« 一乗寺商店街を歩く | トップページ | 平安神宮 中神苑の睡蓮 »

2019年6月13日 (木)

平安神宮 西神苑の花菖蒲

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Amv_2289a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日は花菖蒲と睡蓮を見に平安神宮の神苑に行ってきました。冷泉通に面する「応手門」

Amv_1666a

神苑は、約1万坪の広さがあり7代目小川治兵衛作庭の池泉回遊式庭園です。平安京の造園技法の粋を結集した庭園として、昭和50年に国の名勝に指定されています。

Amv_1675a

受付を過ぎると「西神苑」に入ります。この庭には北から小川となって水が流れ、南は小さな池になっています。

Amv_1712a

小川沿いの道を歩いて神苑の南端を回ります。 西神苑には源氏物語などの平安時代に書かれた書物に現れる200種余りの植物が植えられていて、「平安の苑」ともいいます。「ナデシコ(撫子)」

Amv_1693a

南端に「チンチン電車」が展示してあります。平安神宮と同じく、平安遷都1100年を記念して京都市内に敷設された日本最古の市街電車です。この向うが一昨年12月にオープンした文化商業施設「京都・時代祭館 十二十二(とにとに)」です。

Amv_1695a

十二十二の名称は平安神宮の祭礼・時代祭の開催日で平安遷都の日の10月22日に由来します。*今年の時代祭の巡行は、即位礼正殿の儀のため10月26日に変更になりました。アジサイも咲いていましたが、まだ花は地味な薄青色です。

Amv_1715a

池にある水草に花が咲いていました。一つずつの花は小さくて形は分かりませんが、薄暗い池に星のようにきらめいていました。

Amv_1720a

「ヒメサユリ」 一昨年の記事で、城南宮の「春の山」や「平安の庭」と違って、花に名前が書いていないのが残念と不満を書きましたが、昨年には名前と解説が書かれていました。池の西の道を北に向かいます。

Amv_1724a

「ホタルブクロ」 この神苑は紅枝垂桜が多く植えられ、春には桜のトンネルになります。

Amv_1741a

「ヤマハギ」 ハギは秋の七草のひとつですが、初夏に開化するようです。

Amv_1743a

西神苑の北端には茶室があり、その辺りには半夏生もありましたが、まだ葉がほとんど緑でした。

Amv_1747a

小川の上流に「白虎池」があり、この池を中心とした庭が「西神苑」です。

Amv_1770a

この庭は池の周囲に散策路があり、その北側に花菖蒲が群生しています。

Amv_1772a

平安神宮の神苑は、通常拝観料が必要ですが、春と秋の2回だけ無料開放されます。今年(2019年)の春は6月7日(金)で、花菖蒲の見頃の時期に設定されています。

Amv_1797a

無料開放の日は毎年異なり、花菖蒲の見頃の時期を知るための目安となります。その日は混雑するので、私が訪れたのはその後の平日(雨が上がった昨日)になりました。

Amv_1806a

東側から左回りに北側の群生地の近くに来ましたが、上の写真の橋が自然に一方通行になっているようで、もう一度逆回りに歩きました。

Amv_1817a

こちらは池の西から見たところです。実は、神苑に入るときに「水質改善のために池の水をなんちゃら」と書いてあって心配していたのですが、ここに来るまで例年との違いが分かりませんでした。

Amv_1834a

平安神宮の神苑は明治28年以降に造られた人工の庭ですが、百年以上を経た現在では自然の一部となって四季の営みを繰り返しています。

Amv_1836a

池の水は、東にある東神苑と中神苑から流れてきて、それらの水源は琵琶湖疏水です。もしかしたら、無料開放の日が終わって池の水が全部抜かれたかも知れないと心配していました。

Amv_1839a

この池には約200種、2000株の花菖蒲があるそうです。花菖蒲の名前を調べようとしたのですが、同じような花でも微妙に違って資料の写真だけから特定するのは難しく諦めました(すみません)。

Amv_1862a

アップの写真は異なる種類の花菖蒲を選んだつもりです。

Amv_1866a

池の北に来ました。ここまで来ていつもと違うことに気が付きました。この池には睡蓮もあってこの時期には花を咲かせているのですが、昨日は一つも見かけませんでした。

Amv_1865a

実は後で訪れる中神苑には睡蓮が一杯咲いていたので、池の水質改善のために白虎池の睡蓮を取り除いたのではないかと思います。

Amv_1872a

ところで、池の名の「白虎」は、四つの方角を守る四神のうち、西を守る霊獣の虎のことです。平安京は四神相応の思想、すなわち、四方が四神(になぞらえた地形)に守られるような位置に造営されたといわれます。

Amv_1875a

東西対称に造られた平安神宮にも四神の名が登場し、西の方角には白虎の手水台や、白虎楼があります。

Amv_1882a

花菖蒲は最初の花が枯れた後、その下にある蕾から2番花が咲くことで知られます。見たところまだ最初の花のようで、見頃はまだ続くと思われます。

Amv_1899a

白虎池の北に出ると、散策路が小川に沿って東に続いています。左(北)の塀の外は丸太町通ですが高い木立に囲まれて深い森林のようです。

Amv_1908a

Amv_1785a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Amv_1902a

 

|

« 一乗寺商店街を歩く | トップページ | 平安神宮 中神苑の睡蓮 »

コメント

涼しい池の植物たち。
花藻は、池の中が気になります。
根が凄いことになっていると思います。

投稿: munixyu | 2019年6月14日 (金) 18:16

★munixyuさん こんばんは♪
確かに花藻の池は根がびっしり張っている感じでした。

投稿: りせ | 2019年6月15日 (土) 01:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一乗寺商店街を歩く | トップページ | 平安神宮 中神苑の睡蓮 »