2649a

「櫟谷宗像(いちたにむなかた)神社」の参道入口、いわた山モンキーパークの受付もあります。

Joa_2651a

渡月橋あたりの桂川は「大堰川」と呼ばれ、橋より上流を保津川、下流を桂川と区別することもあります。ここには様々な種類の船が行きかい、下は「星のや京都」の送迎船。

Joa_2672a

手漕ぎボートの乗り場があります。

Joa_2690a

対岸(左岸)にも船の乗り場があり、屋形船が停泊しています。

Joa_2697a

お客を降ろした保津川下りの船、渡月橋の下流に向かいます。

Joa_2729a

こちらは大堰川を周遊する屋形船、保津峡を少し遡って戻ってきます。

Joa_2763a

ここは保津峡の出口で強い風が吹くことがあり、ときどきボートが堰まで流され立ち往生?しているのを見かけます。

Joa_2714a

美味しそうな茶店があるのですが、この日は先が長いのでゆっくりできません。

Joa_2786a

渡月小橋の上から、星のや京都の桟橋、奥は「亀山」。

Joa_2793a

こちらには保津川下りの船の吊り上げ場、クレーンでトラックに数隻ずつ載せて出発点の亀岡に運びます。船頭さんは別の車(タクシー)で行きます。

Joa_2795a

渡月橋の上から、シーズンなのでひっきりなしに川下りの船が戻ってきます。

Joa_2900a

渡月橋を渡り北詰の下流側に来ました。定番の撮影スポット。

Joa_2931a

この日は意外に人出が多くありませんでした。混雑しているときは橋を渡るのに随分時間がかかります。

Joa_2936b

「アラビカ京都 嵐山」、相変わらずの行列です。その向うは今年の10月に開館した「福田美術館」。現在、開館記念「福美コレクション展」として、応挙、若冲、松園などを展示しています。

Joa_2978a

なかでも、初公開の狩野探幽筆「雲龍図」、約80年前に公開されたきり行方不明となっていた木島櫻谷「駅路之春」、橋本関雪「後醍醐帝」など、幻の大作が必見だそうです。(下は模型ボート。)

Joa_3014a

ところで、古くはこの川は葛野川と呼ばれていました。5世紀後半この地域を開発した渡来系豪族・秦氏が、川に大きな堰(せき)をつくり、灌漑用水を引いたことから大堰川と呼ばれるようになりました。

Joa_3029a

神護寺で空海の教えを受けた道昌(798-875)は、秦氏の建設した葛野大堰を修復、大堰近くに創立された葛井寺を整備して法輪寺としました。そして、大堰川に門前橋の「法輪寺橋」を架けました。

Joa_3045b

 鎌倉時代の亀山天皇(在位1259-1274)が満月の晩に舟遊びをして、月が橋の上を渡るように見えることから「くまなき月の渡るに似る」
と述べたことから「渡月橋」と呼ばれるようになりました。

Joa_3062a

天龍寺の方へ行く道との分岐点に、このあたりの景観に貢献した道昌の石碑「法輪寺道昌遺業大堰阯」があります(前は屋台のテン)。右の石碑は「亀山離宮跡公園」。

Joa_2994a

この後、宝厳院に向かいました。

Joa_3031a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Joa_2955a 

|

« 神護寺 金堂から展望台へ 2019紅葉 | トップページ | 宝厳院 2019紅葉 »

コメント

渡月橋は、場所がいいのでしょうね。
山・川・橋と最高ですね。
絵に描いたような紅葉の山景色。
寒さもよく伝わってきて、
秋から冬への趣きの移り変わりが、
よくわかります。

投稿: munixyu | 2019年12月 4日 (水) 14:45

★munixyuさん こんばんは♪
渡月橋あたりは、様々な歴史が景色に趣を添えている気がします。

投稿: りせ | 2019年12月 7日 (土) 02:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神護寺 金堂から展望台へ 2019紅葉 | トップページ | 宝厳院 2019紅葉 »