« 東高野街道を歩く | トップページ | 拾翠亭 九條家と藤原氏一族 »

2019年9月21日 (土)

善法律寺 八幡のもみじ寺

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jny_6216a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の続きで、東高野(こうや)街道沿いにある善法律寺に来ました。「善法律寺」は山号を男山という奈良唐招提寺の末寺で、律宗に属します。

上と下の「表門」では宝暦9年(1756)の棟札が発見され、京都府指定文化財です。

Jny_6219a

鎌倉時代中期の正嘉年間(1257-59)石清水八幡宮の検校職だった善法寺宮清が奈良東大寺実相上人に帰依して、私宅を寺に改めたのが始まりです。(表門の正面に「庫裏」があります。)

Jny_6226a

検校(けんぎょう)は寺社の事務を監督する職で、東大寺、高野山、石清水、春日など重要な寺社にだけ置かれました。(山裾に沿って境内の西に行きます。)

Jny_6227a

また、善法寺は宮清の家号で、律は律宗の意味です。また、律宗の寺院は律寺あるいは律院と呼ばれ、単に「律寺」といえば善法律寺を示すこともあります。 (斜面には古い宝塔が建っています。)

Jny_6230a

室町時代、善法寺通清の娘・紀良子(きのりょうし)が2代将軍・足利義詮(よしあきら)に嫁ぎ、3代将軍・義満、その弟の満詮(みつあきら)らが生まれました。「金剛庵」

Jny_6232a

良子の母は、順徳天皇皇子・四辻宮善統親王の孫で、義満の皇胤(こういん)説が生まれる要因になり、義満が皇室に接近するきっかけにもなったといわれています。皇胤は天皇の男系子孫のことです。

Jny_6234a

義満、義教、義政と、歴代の足利将軍が当寺に何度も参詣したそうです。「本堂」は、寛永16年(1639)頃の建立とみられ、石清水八幡宮の旧社殿の材料を用いたと伝わり、京都府指定文化財。

Jny_6235a

本堂の内陣に高御座を備え、安置されている本尊「八幡菩薩神像(僧形八幡像)」は平安時代末頃の作で、かつて石清水八幡宮に安置されていました。当時は神仏習合の時代でした。他に不動明王、愛染明王も祀られています。

Jny_6239a

かっての石清水八幡宮には48もの寺院があり、本殿では毎日読経が流れ、社僧が社務を取り仕切っていました。そのような男山48坊のひとつ「大西坊」の住職・専貞は赤穂藩の大石内蔵助良雄の実弟でした。境内の東に池があります。

Jny_6245a

「五輪石塔」 山科の大乗院から遷されたという鎌倉時代の石塔です。左の小さい石塔のなかで一番背の高いものが「忠臣蔵」ゆかりの人物・覚運の墓塔です。覚運は内蔵助の叔父・小山良師(おやまよしもろ)の末子でした。

Jny_6248a

覚運は、いったん内蔵助の養子になった後に専貞の弟子になり、衰退していた大西坊を再興させました。内蔵助は、後に江戸に向かう途中に大西坊に立ち寄り、石清水八幡宮で仇討ちの大願成就を祈願しました。覚運は討ち入りに助力したそうです。

Jny_6249a

覚運には運應と覚助という弟子がいて、覚運の墓の隣と手前に墓塔があります。五輪石塔の右に近所から持ち込まれた石仏が並んでいます。

Jny_6250a

「慰霊塔」 昭和9年(1934)の室戸台風は京阪神地方に甚大な被害を及ぼしました。八幡市では市立八幡小学校の建物が倒壊、生徒32名と教員が亡くなりました。慰霊塔の地蔵はいつしか子守地蔵と呼ばれるようになりました。

Jny_6263a

善法寺家は石清水八幡宮の別当や検校職に就くかたわら、上で述べたように皇室や足利将軍家とも姻戚関係にありました。明治の神仏分離の際に菊大路の姓を名乗りました。「忠魂碑」

Jny_6253a

「御庭ノ水」 境内の南にあり、近代まで善法寺家(菊大路家)が所有していた井戸です。老朽化が進んでいましたが、平成28年(2016)屋形を改修して再興しました。

Jny_6254a

今でも水が湧いていて、往時の善法寺家をしのぶ数少ない遺構です。この井戸の西の山際は墓地になっていて、下の3枚は簿参道から境内の方です。

Jny_6257a

ところで、善法寺家出身で足利義満の母・良子は、菩提寺の当寺へ多くの楓の樹を寄進し、今も約百本の楓が茂っています。春は萌える新緑、秋は深紅の紅葉が美しく、当寺は「もみじ寺」と呼ばれるようになりました。

Jny_6258a

建武元年(1334)秋、後醍醐天皇は石清水八幡宮に行幸、三日間にわたる大願成就の報告と願文奉納の行事の後、当寺に立ち寄りました。その日は山門の精進潔斎を解き、供をした諸卿や諸将にも酒肴が振る舞われたそうです。

Jny_6260a

また、善法寺家は明治初期まで大阪摂津能勢に荘園を持っていて、そこから朝廷へ亥の子餅(能勢餅)が献上されていました。一昨年初めて本堂が一般公開される際に、当寺の依頼でやわた走井餅老舗がこの餅を復刻しました。

Jny_6261a

石清水八幡宮の祭神・応神天皇が猪に助けられた故事にちなみ、猪を形どったおはぎのような餅です。赤飯をついた餅はイノシシの肉、栗は猪の骨、2枚の笹は猪の牙を表していますが、現在は販売していないようです。

Jny_6266a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jny_6221a 

|

« 東高野街道を歩く | トップページ | 拾翠亭 九條家と藤原氏一族 »

コメント

もみじ寺というぐらいですから、
紅葉の頃は、約百本の楓が色づくわけで、
綺麗なのでしょうね。

投稿: munixyu | 2019年9月22日 (日) 10:50

★munixyuさん こんばんは♪
3年前に紅葉の時期に訪れました。境内は山裾にあるので、緑と紅葉のコントラストが綺麗でした。

投稿: りせ | 2019年9月27日 (金) 01:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東高野街道を歩く | トップページ | 拾翠亭 九條家と藤原氏一族 »