« インクラインと疏水公園 2019春 | トップページ | 仁和寺 満開のおむろ桜 »

2019年4月16日 (火)

天龍寺 花咲く庭園2019

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnv_2129a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日の記事の嵐山公園(中之島地区)から天龍寺に来ました。「天龍寺」は、室町時代の暦応2年(1339)足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため、夢窓疎石を開山として創建したのが始まりです。 総門あたりは大変な混雑でした。

Jnv_2124a

以下ではお寺や建物の説明はありませんのであしからず。総門から拝観受付(庫裏)への参道沿いにはソメイヨシノが並んでいます。

Jnv_2150a

「大方丈」とその前庭。

Jnv_2154a

前庭の隅に一本だけ「三つ葉つつじ」が咲いていました。

Jnv_2161a

大方丈の裏(西)にある「曹源池庭園」

Jnv_2166a

夢窓国師が作庭した池泉廻遊式庭園で、国の史跡・特別名勝の第一号です。向こう岸の中央に石組からなる滝(龍門瀑)があります。

Jnv_2175a

庭園の左には借景の嵐山が見えます。池のほとりにほとんど桜はありませんが、紅葉の頃は美しい景色になります。

Jnv_2176a

「小方丈」の前から大方丈を。

Jnv_2195a

曹源池庭園から斜面を少し上ったところに後醍醐天皇を祀る「多宝殿」があります。前には大きな枝垂桜があります。

Jnv_2208a

このあたりから北門にかけて様々な花が咲いています。「和田石楠花」というそうです。

Jnv_2229a

「三つ葉つつじ」

Jnv_2236a

いつものように、山の斜面にある展望台に上ります。

Jnv_2245a

先ほどの多宝殿が見下ろせます。この散策路の下の斜面には大きな枝垂桜が並んでいます。

Jnv_2248a

展望台は斜面を通る散策路の一番高い場所で、ベンチが置いてあります。

Jnv_2270a

「望京の丘」というそうで、京都市内が見渡せます。かすんでいますが、奥は大文字山。

Jnv_2305a

散策路を下る途中にもう「シャゲ」が咲いていました。

Jnv_2319a

展望台から下りたところに「平和観音」と「愛の泉」(記事の最後)があります。多宝殿からこのあたりにかけて「百花苑」とよばれる庭園となっていて、様々な植物が四季を通じて花を咲かせます。  

Jnv_2329a

以下では花を見ながら北門に向かいます。「姫幣辛夷(ひめしでこぶし)」

Jnv_2350a

「吉野躑躅(つつじ)」、百花苑の花には一ずつ丁寧に名札が付いているのですが、詳しい説明はありません。

Jnv_2354a

「志那連翹(れんぎょう)」

Jnv_2362a

「日陰躑躅」

Jnv_2371a

「白妙(しろたえ)桜」 優雅な白色でした。

Jnv_2380a

「木瓜(ぼけ)」 いろいろな種類が咲いていて品種名までは書いていません。東洋錦の枝変わりの「ゆめ」かも知れませんが、確かではありません。

Jnv_2388a

こちらの木瓜はおそらく「黒光」という品種だと思います。

Jnv_2389a

「雪柳」 この後、向うに見える北門を出て竹林の小径を歩きました。

Jnv_2396a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnv_2326a

|

« インクラインと疏水公園 2019春 | トップページ | 仁和寺 満開のおむろ桜 »

コメント

もうシャガの花が咲き始めたのですね。
桜の終わりに夏の花。
少しフライング気味のシャガの花。
今年は夏の訪れが早いのかもしれません。

投稿: munixyu | 2019年4月16日 (火) 18:05

★munixyuさん こんばんは♪
このときシャガの花を見てから、ずっと気になっていました。そろそろと思って、昨日シャガの花で知られる神社に行ってきました。

投稿: りせ | 2019年4月22日 (月) 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インクラインと疏水公園 2019春 | トップページ | 仁和寺 満開のおむろ桜 »