« 法音院 不空羂索観音・寿老人・春日明神 | トップページ | 戒光寺と新善光寺 2019 »

2019年11月 6日 (水)

大沢池 ロケ地と歌碑を訪ねて

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnz_5263b
※写真は全てクリックで拡大します。

今日は急用のため更新が遅れすみませんでした。先日大覚寺の拝観をした後、大沢池に来ました。「大沢池」は、周囲約1㎞の日本最古の人工の林泉(林や泉水がある庭園)です。

上の写真の石碑は、左「名勝大沢池 附名古曽滝跡」、右「歴史的風土特別保存地区」。大沢池は当初から舟遊びが行われ、南の入口近くに船着き場があります。

Jnz_5270a

嵯峨天皇が離宮嵯峨院の造営にあたって、唐の洞庭湖を模して造られたところから、庭湖とも呼ばれました。下の中門は「翔べ!必殺うらごろし」、「長七郎江戸日記」、京極夏彦「怪」などの時代劇に登場します。

Jnz_5273a

大覚寺の本堂(五大堂)

Jnz_5283a

五大堂の前にある桟橋の先端は、儀式・祭りの斎場や舞台になります。

Jnz_5293a

鳥居の奥の「五社明神」は伊勢下宮、伊勢内宮、八幡社、春日社、住吉社を祀り、離宮造営に際して弘法大師が鎮守としてこの神々を勧請したといわれています。

Jnz_5296a

そばには他にも様々な祠があり、かっての神仏習合の名残です。このあたりは様々な時代劇のロケ地になっていて、江戸市中の設定が多いそうです。下は「稲荷社」。

Jnz_5303a

たとえばこの舞殿の前では、「必殺仕舞人・八木節は悲しい村の恨み節」で渡河村の衆が下の舞殿の前で幕府への直訴の相談を、「必殺仕事人・主水釣り友だちの恨みを晴らす」で主水の幼馴染の道場主にかけられた殺しの件で無実の証言を得ます。

Jnz_5309a

五社明神の本殿は、「三匹が斬る!シリーズ」で20連発の銃を奪った山賊のアジトになります。このあたりでは他にも、「服部半蔵 影の軍団」、「長七郎江戸日記」、「暴れん坊将軍」、「神谷玄次郎捕物控」など数えきれないくらいのロケ地になっています。

Jnz_5312a

池の北西にある「閼伽堂」 弘法大師が天皇の命により持仏堂「五覚院」を建立するにあたって掘ったという「閼伽井」があり、ときどき公開されます。

Jnz_5323a

左手の北門の前に木が積んであり、昨年の台風による倒木だと思われます。

Jnz_5325a

「心経宝塔」 昭和42年(1967)、嵯峨天皇心経写経1150年を記念して建立された多宝塔。この付近から天神島のあたりで、三島由紀夫の「金閣寺」を題材にした市川崑の「炎上」が撮影されました。ただし、塔の建立以前の撮影です。

Jnz_5350a

「護摩堂」 「仏母心院跡」の額がかかり、不動明王像を祀り護摩木がたかれます。ここも各地のお堂という設定でロケに使われ、前で事件が起こります。鬼平犯科帳「墨斗の孫八」では堂前で盗賊の頭・孫八が刺客に襲われ、

Jnz_5347a

「三匹が斬る!仇討ちの乙女も愛でよ秋花火」では、千石がが仇討ち娘に行く手を阻まれます。 「斬り抜ける」、「からくり人」、「長七郎江戸日記」などにも登場します。横に、平安時代後期から鎌倉時代の石仏が並んでいます。

Jnz_5357a

中の島の「天神島」へは通行止めでしたが、その一番東にある「嵯峨天皇詠碑」には「与海公飲茶送帰山一首」とあります。嵯峨天皇が、久しぶりに空海と歓談し、高野山に帰る空海をいつまでも見送る情景を詠ったそうです

Jnz_5373a

「名古曽の滝跡」(名勝) 離宮嵯峨院の滝殿庭園内に設けられたとされる滝跡です。平成6年から奈良国立文化財研究所による発掘調査で、中世の遣水が発見され、現在のように復元されました。

Jnz_5383a

作庭時より滝の美しさが広く知られていましたが、平安時代中期には既に枯れてしまいました。藤原公任(966‐1041)は「滝の音は絶えて久しくなりぬれど名こそ流れてなほ聞こえけれ」と詠んでいます。看板が無くなっています。

Jnz_5388a

「中御所築地塀跡」 鎌倉時代、大覚寺に後宇多上皇が入寺し院御所を営みました。最近の発掘調査により御所の南の築地塀の跡と思われる遺構が見つかりました。現在は塀の基底部を復元して、溝の位置に敷地内の排水を兼ねた溝を設けています。

Jnz_5393a

「菊ヶ島」 大覚寺はいけばな発祥の寺でもあり、「嵯峨御流」の総司所(家元)です。嵯峨天皇が、菊ヶ島に咲く野菊を手折り、器にいけたのがはじまりとされます。

Jnz_5393b

左の菊ヶ島と右の天神島の間に「底湖石(ていこせき)」があります。二島一石の配置が、華道嵯峨御流の基本形に通じているのだそうです。紀友則は「ひともとと思ひし花をおほさはの池のそこにもたれかうゑけん」と詠みました(天神島に歌碑があります。)

Jnz_5396a

臼井喜之介詩碑「花を惜しむこころは いった何なのだろう いくつ齢をかさねたら 心はしずまり ひとり酒汲む静寂に 住むことができるのか 今日も嵯峨御所から 花信が舞ひこんできた」

Jnz_5408a

大沢池は周囲が林で囲まれ現代的な建物が見えないので、時代劇のロケに適した場所です。春は桜、夏は緑の木々、秋は紅葉、冬は枯木立と、それらを映し出す水面が季節を感じさせます。

Jnz_5425a

野風呂の句碑「嵯峨の蟲  いにしへ人に  なりて聞く」 鈴鹿野風呂は、京都を代表する俳人で、高浜虚子に師事し、『ホトトギス』同人となり、後に『京鹿子』を創刊・主宰しました。

Jnz_5417a

「炎の奉行大岡越前守」では向うに見える五大堂の観月台が隅田川御殿という設定で水練の試技が行われます。かなり濁った水なので、役者さんは大変だったと思います。

Jnz_5410a

「鬼平犯科帳」では大川という設定で撮影され、登場人物が船で行き来します。「続・三匹が斬る!・人質の母娘が送る流人舟」では勘定奉行の画策で男を乗せた船が池の北東畔から出ますが、庭湖石が映りこんでいるそうです。 

Jnz_5430a

平田春一の歌碑「紅を少しのぞかせ ふっくらと  椿の蕾 只の一輪」 平田春一は若山牧水に師事した現代歌人です。左の小さい歌碑は島田保子「わが友の  平田の大人の  おもひもの 東をんなの  見目  うつくしも」。

Jnz_5457a

池をほぼ一周して、五大堂が近くに見えてきました。*ロケ地についてはサイト「探訪 時代劇ロケ地」を参考にさせていただきました。

Jnz_5443a

Jnz_5480a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnz_5347a

|

« 法音院 不空羂索観音・寿老人・春日明神 | トップページ | 戒光寺と新善光寺 2019 »

コメント

大沢池は、広いからロケに使いやすいのかもしれませんね。
たくさんの人で賑わう、楽しい池でいいですね。
月見の舟遊びも風情があっていいでしょうね。

投稿: munixyu | 2019年11月 7日 (木) 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法音院 不空羂索観音・寿老人・春日明神 | トップページ | 戒光寺と新善光寺 2019 »