« 円山公園 東部の高台からひょうたん池へ | トップページ | 霊山観音 2019夏 »

2019年8月21日 (水)

円山公園 祇園枝垂桜から八坂石段下へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jny_0011a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事に続いて、円山公園のひょうたん池から東大路に向かいました。

上と下は「祇園枝垂桜」で円山公園にある枝垂桜、ソメイヨシノ、山桜などの中心的存在です。初代は昭和22年に樹齢220年で枯死、現在は2代目(樹齢90年程度)です。夏は葉が生い茂っています。

Jny_0012a

昨日の記事と同様にGoogleMapです。自由に移動・拡大・縮小ができて料亭の位置が確かめられます。

左(南)の道を行くと、八坂神社の東南の鳥居から境内に入ります。

Jny_0018a

ひょうたん池の前にベンチが設けられて、いつも観光客が休んでいます。

Jny_0021a

南禅寺南門の近くに「いもぼう平野家本家」 京都の名物料理「いもぼう」の本家です。江戸中期に初代は、仕えていた青蓮院の宮様から九州土産に唐芋(とうのいも)を頂きました。

Jny_0029a

この地で栽培すると立派に育ち海老に似た独特の形と縞模様を持った「海老芋」(えびいも)となりました。宮中への献上品の棒鱈(ぼうだら)と一緒に炊き上げる工夫を重ねて考案した「出会いもん」がいもぼうです。

Jny_0037a

「祇園相撲茶屋いころ」 先代の創業者は力士で、四季を通じて農家直送の京野菜や京都の素材を使った本格的なちゃんこ鍋が頂けます。

Jny_0048a

先代は北海道出身の元小結・沢光(さわひかり)で、現役時代は173cm、105kgと小柄でしたが、大相撲の黄金時代のひとつ「柏鵬時代」に幕内力士として活躍しました。

Jny_0050a

向かいの「いふじ」は創業70年の京料理、鍋物のお店です(全席予約のみ)。牛肉のしゃぶしゃぶが名物ですが、現在「鱧(はも)しゃぶ」も始めたそうです。きれいなお庭があります。

Jny_0044a

「zucca da vino(ズッカ・ダ・ヴィーノ)」 4年半のイタリア修行を経たシェフが町家を改装してイタリアンを開業(完全予約制)。京都の旬の食材をふんだんに使ったお箸で頂く前菜盛り合わせから、本場のパスタや肉料理までコース仕立てです。

Jny_0056a

おなじ塀で囲まれているので上のイタリアンと思われます。

Jny_0058a

「利休庵」 豆腐料理、湯葉料理のお店です。お手軽な値段で知られていますが、まだ開店していないか定休日のようでした。

Jny_0067a

向かいにもいもぼう平野屋本家の建物があります。吉川英治や川端康成はいもぼうの味をほめたたえ、松本清張は小説「球形の荒野」の重要な場面にこの店を登場させました。

Jny_0063a

「志ぐれ」 大正2年の創業の京料理のお店です。懐石料理は毎月メニューが変わり、その中の煮物、焼物、揚物などいくつかは自分でメニューを選ぶこともできます(予約で同一グループは同じメニューとか)。

Jny_0071a

「鳥久」 現在出している夏の涼会席は、活鱧の造りやしゃぶしゃぶなどの鱧料理をはじめ、加茂茄子の揚げ出しや冷しあんかけ、活たこの酢物や、鮎の炭火焼きなどの旬の味覚いっぱいの豪華な料理だそうです。

Jny_0073a

お座敷は竹で囲まれていて涼し気です。

Jny_0074a

「ぎをん梅の井 陶泉房」 大正3年創業の鰻と京料理の老舗です。慣れ親しんだ賑やかな縄手筋を離れ、創業100年にあたる平成26年にこの地に移転して新たな歴史を刻むこととなったそうです。

Jny_0077a

「大弓射場 園山(えんざん)」 浪人となった萩藩士・福井元造は、日置(へき)流弓術の免許皆伝の腕前で、文久2年(1862)、円山公園に大弓場を開きました。元造は捕えられ獄死しますが、息子、孫に引き継がれました。

Jny_0082a

ちなみに大弓(だいきゅう)とは最もサイズが大きい本格的な弓のことだそうです。少し暑さがゆるんできて、猫がくつろいでいます。

Jny_0080a

「食処 うろこ」 看板には天ぷらセット、ミニ定膳、ゆどうふセット、各種鍋物、かき氷各種などと書いてあり、奥に抹茶ソフトクリームののぼりもあります。

Jny_0092a

「祇園円山 かがり火」 南禅寺の順正の経営で、お手頃な値段で湯豆腐や湯葉鍋などの豆腐料理、すき焼き、鰻などが頂けます。大広間から小さなお部屋まであり、様々な会合に利用できます。東大路のすぐ裏ですが、鬱蒼とした林の中にあります。

Jny_0096a

向うに「祇園会館」のタイル壁画が見えてきました。ここでは11月に「祇園をどり」が行われ、通常は「よしもと祇園花月」が興行しています。もうすぐ八坂神社の石段下です。

Jny_0102a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jny_0065a

|

« 円山公園 東部の高台からひょうたん池へ | トップページ | 霊山観音 2019夏 »

コメント

もの凄く和風な建物なのにイタリアンのお店と言われると
面白いですね。
円山公園は、公園なのにお店や旅館など
いろんなものがあって、いいところですよね。
お店など1つ1つゆっくり見て回りたいものです。

投稿: munixyu | 2019年8月21日 (水) 14:41

★munixyuさん こんばんは♪
街中の料亭とは違い、敷居が高くなくて庶民的なのが特徴です。それでも多くの観光客が通る場所ではないので、経営が難しいことがあるかも知れません。

投稿: りせ | 2019年8月23日 (金) 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 円山公園 東部の高台からひょうたん池へ | トップページ | 霊山観音 2019夏 »