« 祇園祭・神輿洗と三つの祭列 | トップページ | 祇園白川 紫陽花と石仏たち »

2019年7月14日 (日)

木屋町通を歩く 六角通から四条通まで

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnw_7265a
※写真は全てクリックで拡大します。

「木屋町通を歩く」では、今まで北端の二条通から出発して三条と四条の間の六角通まで来ました。最終回の今日は四条通まで歩きます。

上は「六之舟入址」、下は「食材センターODA 京都小田店」です。世界の食材・酒18000種とあり、看板の字は仁和寺門跡の書だそうです。 

Jnw_7272a

「先斗町駿河屋」 先斗町の和菓子屋さんですが、ここが入口のようです。上品な一口わらび餅、竹筒に入った水ようかん、「花あずき」や「ちどり」が名物です。

Jnw_7277a

地階の「麺屋 吉匠丸 木屋町店」は、旨辛海老つけ麺と銘打って、海老の風味を生かした辛味のタレに、麺の量を選べます。1階の「無双流」は肉寿司と串焼きが美味しいという居酒屋です。

Jnw_7305a

町家風の交番の正式名称は「中京警察署 木屋町警備派出所」です。かって警察官の詰め所は派出所と呼ばれ、平成6年から交番に名称変更されました。しかし、重要地域や空港などの警備に警備派出所という名称が残っています。

Jnw_7311a

「麺房 美よし」 創業90年の麺類の老舗で、外国からの旅行者にも人気だそうです。

Jnw_7312a

「七之舟入址」 現在は舟入はありませんが、一之舟入と同様に「高瀬舟」が置いてあります。向うに「七之舟入駐輪場」があります。

Jnw_7321a

「土佐藩邸跡」 土佐藩主の山内家の藩邸があった場所に立誠小学校が建てられました。右の通りは蛸薬師通で、西にある通りの名をそのまま使用しました。この通りを西に行くと、

Jnw_7327a

「土佐稲荷(岬神社)」があります。当初は、鴨川の中洲の岬に祠があったので岬神社と呼ばれていました。江戸時代初期に土佐藩邸内に移され、土佐稲荷の名でこの地域の産土神として広く信仰されてきました。

Jnw_7340a

坂本龍馬や中岡慎太郎らの土佐藩士も詣でたと考えられ、おなじみの龍馬像が置かれています。

Jnw_7359a

「いろはかるた本店」 歓送迎会に適した宴会料理のお店で、学割コース、飲み放題つき陶板焼きコース 、夏得コースなどがあります。早得コースは1月以上前に予約すると幹事様1名無料だそうです。

Jnw_7370a

立誠小学校の跡地に、ホテルを併設した複合施設が建設中です。地域のシンボル的な旧校舎は一部を解体、主要な外観や内装は保全され、
耐震改修を施して、2020年7月に「ザ・ゲート立誠京都(仮)」としてオープンの予定です。

Jnw_7392a

「立誠図書館」 旧立誠小学校の校舎は、文化活動や地域交流の場として利用されてきました。複合施設が建設中でも文化活動を継続するため昨年4月に開館。旧校舎で営業していた喫茶店もここに移転しました。

Jnw_7418a

立誠小学校校舎で上映していた「立誠シネマ」は「出町枡形商店街」で再出発しています。上の写真に「八之舟入址」の石碑があります。

Jnw_7387a

「だいあん」 京料理、海鮮、お肉の居酒屋で2時間呑み放題がついた各種コースがあります。席もカップルシート、4人テーブル、個室があり、インターネットで空室確認、予約が可能です。

Jnw_7428a

「京・黒桜」 鹿児島・宮崎でチャンピオン牛を何度も輩出する農場と専属契約を結び、和牛で最高評価の「A5ランク黒毛和牛」のみを取り扱う京都で唯一の焼肉専門店です。全席個室仕様だそうです。

Jnw_7450a

右手間の「木屋町 蘭」は上等なネタを提供する有名寿司店で、鯖の棒寿司やちらし寿司、会席料理もあります。店先に古い道標があります。

Jnw_7468a

「IZUTSU HOTEL」 ちりめん洋服を考案したた田村佐起三が主宰する 「さきぞう」が開業したホテルで、享保8年(1723)に始まる田村家の屋号が「井筒屋」です。両側に「田村佐起三生誕の地」「さきぞう創業の地」の石碑があります。

Jnw_7431a

「ほるもん大社」 1階は焼き場を囲むテーブル席で、様々なお肉を串焼きにしてくれ飲食に集中できます。2階は座敷席です。高瀬川沿いには様々なホルモンの部位の提灯が並んでいます。

Jnw_7445a

「海と空」 沖縄料理・沖縄そばのハイビスカス食堂です。空色の地にハイビスカスが目印です。

Jnw_7452a

1階は「STANDING BAR」、2階のおばんざい屋「くのいち」は1階にも席があります。

Jnw_7482a

「もつ鍋 やまや」 新鮮な国産牛「もつ」を使用、オススメはあごだし醤油だそうです。「あごだし」は長崎産焼きあごから取った出汁でシメの雑炊、ちゃんぽん麺は絶品とか。

Jnw_7491a

「芋蔵」 250種類以上の焼酎を取り揃え、看板メニューの九州やんちゃ盛りは、黒豚二種+桜島鶏串二種+博多巻き串二種+黒豚ソーセージが熱々の溶岩プレートに乗っています。熊本名物の馬刺し、博多の野菜巻き串も店長オススメとか。

Jnw_7493a

写っていませんが、上の写真の左には、「九之舟入址」があります、四条通の近くに喫煙所やベンチがあります。

Jnw_7513a

「もみじ」 立ち飲み屋さんで、新鮮な魚介類をはじめ、串焼きや野菜類も美味しいとか。日替わりの「大将の宝石箱」も好評で、酒飲みには人気のお店だそうです。

Jnw_7516a

「長次郎」 回転寿司のお店ですがにぎり長次郎と同様にネタはよく、外人さんが多いそうです。すぐ横の四条通との交差点にはマツモトキヨシがあります。

Jnw_7518a

四条通から高瀬川を振り返って。

Jnw_7523a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnw_7458a 

|

« 祇園祭・神輿洗と三つの祭列 | トップページ | 祇園白川 紫陽花と石仏たち »

コメント

ちょっこっと京都に帰っていたのですが、ず~とそちらはお天気で助かりました。こちらに11日に戻ったのですが、梅雨空が続き寒くてびっくりです。時間が空いた時、久方ぶりに懐かしいところを市バスに乗って小さな旅をしてきました。赤いバスにもすれ違いました(*^^)v。

投稿: Tacchan | 2019年7月14日 (日) 12:14

★Taccha~n こんばんは♪
祇園祭の鉾たてが始まった10日くらいから、こちらは梅雨空になりました。
あの赤いバスには誰でも乗れますが、市バスとは別料金だから乗ったことはありません。
バスに1日乗ってると京都見物出来て楽しいです。

投稿: りせ | 2019年7月14日 (日) 22:28

なんとなく涼しい感じの通りですね。
沖縄料理のお店もあって、
京都は食べ物に関しては、何でも揃っている気がします。
本当にいいところですよね。

投稿: munixyu | 2019年7月16日 (火) 13:09

★munixyuさん こんばんは♪
沖縄や九州の料理は人気があるようですね。

投稿: りせ | 2019年7月20日 (土) 02:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祇園祭・神輿洗と三つの祭列 | トップページ | 祇園白川 紫陽花と石仏たち »