« 妙心寺塔頭・桂春院 緑の庭園を巡る | トップページ | 長建寺 中書島の弁才天 »

2019年8月 8日 (木)

妙心寺塔頭・大心院 玄々と玄峰

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnx_6598a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の妙心寺塔頭・桂春院から南に歩き、いくつもの塔頭を通り過ぎると大心院の山門があります。塔頭ですが正法山という山号があり、妙心寺の大方丈の東になります。

Jnx_6601a

「大心院」は足利幕府管領・細川政元が妙心寺10世景堂玄訥(けいどうげんどう)を招いて創建しました。玄訥は師の景川宗隆(けいせんそうりゅう)を勧請開山としました。(入口を入って右に拝観受付があります。)

Jnx_6805a

創建年は明応元年(1492)あるいは文明11年(1479)ともいわれ、創建地は細川政元の私邸、妙心寺山内、上京清蔵口など諸説あります。(受付を過ぎると。左の方丈の向こうに庭が見えます。)

Jnx_6635a

方丈の南庭は「切石の庭」と呼ばれています。苔地と白砂の州浜からなり、白砂の中央には二列の長形の石が平行に配置されています。左(東)に祖堂が見えます。

Jnx_6638a

中央は切石花壇になっていて牡丹が咲くといわれていますが、まだ見たことがありません。

Jnx_6674a

花壇の右の石の上にお地蔵さんがいました。三千院のわらべ地蔵と似ていますが、作者が同じか分かりません。右にこけしのような小さいお地蔵さんが寄りかかっています。

Jnx_6644a

本堂の中央には本尊の十一面観音が祀られています。

Jnx_6656a

方丈(本堂)は、江戸時代の寛永年間(1624-1643)に建てられました。

Jnx_6648a

方丈から阿吽洞に渡り廊下がつながっています。「阿吽洞」は彫刻家・佐藤玄々(さとうげんげん、1888-1963)が戦後の1949年に開いたアトリエです。

Jnx_6690a

佐藤玄々は福島県の宮彫り師の家に生まれ、上京して彫刻家・山崎朝雲に師事、30歳で朝山の号を得て独立、大森にアトリエを開きました。この庭は方丈東庭ですが、阿吽洞にちなんで「阿吽庭」と呼ばれています。

Jnx_6697a

日本美術院留学生としてアントワーヌ・ブールデルに師事、作品が認められ美術院や芸術院の会員となり、横山大観は天才と称しました。しかし、師と対立して号を返上、1945年空襲によりアトリエが全焼しました。(百日紅が咲いていました。)

Jnx_6699a

1948年から『老子』の一節から玄々と名乗り、孤高の天才彫刻家の代表作に皇居の「和気清麻呂像」(ブロンズ)や日本橋三越本店の「天女像 まごころ」(木彫彩色)があります。

Jnx_6714a

今年3月に三越本店で「生誕130周年 佐藤玄々(朝山)展」が開催されました。庭の向こうの「祖堂」は江戸時代の1666年に建立、本山妙心寺に売却後、近年(2003年)になって返却されました。

Jnx_6716a

阿吽庭は、中根金作(1917-1995)によって作庭された築山式枯山水庭園で、長方形の庭には手前に白砂と5色の17個の伏石を配置して、苔地には植栽がほどこされています。

Jnx_6718a

白砂と苔地の境界は緩やかな曲線になっていて、白砂の州浜は昇竜を表しているともいわれています。

Jnx_6743a

阿吽洞の正面にある苔地の築山に三尊像を表した石組があります。寺ではこの庭を第二の本堂と呼んでいるそうです。

Jnx_6747a

阿吽洞の東の生垣の向こうにも庭がありますが、情報がありません。拝観順路はここから方丈の裏(北)を通って入口に戻ります。

Jnx_6722a

大心院は、戦国時代の戦火により焼失して細川政元の下屋敷に再建されました。その後、安土桃山時代の天正年間(1573-1593)に細川幽斎の助力によって現在地に移転して妙心寺の塔頭になりました。

Jnx_6765a

その頃から宿坊を営み、当初は末寺の僧や行脚の雲水の一夜の宿でしたが、現在では一般に開放され、外国人にも人気のようです。(方丈の裏庭)

Jnx_6770a

向うに「家門繁栄、玄峰、堪忍」と書いた暖簾があります。山本玄峰(1866-1961)は和歌山県に生まれ結婚後の20歳過ぎに目を患い失明同然となってしまいました。弟に家督を譲って四国八十八箇所の霊場巡りに旅立ちます。

Jnx_6784a

7回目の遍路の途上高知県・雪蹊寺の門前で行き倒れとなり、和尚に助けられて寺男として働き始めました。勤勉振りから入門を勧められ修行を始め、後に雪蹊寺の住職になりました。(生活感のある内庭です。)

Jnx_6792a

その後全国で修行を続けていくつもの古刹を再建、諸外国に訪問の後に妙心寺の管長に推薦されました。次に住職となった三島市の龍沢寺には昭和の多くの著名人が参禅に訪れました。

Jnx_6800a

首相の鈴木貫太郎に終戦を勧め、天皇の終戦の詔「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」の文言を進言、象徴天皇制を発案したことでも知られています。

Jnx_6751a

「堪忍」は仏教用語で、私たちが生きているこの世を表す「娑婆」はインド語のサハーの当て字で、元々「堪え忍ぶ」という意味だそうです。暖簾には「堪忍袋」が描かれ、字は山本玄峰の墨蹟です。

Jnx_6732a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnx_6629a 

|

« 妙心寺塔頭・桂春院 緑の庭園を巡る | トップページ | 長建寺 中書島の弁才天 »

コメント

猛暑の時は、寺巡りがいいのかもしれませんね。
暑さの中にある静けさや涼しさは、逆にこの時期にしか
味わえない気がします。

投稿: munixyu | 2019年8月 8日 (木) 17:49

★munixyuさん こんばんは♪
そのつもりで庭を巡りました。少しは涼し気に見えると嬉しいです。

投稿: りせ | 2019年8月12日 (月) 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妙心寺塔頭・桂春院 緑の庭園を巡る | トップページ | 長建寺 中書島の弁才天 »