« 建仁寺 境内東の塔頭と史跡 | トップページ | 建仁寺 境内北西と境外の塔頭 »

2019年7月21日 (日)

伏見稲荷大社 宵宮祭2019

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnx_2930a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日行われた伏見稲荷大社の宵宮祭に行ってきました。翌日(21日)には、稲荷大神の分霊を祀る全国の崇敬者が総本宮に参拝し、日々の御神恩に感謝する大祭(本宮祭)が行われます。


午後6時前に着くと、提灯はあるものの人出はいつもと同じようなものでした。といっても、最近ではいつも混雑しています。

Jnx_2935a

しばらくすると、表参道を学生たちによる舞踏が始まりました。京都の学生よさこいサークル「京炎そでふれ」による演舞です。最初は1回生による京炎そでふれ!SPバージョンだそうです。

Jnx_2959a

次に、上回生による2018年度演舞・歌舞吼で、さすがに激しい演舞でした。毎年、8月になると新しい演舞が披露されるそうです。

Jnx_2970a

午後6時、境内に散在する石灯籠や数千(あるいは1万ともいわれます)の献納提灯に灯を点す万灯神事が行われますが、まだ明るくてよく分かりません。

Jnx_3087a

しばらくすると参集殿の前で、「TAIKO-LAB」の皆さんの和太鼓が始まりました。京都の(株)太鼓センターが運営する和太鼓教室で、東京にも支社があるそうです。この後、宵宮踊り(盆踊り)が行われます。

Jnx_3102a

外拝殿や楼門周辺には、京都近郊の日本画家や洋画家、工芸作家らによって描かれた行灯画、400点以上が飾られています。

Jnx_3142a

薄暗くなってきて、鮮やかに画が浮かび上がります。

Jnx_3144a

奥の院まで行くことにしました。本殿の左手にある権殿には五社が祀られています。

Jnx_3158a

授与所にも提灯が飾られています。

Jnx_3165a

最近は夜でも稲荷山に上る方が多いのですが、この日は特に混雑していました。

Jnx_3169a

ここから、鳥居に囲まれた参道が始まります。

Jnx_3185a

しばらくして参道が二つに別れる区間が「千本鳥居」と呼ばれ、右側一方通行になっています。

Jnx_3189a

めったにありませんが、ちょっと列が途切れたました。

Jnx_3216a

奥の院は大勢の人であふれていました。

Jnx_3221a

ここに飾ってある提灯は稲荷小学校の6年生の作品だそうです。

Jnx_3227a

重軽石、最近では外国人の方もよくご存じのようです。

Jnx_3234a

帰りは千本鳥居の出口から脇の参道に抜けるのが順路になっています。

Jnx_3249a

この道は表参道と裏参道の間にあり、あまり照明はありません。

Jnx_3257a

「啼鳥菴(ていちょうあん)」、今年の4月にオープンした休憩所で、入って右は無料休憩所で「八島ヶ池」を望むテラス席が30あります。左はカフェ「稲荷茶寮」です。

Jnx_3265a

本殿(左)と内拝殿(右)、空が紺色になってきました。

Jnx_3276a

内拝殿の前から、外拝殿。

Jnx_3284a

提灯の上には短冊があります。

Jnx_3285a

楼門をくぐります。この大提灯は見事です。

Jnx_3299a

表参道と二の鳥居、右に提灯が途切れているところには手水舎があり裏参道や商店街への通路になっています。

Jnx_3302a

表参道は人であふれてきました。下の方の黒くなっているのは人の影です。

Jnx_3310a

二の鳥居と楼門。学生さんによる演舞が行われたところです。

Jnx_3319a

献納提灯は大きいのと小さいのがあるようです。提灯は今日(21日)の本宮祭でも点されます。

Jnx_3325a

Jnx_3332a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnx_3298a

|

« 建仁寺 境内東の塔頭と史跡 | トップページ | 建仁寺 境内北西と境外の塔頭 »

コメント

普通より少し赤の濃い提灯がいいですね。
涼しさを感じます。

投稿: munixyu | 2019年7月21日 (日) 14:45

空が紺色になってからの、提灯に映ししだされる本殿、拝殿、
鳥居、楼門の美しさは、ちょっとこの世でないどこかにいる
ような気分になってしまいます。
りせさんの提灯のお写真、素敵ですね。

投稿: 8mama | 2019年7月22日 (月) 01:00

★munixyuさん こんばんは♪
提灯の一つ一つに奉納したお店や会社の名前があって、伏見稲荷は商売の神だということを再認識しました。

投稿: りせ | 2019年7月23日 (火) 22:56

★8mamaさん こんばんは♪
空がきれいな紺色になるのは10分間程度なので、その間にいろいろな写真を撮るのに焦ります。ちょうど空と灯りが同じ程度の明るさなので、テクニックは必要ありません。

投稿: りせ | 2019年7月23日 (火) 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 建仁寺 境内東の塔頭と史跡 | トップページ | 建仁寺 境内北西と境外の塔頭 »