« 東本願寺岡崎別院 親鸞ゆかりの地 | トップページ | 上賀茂神社 摂末社と神山湧水 »

2019年6月18日 (火)

上賀茂神社 渉渓園の花菖蒲と神宮寺

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnw_4684a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日は上賀茂神社に行ってきました。一の鳥居から入り、二の鳥居の手前で右の「ならの小川の歌碑」(藤原家隆)の方に行きます。

Jnw_4691a

境内を流れる「ならの小川」を渡ると、左に庭園「渉渓園」があります。花菖蒲が見頃ということで特別公開中でした。

Jnw_4702a

「渉渓園」は昭和35年(1960)浩宮徳仁親王(現天皇陛下) の生誕の奉祝行事として整備された庭園で、曲水の宴などの神事が行われてきました。

Jnw_4704a

この庭園を流れる小川に花菖蒲のプランタンが並べられ、その底は水に浸かっているので小川沿いに花が咲いているようです。向うは摂社の「賀茂山口神社」の拝殿で、本殿はその向うにあります(渉渓園の外)。

Jnw_4710a

庭園の中央にある「睦(むつみ)の木」 樹齢300年以上のスダジイの木で、一つの根から何本もの太い幹が伸びていることから、家族の結びつきを象徴しているといわれています。

Jnw_4740a

この場所はかって神宮寺(神仏習合の時代に神社を管理する寺)があり、明治に廃寺となった跡地です。花菖蒲を見て回る途中ですが、その神宮寺のゆかりの場所の写真を何枚か載せます。

Jnw_4715a

本殿への拝観のために楼門前まで行く道です。

Jnw_4804a

楼門前の「玉橋」(重文)のたもとに「片山御子神社」(重文、通称・片岡社)があります。上賀茂神社の祭神である賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)の母神、賀茂玉依姫命(かもたまよりひめのみこと) を祀ります。境内の摂末社の中で第1摂社に定められています。

Jnw_4819a

天正19年(1591)には神社の最高位「正一位」の神階が授けられました。祭神は縁結び、恋愛成就、家内安全、子授け、安産の神様として知られ、源氏物語の作者・紫式部も参拝しました。

Jnw_4829a

賀茂玉依姫命は、天に昇ってしまった上賀茂神社の祭神を神山に呼び戻し、神社創建の契機となりました。今でも、上賀茂神社恒例の祭典には、先づ片岡社で祭りを行う事が習わしとなっているそうです。

Jnw_4824a

絵馬は紫式部がモデルで、その歌「ほととぎす 声待つほどは 片岡の もりのしづくに 立ちやぬれまし」が書かれています。ならの小川を下ったところにその歌碑があります。

Jnw_4892a

渉渓園があった場所には、この片岡社の神宮寺が建っていました。さらに東に行くと、神宮寺の基壇跡を示す石組みが置かれています。この辺りには、礎石も残っています(渉渓園の東です)。

Jnw_4984a

神宮寺は平安時代末と室町時代の2回焼失しましたが再建され、明治になって取り壊されました。しかし、その鎮守社の「二葉姫稲荷神社」は現存しています。上賀茂神社の孫社にあたりますが、その摂末社の中には含まれないようです。

Jnw_4911a

ただし、昨年の台風によって鳥居の多くに被害があり、その修理の義援金募集は上賀茂神社の社務所が行っています。神仏分離令の手前、鎮守社を境内に置くわけにはいかず、片岡山(神宮寺山)の中腹に遷されたようです。

Jnw_4922a

神宮寺には神宮寺池がありましたが、廃寺とともに埋立てられました。池には竜神が住んでいて、その怒りを抑えるために祀られた八嶋龍神もこの場所に遷されています。

Jnw_4924a

八嶋龍神の右隣に「御影龍神」があり、卵型の斑石が祀られています。こちらも神宮寺池にゆかりがあるようです。

Jnw_4931a

「二葉姫稲荷神社」は立派な社殿があり、宇迦之御魂を祀り、神紋は上賀茂神社と少しデザインは違いますが二葉葵です。

Jnw_4952a

二葉姫稲荷神社からは見晴らしがよく、市内全域が見渡せます。東の方には大文字が見え、ここからは背後にある如意が岳の方が高いことが分かります。

Jnw_4974a

渉渓園に戻る途中に二葉葵の群生が見られます。かっては自然の群生地だったものを、最近復元したものです。最近あちこちで二葉葵が植えられいますが多くは鉢植えで、こちらは環境が適しているようです。

Jnw_4980a

もう一度渉渓園の写真です。神宮寺池は晴池とも呼ばれ、大田神社の雨石と対をなす晴石がありました。雨石を叩くと雨が降り、晴石を叩くと雨が止むとされてきました。

Jnw_4717a

神宮寺池(晴池)を埋めたとき、池の底から出たという石が渉渓園に置かれています。「願い石」(陰陽石) 陰と陽の石が融合しているとされ、両手で同時に石を触れて、賀茂山口神社に参拝すると願いが叶うとされます。

Jnw_4738a

「賀茂山口神社」(重文)はかっての式内社で沢田神社ともよばれ、田の神、山の神の御歳(みとし) 神を祀ります。本宮や神領地の田畑、森を守護する神で、万物の成長、育成をつかさどるとされます。

Jnw_4735a

先日の平安神宮神苑の花菖蒲でお勉強したところによると、渉渓園の花菖蒲はまだ一番花で、見頃はまだ続きそうです。

Jnw_4749a

時々、神官に付き添われて団体がやってきます。本殿などの拝観のコースの一部になっているのかも知れません。

Jnw_4756a

この後、他の摂社や社殿、新しい名所を見て回りました。

Jnw_4754a

Jnw_4727a  

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnw_4731a 

|

« 東本願寺岡崎別院 親鸞ゆかりの地 | トップページ | 上賀茂神社 摂末社と神山湧水 »

コメント

とにかく去年の台風は凄く、恐ろしいものでしたよね。
被害の規模が桁外れでした。
花菖蒲は、静けさや涼しさがあっていいですよね。
夏の安らぎを感じます。

投稿: munixyu | 2019年6月18日 (火) 12:43

★munixyuさん こんばんは♪
何年も前から渉渓園の花菖蒲が公開されていたようです。今回初めて見頃の時に訪れました。

投稿: りせ | 2019年6月20日 (木) 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東本願寺岡崎別院 親鸞ゆかりの地 | トップページ | 上賀茂神社 摂末社と神山湧水 »