« 深泥池 2019初夏 | トップページ | 真如堂 新緑の伽藍を訪ねて »

2019年5月12日 (日)

神楽岡通を歩く

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnv_8427a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日は神楽岡通を歩きました。「神楽岡通」は吉田山の東麓にある南北の通りで、閑静な住宅街におなじみの寺社の参道入口、天皇陵や料亭、ギャラリー、事務所などが点在します。

上は今出川通との交差点にある衣料品の「ブンガ 銀閣寺店」で、その隣にバー「電球」があります。下は、向かいにある「爽庵」、カフェです。

Jnv_8434a

正面は美容室「Z(ゼット)」で、その右に「神楽鶏(かぐらとり)」があります。韓国料理「タッカンマリ」の京都で初めての専門店です。タッカンマリは鶏一羽という意味で、にら、トッポギ、じゃがいも等が入った水炊きだそうです。

Jnv_8456a

「(株)文教」 この通りには会社や個人の事務所も多くあいます。文教は(株)リコーの販売専門店として創業、近くの京都大学を始めとする大学や官公庁を顧客としてOA機器からアメニティまで扱っています。  

Jnv_8478a

「柏家宏之菓舗」和菓子と欧風菓子のお店で、和洋折衷のお菓子ではなく、それぞれの専門店です。柏家宏之は、昭和6年に創業して現在3代目の和菓子専門店でした。一方、娘さんは洋菓子を目指してマキシムでの修行の後、日本各地に旅に出ようとしていました。

Jnv_8479a

ところが、家に帰ると洋菓子コーナーができていて、お父様からのサプライズプレゼントでした。結局そのまま自宅で洋菓子を作ることになったそうです。下の左の道は、吉田山の山裾を回って、北の参道あたりに続いています。

Jnv_8498a

吉田山山頂にあるカフェ「茂庵(もあん)」への登り口。

Jnv_8506a

「トラスコ・京都神楽岡蓮月荘」 トラスコ中山は機械工具などの工場用副資材、DIY用具などのプロツールの大手で、ここはその福利厚生施設です。

Jnv_8508a

「(株)アトリエCasha」結婚式やその他の記念日の写真撮影の会社です。こちらは本社のようで、受付・相談の事務所は別の場所にあります。しょうざんリゾートにある瀟洒な教会での結婚式もプロデュースしています。

Jnv_8514a

神楽岡通から何本かの通りが東に延びていますが、いずれも大文字山が正面に見えます。

Jnv_8520a

神楽岡とは吉田山のことで、江戸時代にはこのあたりは吉田神社の神職が住む社地だったそうです。

Jnv_8529a

この通りのお宅はいずれも綺麗にしていて、大きな豪邸も何軒かあります。建物全体を載せるのは遠慮して一部だけを。

Jnv_8553a

「黎明教会資料研修館」 2004年9月に開館して、琳派を中心とする美術資料に加え、世界救世教の教祖・岡田茂吉師の書画や、美術関係の図書資料、教会の活動を示す資料などを収蔵・公開しています(教会は少し先にあります)。

Jnv_8554a

「ギャラリー 素(もと)」絵画や写真、版画、書、陶芸、染色品、工芸品等の展示会場として使用でき、合間にはオリジナルの作品展や日本画家であったお父さまの藤村茂氏(故人)の絵画の展示も行うそうです。

Jnv_8565a

「倉橋マンション」 学生アパートで、併設している「倉橋キッチン」は女子専用のシェアハウスです。大家さんも近くにいて、見学の親御さんにも人気だとか。

Jnv_8571a

バラが綺麗に咲いていました。

Jnv_8575a

こちらは「黎明教会別館」。

Jnv_8586a

昭和の初め、都市計画道路としてこの通りは岡崎通と連結する予定でした。しかし、途中で計画は中止となり、2車線あった道幅がこの先から狭くなります。最初は名称も岡崎通となっていたそうです。

Jnv_8590a

「世界救世教 黎明教会」 岡田茂吉師が昭和10年(1935)に立教した新宗教系の教団で、国内の信者数は約60万人だそうです(平成27年度)。

Jnv_8595a

「京都川上服飾専門学校」 向かいにギャラリーがあります。

Jnv_8619a

「後一條天皇 菩提樹院陵」

Jnv_8624a

「宗忠神社の車参道」、吉田山越えの道で向う側は吉田神社の境内になります。神楽岡通はここから下り坂になります。

Jnv_8644a

「吉田山荘」 元東伏見宮家別邸を料理旅館にしたもので、離れが「カフェ真古館(しんこかん)」になっています。

Jnv_8907a

「宗忠神社」の表参道、この神社は、黒住教の教祖・黒住宗忠を祀る神社です。黒住宗忠は幕末に歿し、朝廷から「宗忠大明神」の神号が与えられました。文久2年(1862)に宗忠の門人・赤木忠春が、吉田神社から社地の一部を譲り受けて創建したのがこの神社です。

Jnv_8903a

慶応元年(1865年)には朝廷の勅願所となり、皇室や公家から篤い崇敬を受けました。幕末に開かれた金光教、天理教とともに幕末三大新宗教とよばれ、現在の信者数は約30万人といわれます。参道にはツツジもありました。

Jnv_8661a

鳥居から東に行く通りには「陽成天皇 神楽岡東陵」があります。その通りの突き当りの「真如堂」にも行きましたが、その記事は別の日に。

Jnv_8904a

「雅柳ほりゑ」 お茶と茶道具のお店です。

Jnv_8921a

神楽岡通は向うの「神楽坂通」までのようです。神楽坂通はかっての近衛通です。

Jnv_8924a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnv_8471a

|

« 深泥池 2019初夏 | トップページ | 真如堂 新緑の伽藍を訪ねて »

コメント

高級な静けさを感じる通りですね。
空間の広い感じの建物が多いからでしょうか。
住むのによさそうな通りですね。

投稿: munixyu | 2019年5月12日 (日) 18:36

★munixyuさん こんばんは♪
この通りの学生アパートはうらやましいですね。でも、学生さんが良さに気付いているかは分かりませんが。

投稿: りせ | 2019年5月13日 (月) 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深泥池 2019初夏 | トップページ | 真如堂 新緑の伽藍を訪ねて »