« 鹿ヶ谷通(南部)を歩く | トップページ | 西本願寺 その歴史と伽藍 »

2019年10月14日 (月)

鹿ヶ谷通(北部)を歩く

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnz_1903a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事につづいて鹿ヶ谷通の後半です。丸太町通との交差点の北西に「泉屋博古館(せんおくはくこかん)」があります。住友家の美術コレクション、特に中国古代青銅器を保存展示するための施設として昭和35年(1960)に設立されました。東京・六本木に分館があるようです。

名前は、江戸時代の住友家の屋号「泉屋」と、中国の宋時代に皇帝の命により編集された青銅器図録「博古図録」が由来だそうです。建物の前に「泉屋博古の庭」があります。この施設の向かいに、

Jnz_1900a

「住友有芳園」 大正9年住友家15代目・住友友純(ともいと)の別邸として造営され、数寄屋造の本邸や歴史展示館があります。それらを囲む庭には池や小川があり、7代目小川治兵衛によるものだそうです。下は「有芳門」。

Jnz_1905a

哲学の道の方への道の角に「名木・大豊神社駒返しの槇跡」という石標があります。かって大豊神社の坂道の参道に槇が生えていたようです。

Jnz_1912a

「市立第三錦林小学校」 「錦林小学校」は明治2年鴨川の東に市民が設立した番組小学校で、浄土寺村や鹿ヶ谷村にも分校がありました。大正12年(1923)に鹿ヶ谷の分校が独立して第三錦林小学校となりました。

Jnz_1929a

交差する道を右に行くと、霊鑑寺がありその横に「此奥俊寛山荘地」の石碑が立っています。平安末期、僧・俊寛らが平家の横暴に憤慨して、平氏を滅ぼそうと秘密会議を行った山荘です。

Jnz_1941a

しかし、計画が発覚して俊寛は鬼界ヶ島に流されて死亡しました。この事件は「鹿ヶ谷の陰謀」として能や歌舞伎でも語り継がれています。ちりめん山椒 の「樂珍」

Jnz_1945a

最近では上の事件が平清盛のでっち上げとする説も出て、歴史上では「鹿ヶ谷事件」と呼ぶ方が多いようです。「御食事処 わかば」

Jnz_1956a

「←冷泉天皇稜 粟田山稜→」という道標があります。 粟田山稜は後嵯峨天皇皇后・姞子の墓で南禅院の境内横にあります。冷泉天皇稜は後で見えます。

Jnz_1984a

「鮓(すし)石松」 家族的な雰囲気のお寿司屋さんだそうです。

Jnz_2011a

この東西の道の奥に「冷泉天皇 櫻本陵」が見えます。右手前に「よーじやカフェ 銀閣寺店」があります。

Jnz_2016a

そば処「越後」 手打そばのお店です。夕方になって開店しているお店が出てきました。

Jnz_2031a

「まつ井」 お好み焼・鉄板焼のお店で、開店の準備をしています。

Jnz_2040a

ところで、通りの名の由来となった地名「鹿ヶ谷」には伝承があります。平安前期の高僧・円珍(814-891)が山中で道に迷ってところ、現れた一頭の鹿に助けられたという話です。

Jnz_2049b

一方で、山からこの地の谷にしばしば鹿が下りて来たことが由来だともいわれています。「楽々堂」 グループホームとリサイクルショップだそうです。

Jnz_2053a

このあたりで鹿ヶ谷から浄土寺の地域に変わります。これらは古い集落の名で、近代には字名となり、現在は町名の最初に付くことでその歴史をとどめています。

Jnz_2072a

交差点の角にある「万世」、焼き肉のお店です。

Jnz_2075a

御菓子司「緑菴」 小さな和菓子屋さんですが、それぞれの月ごとに季節を感じさせる数種類の生菓子が販売されます。10月は、貴船、菊、栗きんとん、紫苑、銀杏餅です。

Jnz_2080a

御食事処「和田食堂」 麺類、定食、丼物などがあります。

Jnz_2082a

「ゴスペル」 カフェ・喫茶で内部はレトロな雰囲気で、何度か記事にしました。

Jnz_2097a

「銀閣寺 あじろ」 京料理のお店で今から開店の準備のようです。

Jnz_2099a

「銀閣寺喜み家」 和菓子屋さんで、豆かんやあんみつ、白玉煮あづきなどがあります。夏にはかき氷、冬にはおぜんざいや白みそ雑煮など季節のメニューもあります。

Jnz_2100a

焼き肉の「花山」 このあたりは銀閣寺方面の観光客も多く訪れる場所です。

Jnz_2103a

「八よし」 京料理のお店です。

Jnz_2106a

「おめん 銀閣寺本店」 群馬(伊勢崎)発祥の御麺(おめん)を用い昭和42年(1967)創業したうどん屋さんです。後ろに銀閣寺駐車場があります。ここが本店で、先斗町、高台寺にもお店があります。

Jnz_2110a

「バンビ」 喫茶店で、朝食やランチもいただけます。


Jnz_2114a

「銀福」 京料理のお店で、湯豆腐などの豆腐料理もあり、自家製の胡麻豆腐を販売しています。仕出しも兼ねていて百万遍知恩寺御用達だそうです。向うに銀閣寺前の今出川通が見えてきました。

Jnz_2117a

「カカオ マジック」 チョコレート 専門店で、店がチョコレートのような色です。土・日・月曜日はカフェも営業しています。

Jnz_2118a

鹿ヶ谷通の北端の今出川通まで来ました。今日の記事の区間は100番系統のバスが通っています。

Jnz_2131a

すぐそばの白沙村荘(橋本関雪記念館)も鹿ヶ谷通かいわいとされています。併設するレストランNOANOAが営業していました。

Jnz_2134a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnz_2090a 

|

« 鹿ヶ谷通(南部)を歩く | トップページ | 西本願寺 その歴史と伽藍 »

コメント

「鹿ヶ谷事件」
そうですね。歴史というのは、書物にかいてあるというだけで、
誰も見ていないわけで、平清盛のでっち上げとか、
いろいろ嘘なんかもあるかもしれませんね。
タイムマシーンができたら、とんでもない真実を発見してしまうかもしれません。

投稿: munixyu | 2019年10月14日 (月) 15:06

★munixyuさん こんばんは♪
歴史を研究するのはロマンがありますね。限られた資料から真実を推察するのは、探偵小説のようです。大学の学者だけでなく様々な歴史家がいるのもこの分野の特徴ですね。

投稿: りせ | 2019年10月28日 (月) 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿ヶ谷通(南部)を歩く | トップページ | 西本願寺 その歴史と伽藍 »