« 本法寺 その歴史と伽藍 | トップページ | 鳴虎・報恩寺 その歴史と境内  »

2019年10月 2日 (水)

本法寺 三巴の庭と釈迦大涅槃図

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jny_8674a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事につづいて、本法寺の庫裏に向かいました。上は堀川通に面した西門で、門柱に開祖冠鐺(なべかむり)日親聖人と書いてあります。庫裏に向かう途中に本堂への渡り廊下があり、向うに開山堂が見えます。

Jny_8686a

庫裏の玄関の看板には光悦と等伯の名が書かれていて、寺務所にもなっています。

Jny_8689a

本阿弥清信(光悦の曾祖父)は赦免された日親上人(1407-1488)に帰依して寺の再建を支援、以後本法寺は本阿弥家の菩提寺となりました。拝観順路の最初は宝物館(左)です。

Jny_8695a

宝物館の前庭は「十(つなし)の庭」と呼ばれますが、石は9つしかなくもう一つの石は見る者の心中にあるとか。正面は昨日外から見た唐門です。

Jny_8698a

10まで数を「ひとつ」、「ふたつ」と昔風に数えるときに、十(とう)だけは「つ」を付けないので「つなし」と読むのだそうです。この庭は昭和初期に巴の庭を整備した際に作庭されました。

Jny_8700a

安土桃山時代の絵師・長谷川等伯(1539-1610)は10世・日通上人と交友があり、昨日の記事で登場した塔頭・教行院を宿としていました。

Jny_8701a

そのため、本法寺には等伯の作品やゆかりの品が多数伝わっています。庭の端に「祖師堂」があります。

Jny_8702a

宝物館には等伯による紙本濃彩図「釈迦大涅槃図」(重文、791×402㎝)が展示されています。26歳で急逝した息子・久蔵の7回忌(1559年)に寄進したもので、京都三大涅槃図(他は東福寺、大徳寺)のひとつとされます。

Jny_8780a

沙羅双樹の下で入滅する釈迦と、その周りに集まった羅漢や動物たちを描いています。釈迦の左の木の陰にいる緑の衣の人物は等伯自身だといわれています。(大きいので、宝物館の1,2階のそれぞれから眺めます。)

Jny_8780b

特別公開の期間以外は複製が展示されていますが、宝物館の中では撮影できません。ここの写真は、書院にあった(縮小された)複製です。下の方に動物たちが描かれ、猫もいます。

Jny_8780c

1599年に本堂が再建されたときは、等伯は本堂に龍図を描いたそうです(その本堂は焼失しています)。本堂への渡り廊下がある場所まで戻ります(この先は通れません)。

Jny_8712a

本堂と反対側の廊下の先には庭が見えています。

Jny_8715a

渡り廊下の手前に「光悦垣」があります。

Jny_8717a

光悦垣の横にある灯籠、竿(さお)だけが木製とは珍しいと思います(石の竿に木を貼り付けているのかも知れませんが)。 この灯籠は後で出てくる右の巴の奥にあります。

Jny_8738a

渡り廊下の周囲は秋には紅葉が美しいと思われます。

Jny_8729a

正面が「書院」、左手前に光悦が作庭したという「蹲踞(つくばい)の庭」があります。

Jny_8733a

蹲踞の庭には光悦作の蓮弁模様の蹲踞が据えられています(右にあります)。

Jny_8742a

書院は三間が並んでいて、奥の間は入れませんが様々なものが飾られています。そのうちの掛け軸が先ほどの釈迦大涅槃図の複製(縮小版)です。

Jny_8760a

書院の前庭は光悦作庭とされる書院式枯山水庭園です。三つの築山がそれぞれ勾玉(巴)の形をしているので「三つ巴の庭」あるいは「巴の庭」と呼ばれます。

Jny_8767a

下はパンフレットからの転載で、庭(築山)の配置が分かりやすく描いてあります。

Img_20191002_0003a

庭の中央の手前に横筋が入った丸石、向うに蓮池があり、宗祖の「日」と「蓮」を表しています。

Jny_8792a

3つの築山は中国の神仙・蓬莱思想の神仙島を表します。それぞれ灯籠が目印ですが、草木が茂っていない季節の方が巴の形が分かりやすいかも知れません。下は左の巴。

Jny_8801a

古代中国の伝説では、渤海(ぼっかい)湾中に、蓬莱山、方丈山、瀛洲(えいしゅう)山という三つの神仙(島)があったとされます。(中央の巴には滝石組による三尊石が置かれ、枯川が蓮池に向かっています。)

Jny_8755a

神仙には仙人が住み、不老不死の神薬があると信じられ、後に道教が生まれる背景となりました。(右の巴の奥に先ほどの光悦寺垣と竿が木製の灯籠があります。)

Jny_8821a

三巴の庭は昭和61年(1986)国の名勝に指定されました。受付の前には可愛い置物とメダカがいる鉢がありました。

Jny_8849a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jny_8848a 

|

« 本法寺 その歴史と伽藍 | トップページ | 鳴虎・報恩寺 その歴史と境内  »

コメント

十(つなし)の庭」
もう一つの石は見る者の心中にある。
こういうの、いいですね。
最後の方の薄紅葉。これからどんどん紅葉していくんですよね。
楽しみです。

投稿: munixyu | 2019年10月 2日 (水) 14:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本法寺 その歴史と伽藍 | トップページ | 鳴虎・報恩寺 その歴史と境内  »