« 圓光寺 家康が開いた学問所から研修道場へ | トップページ | 本願寺北山別院 親鸞と与謝野礼厳 »

2019年6月 8日 (土)

西寺跡と鎌達稲荷神社

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnw_2848a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日の記事の羅城門跡の西に西寺跡があり、その北に鎌達(けんたつ)稲荷神社があります。

Jnw_2850a

「鎌達稲荷神社」は、室町時代後期の1538年頃、陰陽師・安倍晴明の子孫、土御門家により祭祀が行われたといわれ、当初は葛野郡七条村大字梅小路字東頭(現・梅小路八条)の土御門邸の東にあったとされます。

Jnw_2868a

土御門家は安倍晴明の末裔ですが、室町時代になってそれまでの本姓の安倍ではなく、土御門という家名を名乗るようになりました。末社の「白菊稲荷大神」

Jnw_2852a

平安時代末期頃から、複雑となった貴族の家系を区別するために、本家や各分家が所領の地名などを家名として名乗るようになりました。 「本殿」

Jnw_2865a

江戸時代の初期と末期に社殿を再建した記録があるそうです。本殿には祭神として、倉稲魂命(うかのみたまのかみ)および猿田彦命(さるたひこのみこと)を祀ります。

Jnw_2878a

倉稲魂命は農耕の神(稲荷神)、猿田彦命は導きの神で、様々な勝負事、五穀豊穣・商売繁盛、交通安全・子どもの守護、出世や開運、夫婦和合などのご利益があるとされています。

Jnw_2880a

本殿の右奥に、左から「宇賀神」、「浄蔵貴所之墓」、「黒住大明神」、「坂杦大明神」という石碑があります。 浄蔵貴所(じょうじょうきしょ)は平安時代の僧で、八坂庚申堂(金剛寺)を建立、祇園祭の山伏山のモデルといわれます。

Jnw_2885a

明治44年(1911)国鉄の梅小路軌道の拡張工事によって鎌達稲荷神社は現在地に移転、平成8年(1996)現在の社殿が建てられました。

Jnw_2903a

境内の西から西寺跡がある公園が見えます。こちらの戸は閉まっているので、もう一度鳥居をくぐって通りから公園に入ります。

Jnw_2907a

平安遷都の年(796)、東寺と西寺の造寺長官に藤原伊勢人が任命され、797年には従五位上・笠朝臣江人(かさのあそんえひと)が造西寺次官に任命されました。 「唐橋西寺公園」

Jnw_2929a

二つの寺は平安京に唯一建てられた官寺で、812年には東西寺で夏安居(けあんご)を行うことが定められました。夏安居は夏の3ヵ月の間、僧侶が一か所に籠って修行することです。南西の角に公園の入口があります。

Jnw_2948a

823年嵯峨天皇より、東寺は空海に、西寺は守敏(しゅびん)に与えられました。その後、西寺では金堂、講堂、塔などが順次建設されました。(この日は日曜日で、公園には犬の散歩や親子連れの家族が見られました。)

Jnw_2950a

 平安時代中期には西寺は国家鎮護の寺として栄えましたが、990年に塔を除いて多くの伽藍が焼失しました。その後も再建、焼失がありました。

Jnw_2951a

東寺は民間(空海)に下賜され真言宗の寺院となりましたが、西寺は守敏に下賜された後も官寺としての役割を果たし、東寺より格上とされました。しかし、鎌倉時代の1233年五重塔が焼失、その後再建されることはなく廃寺になりました。

Jnw_2953a

西寺では国家により様々な行事が行われてきましたが、平安時代末頃から律令制が崩壊し西寺を再建する意義や財力がなくなったと考えられます。西寺の建物の礎石が置かれています。

Jnw_2955a

大正10年(1921)伽藍があった中心部は国の史跡に指定されました。この小山は、もともと講堂の基壇(土台)があった場所で、戦前に松尾大社の御旅所となり神輿を乗り上げるために盛り土された土塁です。

Jnw_2960a

昭和34年(1959)から30年にわたる発掘調査によって、講堂、食堂、金堂、中門、南大門など様々な建物跡が発見され、礎石や瓦などが出土しました。寺域は東西250m、南北510mと広大で、東寺とほぼ同規模だったと考えられています。「史跡 西寺址」

Jnw_2974a

小山の上から、かろうじて東寺の五重塔の先端(相輪)が見えます。二寺が健在のときには、他に高い建物がないので二つの塔が門柱のようにそびえ立っていたと思われます。

Jnw_2963a

コンド山は「金堂山」のことで、大正時代にはここが金堂跡だと考えられて史跡に指定されました。いずれにせよ、松尾大社の御旅所のとき、基壇跡に盛り土したことは遺跡の保存に役立ったと考えられています。

Jnw_2981a

近年の発掘調査では、22m四方の市内最大規模の井戸跡なども見つかりました。また、現在判明している遺構から、建物の細部にわたるまで西寺が東寺と対称に造られていた可能性が高まっています。

Jnw_2918a

公園の南側の道をはさんで、昭和8年に開校した「唐橋小学校」が建っています(写真の背後)。その敷地もかっての西寺の寺域に含まれていました。

Jnw_2999a

ところで、この辺りの地名「唐橋」は、羅城門の外に架けられていた橋に由来するそうです。平安京の京域は中国の都のように城壁では囲まれておらず、土塁と溝で囲まれていたと考えられています。

Jnw_2943a

周囲の道路のマンホールの蓋。

Jnw_3014a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnw_2933a

|

« 圓光寺 家康が開いた学問所から研修道場へ | トップページ | 本願寺北山別院 親鸞と与謝野礼厳 »

コメント

公園の砂地にも夏を感じますよね。
最後のマンホールの蓋。
ハートが可愛いですね。

投稿: munixyu | 2019年6月 9日 (日) 17:58

★munixyuさん こんばんは♪
今まであまりマンホールの蓋に注意していませんでしたが、西寺跡は気が付きました。

投稿: りせ | 2019年6月11日 (火) 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 圓光寺 家康が開いた学問所から研修道場へ | トップページ | 本願寺北山別院 親鸞と与謝野礼厳 »