« 祇園祭・お迎え提灯 本能寺で舞踊を奉納 | トップページ | 木屋町通を歩く 六角通から四条通まで »

2019年7月13日 (土)

祇園祭・神輿洗と三つの祭列

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnx_0923a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の続きです。祇園祭のお迎え提灯の行列はまだ本能寺を出発していませんでしたが、私は寺町通を下って御旅所の前まで来ました(上)。

Jnx_0916a

さらに四条大橋の上まで来ると、夜(7月10日)ここで行われる神輿洗会を見るために大勢の方が待ち構えていました。

Jnx_0934a

八坂神社の祭礼としての祇園祭は、7月17日の神幸祭、24日の還幸祭が中心です。3基の神輿に乗った八坂神社の祭神たちが、氏子地域を巡回して、街と人々の平安を守る儀式です。

Jnx_0940a

主祭神の素戔嗚尊が乗る中御座(なかござ)神輿を、輿洗神用水(あらかじめ鴨川の水を汲んであります)で洗い清めるのが神輿洗会(みこしあらいえ)です。橋の中央に斎場を示す笹があります。

Jnx_0943a

警察官の方によると、神輿洗会の際には橋の上で立ち止まって写真を撮ることはできないそうです。実際にどのような状態になるのか分かりませんが、近くで写真を撮るのは諦めました。

Jnx_0961a

四条大橋の東詰でお迎え提灯の行列が追いついて来ました。先頭は児武者の子たちで、それぞれ小さな提灯を持っています。

Jnx_0977a

次は小町踊の女子小中学生です。

Jnx_0993a

列のあちこちに並ぶ御神燈にも灯がともっています。

Jnx_1003a

お向かえ提灯では重要な役目をする鷺踊の皆さん。

Jnx_1015a

鷺踊で活躍した最年少の赤熊の子供、元気そうです。

Jnx_1032a

祇園祭音頭の皆さん。八坂神社を出発したときには、馬に乗った馬長稚児が殿(しんがり)を務めましたが、姿がありません。暗い上に、松明や威勢のよい神輿とすれ違うので乗馬は危険なのかも知れません。

Jnx_1056a

お迎え提灯の行列を追いかけて四条通を東に歩いていると、八坂神社から出発した「道調べの儀」の行列とすれ違いました。

Jnx_1063a

道調べの儀は、長さが5mもある大松明と神輿の担ぎ手が八坂神社と四条大橋の間を往復して、神輿洗会の道筋を清める儀式です。

Jnx_1093a

この日の午後、八坂神社「神輿洗奉告祭」が行われ、その後で御神火が大松明に点けられました。祭列は四条大橋の上まで行き、ここで大松明を立てます。

Jnx_1130a

神輿洗の担ぎ手は、法被に四の字がある「四若神輿会」の皆さんです。ところが、神幸祭・還幸祭の神輿渡御では中御座神輿を「三若神輿会」が担ぎます。(祭列は八坂神社に戻ります。)

Jnx_1152a

一方、主祭神の妻・櫛稲田姫命 (くしなだひめのみこと)が乗る東御座神輿を四若神輿会、8人の子供・八柱御子神 (やはしらのみこ)が乗る西御座神輿を「錦神輿会」が担ぐことになっています。(花見小路まで来ました。)

Jnx_1168a

神輿洗会の祭列が来ました。先頭は「宮本組」の皆さんです。宮本組は、古くから八坂神社や祇園祭の祭礼を執り行ってきた祇園社の宮座で、神輿洗神用水や神輿洗の儀式は宮本組が斎行します。

Jnx_1190a

神輿渡御と神輿洗で中御座神輿の担ぎ手が異なることは、三つの神輿会の歴史に関係しています。(神輿洗会の祭列には前後二本ずつの大松明が登場します。)

Jnx_1210a

江戸時代の元禄の頃から、三条台若中(三若組)が神輿渡御の一切を引き受けてきました。やがて、三条台村が衰退して三若組だけでは三座を渡御させることが困難となりました。

Jnx_1224a

江戸末期には、東御座は木屋町四条辺りの高瀬川船頭衆(四若)が受け持つようになり、その後東山三条の人たちが中心となり「四若組」を作り、現在の四若神輿会になりました。

Jnx_1242a

西御座は、大正末には壬生村の人たちが担って「壬生組」と称し、戦後には錦市場の人たちの「錦神輿会」が奉仕するようになりました。(中御座神輿は六角形をしていて、まだ主祭神は乗っていません。)

Jnx_1253a

詳しい経緯は分かりませんが、神輿洗会も三若組に代わって四若神輿会が担ぎ手となりました。このときの中御座神輿の轅(ながえ、担ぎ棒)は東御座神輿のものが使われています。

Jnx_1274a

四条大橋で神輿洗会が行われた後、午後8時半頃に八坂神社に戻る中御座神輿をお迎え提灯の皆さんが迎えます。今年も最後まで見ることができず、ここから帰宅しました。

Jnx_1289a

八坂神社に戻った中御座神輿は、他の二つの神輿とともに飾り付けが行われます。16日の宵宮祭で祭神たちが三基の神輿に乗り込み、17日の先祭の山鉾巡行の後にそれぞれ違うルートを通って神輿渡御が行われ御旅所に遷ります。

Jnx_1301a

そして、24日の後祭の山鉾巡行の後、3基の神輿は八坂神社に帰ってきます。行列の最後に消防署員の皆さんが火の粉を消して歩きます。

Jnx_1311a

実は還幸祭の後、神輿を神輿庫に納める前(7月28日)にも、四条大橋で中御座神輿の神輿洗が行われます。下の2枚は10年以上前の写真ですが、ご参考まで。

Image190713a

御神水が身体に振りかかると無病息災になるというのですが、大雨の中で御神水か雨か区別がつきませんでした。

Image190713b

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnx_1091b

|

« 祇園祭・お迎え提灯 本能寺で舞踊を奉納 | トップページ | 木屋町通を歩く 六角通から四条通まで »

コメント

やっぱり夜になってくると、お祭りらしくなりますよね。
鷺の役の子供たちも、みんなお疲れ様です。

投稿: munixyu | 2019年7月16日 (火) 12:54

★munixyuさん こんばんは♪
お返事が滞りすみませんでした。鷺踊の子供は普段から練習しているようで、いい経験だと思います。

投稿: りせ | 2019年7月20日 (土) 01:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祇園祭・お迎え提灯 本能寺で舞踊を奉納 | トップページ | 木屋町通を歩く 六角通から四条通まで »