« 小倉池から落柿舎へ 2019春 | トップページ | 日向大神宮 シャガの花2019 »

2019年4月21日 (日)

平野神社 夜桜と復興祈願

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnv_0324a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日、平野神社の夜桜を見に行きました。桜が見頃の4月6日のことで、観桜期のライトアップ・特別夜間参拝は昨日で終わりました。TOPの写真は東鳥居です。

下は後水尾上皇の皇后・東福門院が寄進した「東福門」で、その脇に「魁(さきがけ)」という枝垂桜が咲いていました。

Jnv_0336a

門をくぐると、同じく東福門院が寄進した「拝殿」が建っていたのですが、昨年(2018年)の台風21号によって6本の柱すべてが折れて倒壊してしまいました。跡地を囲んでいる提灯は復興祈願に奉納されたもので前面に名前が書いてあります。

Jnv_0343a

「平野神社」は、平安遷都の年(794年)、桓武天皇の命により大和国平城京の田村後宮に祀られていた三神、今木神(いまきのかみ)、久度神(くどのかみ)、古開神(ふるあきのかみ)をこの地に遷したのが始まりです。

Jnv_0345a

拝殿の横に「八重紅枝垂桜」が咲いていました。

Jnv_0348a

平野神社では平安時代より桜が植樹され、現在では約60種400本あるそうです。でも、先の台風で数十本が倒木してしまいました。

Jnv_0421a

本殿には主祭神として今木神(源気新生の神)、久度神(竈の神・衣食住生活安泰の神)、古開神(邪気を祓う神)の三神、相殿として比売神(ひめのかみ、生産力の神)の四座を祀っています。

Jnv_0402a

振り返ると、ご神体の大クスノキが見えます。樹齢や由緒は不明ですが、台風の被害は目立ちませんでした。

Jnv_0367a

平野神社には珍種の桜が多くあります。「芝山」

Jnv_0383a

平野神社の神たちは、臣籍降下した氏族の氏神でもあったことから、各家伝来の家の標となる桜を奉納して、蘇りや生産繁栄を願ったからと伝えられています。「大島」

Jnv_0389a

一方向からのライトでは影が多くて、本来の色も分かり難いのですが、それぞれの花の雰囲気だけでも感じていただければと思います。「衣笠」

Jnv_0406a

平安時代から、貴族たちはこの神社の桜を始めとする様々な花を楽しんだそうです。「胡蝶」

Jnv_0418a

江戸時代になって庶民にも夜桜を開放するようになると、「平野の夜桜」は都を代表する桜の名所となりました。「寝覚」

Jnv_0432a

花見席や屋台が出ている西の参道に来ました。この参道の東の端は芝生になっていて、シートを敷いて花見をしている人たちもいます。

Jnv_0521a

参道の両側には「桜茶屋」という、有料の花見席があります。

Jnv_0467a

「ひさご」、「まねき」、「鳥おさ」、「遊楽」などの桜茶屋が、観桜期のみ出店されます。

Jnv_0470a

これらのうち、鳥おさは鷹峯街道を紹介したときに見かけた料亭の出店です。

Jnv_0493a

西鳥居の近くには露店も並んでいます。

Jnv_0511a

最近の子供たちも、昔からの遊びが面白いようです。

Jnv_0500a

こちらも子供たちで賑わっていました。

Jnv_0507a

最後に桜苑の「桜養生園」に入りました。いつもと違って有料となっていて、倒木の処理や折れて弱っている樹木の養生に充てるためだそうです。

Jnv_0525a

平野神社では、台風によって拝殿や樹木、その他の建物など境内各所に被害があり、その復旧のための事業(2021年まで)に1億3千万円の経費を見積もっています。(有料にも関わらず桜苑には大勢の方が入っていました。)

Jnv_0537a

そのうち、8千万円は義援金を期待するしかないのですが、まだ3千6百万円未満(2月16日までに)しか集まっていないそうです。引き続き、義援金をお願いしています。(西の方は先ほど見て来た花見席です。)

Jnv_0574a

口座振り込み、現金書留、インターネット寄付サイトを利用するか、境内の募金箱にお願いしています。

Jnv_0565a

また、毎月25日に山根ひろみさんが中心となって、ハープの演奏による「サクラサク・コンサート」を開催しています。

Jnv_0444b

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnv_0462a

|

« 小倉池から落柿舎へ 2019春 | トップページ | 日向大神宮 シャガの花2019 »

コメント

邪魔にならない程度の明かりでいいですね。
ギラギラしすぎるより、これぐらいだと
桜の風情が自然に見えて、いい夜桜となりますね。
柔らかく深く。

投稿: munixyu | 2019年4月21日 (日) 14:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小倉池から落柿舎へ 2019春 | トップページ | 日向大神宮 シャガの花2019 »