« 府立植物園 2019初夏 | トップページ | 弥生小路(西)を歩く »

2019年5月20日 (月)

バラ園 府立植物園

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnv_9445a
※写真は全てクリックで拡大します。

府立植物園の洋風庭園を訪れました。上は植物園会館で、展示室や研修室、園芸サロン、植物園事務所があります。洋風庭園は西洋シャクナゲ園、ばら園、沈床花壇がありますが、バラ園の入口付近からです。

Jnv_9470a

上の写真のつるバラのトンネルを通ります。

Jnv_9484a

それぞれ品種名が書いてあるのですが、ここでは省略します。

Jnv_9492a

バラ園には約270品種1300株のバラがあるそうで、その多くが花を咲かせています。

Jnv_9499a

トンネルを出て、横の花壇に向かいます。

Jnv_9505a

「桃香」 プレートには強香、2003年、日本作出、HT系と書いてあります。HTとはハイブリッドティーローズのことで、四季咲きの大輪1輪咲きの品種だそうです。

Jnv_9514a

この花壇には日本的な名前の品種が並んでいます。「魅惑」 中香、1988、日本作出、HT系

Jnv_9519a

現在の切り花1輪咲きのバラは、ほとんどこのHT系だそうです。「王朝」 微香、1983年、日本作出、HT系

Jnv_9521a

長い間理想のバラを求めて交配を繰り返した結果、この品種が誕生しました。「ふるさと」 強香、1870年、日本作出、HT系

Jnv_9523a

第1号は1867年の「ラ・フランス」で、これ以前に育成されたバラはオールドローズ、以降はモダンローズと呼ばれているそうです。「花嫁」 微香、1870年、日本作出、HT系

Jnv_9525a

「芳純」 強香、1980年、日本作出、HT系

Jnv_9527a

「夕霧」 微香、1987年、日本作出、HT系

Jnv_9530a

しばらく日本名の品種の花壇を見て歩くと、京都にゆかりの名前が出てきました。「加茂」 強香、1978年、日本作出、HT系

Jnv_9534a

「大原女」 微香、1987年、日本作出、HT系

Jnv_9536a

京都の名所や風物を花の色や形で表そうとしていて、ちょっと夢中で写真を撮りました。「高雄」 微香、1975年、日本作出、HT系 紅葉の色をイメージしているのかも知れません。

Jnv_9539a

「宇多野」 中香、1985年、日本作出、HT系

Jnv_9541a

「金閣」 1975年、微香、日本作出、HT系、色やシャープな花びらが金閣ですね。

Jnv_9544a

「大文字」 微香、1981年、日本作出、HT系、送り火の炎をイメージしているのでしょう。

Jnv_9547a

「貴船」 微香、1981年、日本作出、HT系

Jnv_9551a

「鞍馬」 微香、1977年、、日本作出、HT系

Jnv_9554a

「円山」 中香、1984年、日本作出、HT系 円山公園のある場所は古くから真葛ヶ原と呼ばれ、江戸時代に慈円山安養寺から円山と呼ばれるようになりました。確かに花びらが丸くかたまっていますが・・・

Jnv_9558a

「桃山」 中香、1981年、日本作出、HT系 華やかでした。

Jnv_9565a

隣の花壇には外国産のバラが並んでいます。あちこちにまとめて植えられているのは「ウルマーミュンスター」はドイツ作出で、ウルマーミュンスター大聖堂にちなんでいるとか。

Jnv_9573a

外国名の品種の花壇がいくつもありますが、目についたバラを一つだけ、「ナターシャリチャードソン」 2011年、英国・ハークネス作出だそうです。陶器のような花びらでした。

Jnv_9607a

バラ園の東(奥)に噴水があり、その周りに一段低くなった「沈床花壇」があります。開園当初、斬新な純フランス風庭園として造られ、再開園20周年(1981年)にリニューアルされました。

Jnv_9659a

ネギ坊主のような花?が気になりましたが、

Jnv_9672a

「アクリウム」だそうです。はじけた皮の中に小さな蕾(つぼみ)が一杯詰まっています。しばらくすると、小さな花が咲きそろって紫色のボールのようになるのだとか。

Jnv_9670a

洋風庭園の東端は、滝のように水が流れ落ちて鳥の水場にもなっています。

Jnv_9678a

Jnv_9707a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnv_9482a

|

« 府立植物園 2019初夏 | トップページ | 弥生小路(西)を歩く »

コメント

綺麗なばらですね
我はけさうひにぞ見つる 花の色をあだなるものと 言ふ
 べかりけり
家の庭にもバラが咲いてますが、なかなか育てるのは
 難しいですね。
毎日京都旅行ができると楽しみにしています。
バラのように美しい舞子さん編もあったら、いいですね!

投稿: たっちゃん | 2019年5月20日 (月) 10:53

薔薇は今、ピークみたいですね。
薔薇は、いろんな種類があって、それぞれに
違った風情を一気に楽しめていいですよね。
見た目匂いもいい花です。

投稿: munixyu | 2019年5月20日 (月) 14:52

★たっちゃんさん こんばんは♪
お返事が滞り、すみませんでした。バラを育てるのは難しいとは知りませんでした。舞妓さんの写真を期待されてもちょっと難しいと思います。私たちが出会うのはお仕事やお稽古に通う舞妓さんで、アップの写真を撮るのは遠慮します。ずうずうしい観光客のように呼び止めて記念撮影は、京都人としてできません。

投稿: りせ | 2019年5月23日 (木) 22:25

★munixyuさん こんばんは♪
京都にゆかりの名前のバラを見て、大いに感動しました。新しい品種を作るのはどんな苦労がいるのか知りたいとも思いました。

投稿: りせ | 2019年5月23日 (木) 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 府立植物園 2019初夏 | トップページ | 弥生小路(西)を歩く »