« 醍醐寺・霊宝館 桜と寺宝 | トップページ | 嵐山公園(中之島地区) 2019春 »

2019年4月12日 (金)

海津大崎 琵琶湖岩礁の桜並木

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnv_3968a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日はツアーに参加して、海津大崎の桜を見に行きました。海津大崎は、琵琶湖八景「暁霧・海津大崎の岩礁」としても知られる景勝地で、その桜は「日本のさくら名所100選」に選ばれています。樹齢80年を越える老桜から次世代へ引き継ぐ若木まで約800本の華麗なソメイヨシノがびわ湖岸4kmにわたり続きます。

Jnv_3980a

「海津浜の石積」元禄14年(1701)に高島郡甲府領の代官として赴任した西与市佐衛門が、風波の度に宅地への被害が甚だしいのを憂いました。そこで、海津東浜の代官金丸又衛門と協議し、幕府の許可を得て元禄16年に湖岸浪除石垣を東浜668m(367間)、西浜495m(272間)にわたって築きました。

Jnv_4218a

巨石を用いたこの石垣のお陰で水害がなくなり、村人達はその業績を称えるため建てた碑が西浜蓮光寺に残っています。現在も毎年3月15日には代官西与市左衛門の法会が営まれているそうです。

Jnv_3976a

ツアーバスの駐車場から滋賀県道(旧国道)をしばらく歩き、沿道には古い町並みが続きます。海津東浜は江戸時代は北陸と大津を結ぶ重要な港場で、宿場として大いに栄えました。

Jnv_3995a

「旧海津港跡」 明治3年(1867)郡山藩の許可を受けた磯野源兵衛と井花伊兵衛らが共同で蒸気船を購入し、大津~海津間の航路を開きました。これが太湖汽船(初代)で、後に統一される琵琶湖汽船の母体となりましたが、現在は当時の桟橋の杭が残るだけです。

Jnv_3973a

琵琶湖の青と東山連峰の緑の間を可憐なピンクの花びらが帯状に延びる景観は、奥琵琶湖に春の訪れを告げる代表的な風物詩となっています。海辺にはお花見の船が行きかいます。

Jnv_4000a

「西口」(海津1区)に来ました。県道がここから桜並木になっています。

Jnv_4201a

この桜並木は、昭和11年(1936)6月に大崎トンネルが完成したのを記念して、海津村(現高島市マキノ町海津)が植樹したものです。例年4月中旬には、ソメイヨシノが満開となり、美しい花のトンネルを散策する多くの観光客でにぎわいます。

Jnv_4008a

向うは奥琵琶湖の山々、手前に「魞(えり)」という琵琶湖独特の定置漁具があります。魚が岸に沿って回遊する性質を利用して、矢印の型の漁具で魚を導き入れます。

Jnv_4015b

実はこの桜並木の誕生は、一人の住民男性の行動がきっかけでした。海津村の植樹に先立つこと5年前、当時道路補修をしていた宗戸清七氏(当時37歳)が、作業の合間に自費で購入した若木を植えました。

Jnv_4020a

宗戸氏は当時未舗装であった県道の改良や補修を日常業務として、助手2人とリヤカーに土砂を積んで毎日巡回しました。その重労働の疲れを癒してくれたのが、道から見える澄み切った琵琶湖と沖に浮かぶ竹生島の姿でした。

Jnv_4025a

愛着を感じていた道に何か残したいと思った宗戸氏は、桜の並木があれば景色が華やかになると考えて、自力で桜を植え始めたのです。

Jnv_4034a

3年後に若木が花をつけはじめると村の青年団も協力しはじめ、宗戸の指示により団員がリヤカーで水や土を運び、若木がしっかりと根付くよう植樹を行いました。これが後の桜並木になりました。(お花見の船の桟橋です。)

Jnv_4041a

途中に公園があり、海辺に「忠魂碑」があります。一般的に忠魂碑とは明治維新後の戦争などに地域から出征、戦死した兵士の霊を称えるもので、おそらくマキノ町からの出征兵士のものでしょう。

Jnv_4057a

こちらは「日本のさくら名所100選 選定」の記念碑です。

Jnv_4062a

この公園からは、約2㎞にわたって湖岸遊歩道ができていて、「近江湖の辺の道」(おうみうみのべのみち)というそうです。小さなボートでもお花見です。

Jnv_4079a

「義経の隠れ岩」 義経が兄の頼朝に追われ、奥州平泉に逃れるときこの岩に隠れたといわれています。謡曲「安宅」には義経が海津付近に上陸して一時身を隠し、北国へ逃れていった一節が謡われています。実際この岩に隠れたというよりは、義経の足跡を示す記念碑だと思います。

Jnv_4095a

県道は車から花見をする方も多く、休日は混雑するようです。

Jnv_4104a

この先に近江西国九番の札所で大崎観音が祀られている「大崎寺」があるのですが、ツアーの滞在時間が限られているのでここから引き返します。

Jnv_4124a

当初植えられた桜も還暦を過ぎて、樹勢もかつてのような勢いはなくなってきました。マキノ地域住民は、誇りともいうべき桜並木を大切に守り育て、後世に引き継ぐ活動をしています。

Jnv_4132a

住民によって「美しいマキノ・桜守の会」が結成され、開花情報の発信や観光客の整理に加え、桜並木の保全活動に取り組んでいます。向うに義経の隠れ岩が見えます。

Jnv_4142a

遊歩道沿いには新しい桜も植えられていました。

Jnv_4151a

本日4月12(金)はJRマキノ駅前より「平日お花見シャトルバス」が運行されます。4月13(土)と14(日)もJRマキノ駅前より「臨時シャトルバス」が運行されます。(向うにトンネルがあります。)

Jnv_4161a

土日はお花見のピークだと思われ、交通規制が行われます。詳しくは「びわ湖高島観光ガイド」のホームページをご覧ください。

Jnv_4195a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnv_4199a

|

« 醍醐寺・霊宝館 桜と寺宝 | トップページ | 嵐山公園(中之島地区) 2019春 »

コメント

物凄い桜並木。
京都とは違った雰囲気で、これはこれでいいですよね。
淑やかというよりも、空っとした感じの桜ですね。

投稿: munixyu | 2019年4月12日 (金) 12:36

★munixyuさん こんにちは♪
海津大崎はツアーだったので、時間がないのかちょっと残念でした。

投稿: りせ | 2019年4月15日 (月) 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 醍醐寺・霊宝館 桜と寺宝 | トップページ | 嵐山公園(中之島地区) 2019春 »