« 高台寺南門通(維新の道)を歩く | トップページ | 京都御苑 梅と桃と糸桜(近衛邸跡) »

2019年3月22日 (金)

長徳寺 おかめ桜と寒緋桜

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnu_3980a
※写真は全てクリックで拡大します。

「おかめ桜」が見頃とのことで、出町柳の長徳寺に行ってきました。「長徳寺」は山号を報恩山という浄土宗の寺院です。山門の横の桜には人だかりがしています。桜の下には花びらが一杯散っていて、ピークを過ぎつつあるようです。

Jnu_3959a

長徳寺は、江戸時代初め(1605)に摂津溝口領主の長谷川宗仁によって、万愚牛廊を開山として裏寺町(中京区)に創建されました。宗仁は、京都の町衆出身ともいわれ、信長、秀吉、家康のそれぞれに仕えた武将です。

Jnu_4016a

信長に従って戦功をあげ、信長没後秀吉に伏見の代官に任じられ、名護屋城築や醍醐の花見にも尽力しました。関ヶ原の戦いでは西軍に加わり、戦後は家康に北政所の番を任ぜられました。(いつも非公開です。)

Jnu_3948a

一方で、画業にすぐれ法眼(ほうげん)の位を許され、茶人としても活躍した文化人でもありました。法眼とは、当初は僧都に相当する僧の高い位でしたが、中世以降は医師、絵師、仏師、連歌師などの達人にも与えられた称号です。

Jnu_3952a

その後長徳寺は焼失し、1672年に現在地に移転・再建されました。山門の内側の右に「生柳(うりゅう)弁財天」が祀られています。家内安全、福寿延長、無病息災、良縁成就のご利益があると書いてあります。

Jnu_3956a

同様に移転してきた南隣の常林寺、正定院とともに、浄土宗の「砂川の三軒寺」と呼ばれました。かって背後に流れていた小川がこの付近で鴨川に合流して、3寺が砂の川原に建っていたからだそうです。

Jnu_3988a

山門の横にあるピンクの「おかめ桜」は、イギリスの桜研究家イングラムが寒緋桜と白いマメザクラを交配して作った品種を、日本に逆輸入したものだそうです。枝によって色が薄いところと濃い紅色のところがあります。

Jnu_3986a

近世になって長徳寺の名が全国に広まる事件が起きました。

Jnu_3990a

大正7年(1918)米価の高騰と米の売り惜しみに端を発して、7月下旬に富山県魚津の漁村で起こった騒動は、瞬く間に全国に広まり、8月10日には京都にも騒ぎが及びました。

Jnu_3944a

京都各地で群衆が派出所、米店などを破壊し、電線を切断、市電を止めるなど大騒動になりました。騒動が最も激しかったのが、ここ出町柳の長徳寺でした。

Jnu_3973a

警察だけでは鎮めることができず、ついに伏見の第十六師団が出動しました。翌日の午前0時過ぎになってようやく長徳寺付近の騒動は鎮圧され、全国で初めて米騒動で軍隊が出動した事件となりました。

Jnu_4008a

山門の右手の地蔵堂に安置されている「北向地蔵尊」には伝承があります。かつて百済国王の守本尊だったとされ、飛鳥時代の舒明天皇の頃、一切教と共に百済から日本に伝わり宮中に安置されました。

Jnu_4027a

平安時代の823年嵯峨天皇が西寺の守敏僧都に下賜され、西寺が衰退すると物集女里のお堂に遷されました。安土桃山時代から江戸時代にかけて関白太政大臣を務めた鷹司信房が、家臣・小林家定に命じ長徳寺に遷したといわれています。

Jnu_4010a

2世念誉は小林庵というお堂を建てて安置すると、94歳まで長生きしたといいます。延命地蔵とされ、悪事受難厄除、請願成就、女人安産などのご利益もあるといいます。隣の駐輪場から2本の桜が見えます。

Jnu_4088a

一本は背が高いおかめ桜です。駐輪場との境にもう一本あり、長徳寺には現在3本のおかめ桜があります。

Jnu_4040a

左は以前にはなかった寒緋桜で、2,3年以内に植えられたと思います。

Jnu_4055a

中国南部から台湾にかけて自生する桜の一種で、ソメイヨシノが生育できない沖縄で野生化して、最も一般的な桜になっているそうです。南方の桜だけあって3月の早い時期から開花して、濃紅色の花を咲かせます。

Jnu_4076a

寒さには弱く、京都では何とか生育できるそうです。

Jnu_4059a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnu_4073a

|

« 高台寺南門通(維新の道)を歩く | トップページ | 京都御苑 梅と桃と糸桜(近衛邸跡) »

コメント

おかめ桜、早いものですね。
京都で一番早かったですよね。
ソメイヨシノの開花直前に咲くので、
桜への思いがより高まりますよね。
ソメイヨシノ開花まで、あと3日ぐらい。
本当に待ち遠しいですよね。

投稿: munixyu | 2019年3月22日 (金) 14:46

★munixyuさん こんばんは♪
ようやく、ソメイヨシノも明日(3月26日)か明後日に開花する予想だそうです。今年は暖かい日が続き、例年よりかなり早い開花が予想されていましたが、例年よりすこしだけ早くなるようです。

投稿: りせ | 2019年3月25日 (月) 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高台寺南門通(維新の道)を歩く | トップページ | 京都御苑 梅と桃と糸桜(近衛邸跡) »