« 八大神社 2019初夏 | トップページ | 西寺跡と鎌達稲荷神社 »

2019年6月 7日 (金)

圓光寺 家康が開いた学問所から研修道場へ

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnw_3671a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事の八大神社を後に、圓光寺を訪れました。「圓光寺」は山号を瑞厳山(ずいがんざん)という臨済宗南禅寺派の寺院です。上は山門、下の写真には参道を上ったところにある中門が見えます。

関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康は、慶長6年(1601)に臨済宗の僧・三要元佶(さんようげんきつ)を開山に招いて伏見に圓光寺を創建し、学問所「伏見学校」としたのが始まりです。

Jnw_3702a

伏見学校は僧俗問わず門戸が開かれ、家康は多数の書籍や木活字を寄贈、儒学者の藤原惺窩(せいか)、朱子学の林羅山らも講義を行いました。「奔龍庭」は白砂を雲海に見立て、天空を自在に奔る龍を石組で表した平成の枯山水、奥は宝物館の「瑞雲閣」。

Jnw_3714a

圓光寺の一角では、家康から贈られた木活字版により多数の書籍が印刷・出版され、「圓光寺版」といわれました。開山の元佶は閑室(かんしつ)元佶とも呼ばれ、以心崇伝らとともに家康のブレーンとして寺社奉行などを務めました。「玄関」

Jnw_3722a

中門を入ると水琴窟があります。縁が広い盃型の手水鉢を用いた水琴窟はあまり例が無く、古くから「圓光寺型」として多くの趣味人に愛されてきたそうです。いつも季節の草花が添えられています。

Jnw_3788a

「本堂」には本尊の千手観世音坐像を祀ります。ここから入り、右の書院に行きます。

Jnw_3739a

後に圓光寺は相国寺の境内に移りましたが、元和年間(1615-1623)に焼失、1623年に大名・細川忠利が再建しました。沢雲住持の時の1667年、幕命によって現在地の修学院村に移転し「洛陽学校」とも呼ばれました。

Jnw_3742a

書院の裏庭の向こうに、明治の元勲・岩倉具視公がつくった茶室「待月庵」があり、四季折々に茶会が開かれるそうです。

Jnw_3743a

「十牛之庭」 仏道入門から悟りに至る十の道程を牛と牧童で表した「十牛図」を題材にした枯山水庭園です。牛は人間が生まれながらに持っている仏心を表し、牧童が逃げた牛を探す様を悟りにいたるまでの道程とみなします。

Jnw_3769a

懸命に探し求めていた悟りは、自らの心の中にあったという物語だそうです。庭の東(左)に「臥牛石」が置かれ、そこから大小十の伏せ石が牛にたとえられて配置されています。

Jnw_3787a

庭に下りると書院の左手に座禅堂の「蟠龍(ばんりゅう)窟」」があります。

Jnw_3873a

坐禅堂の前に童子像が置かれています。寝そべっている像は、仏道入門から悟りに至る十の道程のどれにも当てはまりそうにないので、仏道を志す以前の姿ではないかと思います。

Jnw_3862a

明治維新後の廃仏毀釈で、圓光寺は荒廃して無住の寺となってしまいました。(順路に従って、庭の奥行きます。)

Jnw_3798a

明治39年(1906)尼僧の南嶺尼(なんれいに)が廃寺寸前の寺を整備して12代住持となり、以後全国で唯一の尼僧専門道場となりました。現在は南禅寺派の研修道場になっています。(小さなお地蔵さんがいました。)

Jnw_3803a

庭の奥にある池は瓢箪形をしていて「栖龍池(せいりゅうち)」と呼ばれ、この周囲の「昇龍の庭」は洛北で最も古いものだそうです。少し進むと道が二つに分かれ、左は鐘楼へ、右は竹林に行きます。

Jnw_3822a

圓光寺の紅葉は美しく、あまり混雑しないので毎年のように訪れていました。ところが、昨年の秋はテレビで放映されたためか、山門から行列ができていて、入るのを諦めました。

Jnw_3837a

永観堂のように広い境内ならばよいのですが、細い通路に人があふれて写真どころではないと想像しました。

Jnw_3840a

少し高いところにある「鐘楼」、その向うが先ほど見た蟠龍窟です。 

Jnw_3881a

さらに石段を上ると墓地があります。

Jnw_3884a

墓地の横に新しいペットの墓があります。墓碑には「ありがとう」と刻まれていて、うちの亡くなった猫たちを思い出してしまいました。

Jnw_3885a

墓地には、広島原爆で被曝し、京都で亡くなったマレーシア留学生サイド・オマール氏の墓があります。ここに墓が造られたいきさつはこちらの記事をご覧ください。

Jnw_3893a

広島大学からの墓碑や武者小路実篤の追悼の言葉もあります。

Jnw_3904a

墓地の奥には村山たか女(花の生涯のヒロイン)の墓もあります。ここからさらに石段を上ります。

Jnw_3932a

右は再興された「東照宮」で東照大権現(徳川家康)が祀られています。江戸時代の「遺拾都名所図會」にはここに白木造りの荘厳な名跡があり、「雨月物語」の作者上田秋成もお参りしたといわれます。

Jnw_3942a

東照宮の横の墓には、家康の歯が埋葬されています。

Jnw_3948a

さらに行くと見晴らし台があり、市内の北部が見渡せます。手前の屋根は圓光寺の建物、向うは西山、右には送り火の船形や「妙法」の法の字も見えます(下の写真には入っていませんが)。

Jnw_3992a

帰りは墓地から竹林の道を通ります。

Jnw_4034a

ここは、十牛の庭の奥の孟宗竹林で、かって円山応挙がよく訪れて「応挙竹林」と名付けられています。

Jnw_4055a

「瑞雲閣」には、家康が寄進した木活字(伏見・圓光寺版)(重文)が保管され、日本最古の木活字といわれます。安土桃山時代の絹本著色「元佶和尚像」(重文)、円山応挙筆の紙本墨画「雨竹風竹林図屏風」などもあります。

Jnw_4077a

Jnw_4084a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnw_4094a 

|

« 八大神社 2019初夏 | トップページ | 西寺跡と鎌達稲荷神社 »

コメント

ペットのお墓ですか。
ありがとうという言葉が、心に響きます。
故愛犬を思い出します。

投稿: munixyu | 2019年6月 7日 (金) 17:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八大神社 2019初夏 | トップページ | 西寺跡と鎌達稲荷神社 »