« 東山花灯路2019 粟田大燈呂と円山公園周辺 | トップページ | 東山花灯路2019 高台寺から石塀小路へ »

2019年3月14日 (木)

東山花灯路2019 ねねの道と狐の嫁入り

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnu_1728a
※写真は全てクリックで拡大します。

東山花灯路の続きです。昨日の記事で知恩院の三門前を通ったとき、「狐の嫁入り巡行」が出発するところに出会いました。東山花灯路の期間、午後7時と8時の2回、三門前を出発します。

Jnu_1732a

古来から縁起がいいとされている狐の嫁入りを人力車と提灯行列で再現、狐のお面を付けたお嫁さんが人力車に乗って巡行します。(南禅寺の南門付近で待ち構えました。)

Jnu_1753a

この後、昨日の記事では円山公園付近を見て回ってから、「ねねの道」に入りました。豊臣秀吉の正室・ねねが、秀吉の死後に圓徳院で余生を送り、このあたりを歩いたといわれます。ここからは電柱がなく石畳の道が続きます。この付近にだけ行灯がありません。

Jnu_1996a

「京都祇園堂」 平安時代の中頃、白川法皇に寵愛された祇園女御は、法皇の死後阿弥陀堂を建て法皇の菩提を弔ったそうです。祇園堂はその建物跡に建てられ、女御が信仰した阿弥陀如来を安置しています。右に「祇園女御供養塚」が建っています。

Jnu_2000a

「大雲院」の山門 安土桃山時代の1587年、正親町天皇の勅命により、織田信長、信忠父子の菩提を弔うために貞安(じょうあん)上人が開山した浄土宗の寺です。大雲院は信忠の法名です。

Jnu_2004a

ねねの道は一旦西に曲がります。この通りは以前記事にした「高台寺北門前通」です。右に「祇園閣」が見えます。大倉財閥の創始者・大倉喜八郎氏が昭和2年、別邸内に展望台を兼ねた高閣を建てました。後にここに移転してきた大雲院の所有となりました。

Jnu_2014a

大雲院の南門の前には、「いけばなプロムナード」として、大きな生け花の作品が展示してあります。ねねの道はここから再び南に向かいます。

Jnu_2024a

「洛匠」の前から振り返って、祇園閣は金閣、銀閣に続いて銅閣ともよばれ、このあたりのランドマークになっています。

Jnu_2031a

露地の奥に丸窓が見え、その左に高台寺塔頭の「岡林院」があります。正面には「見る蔵、言う蔵、聞く蔵」の3地蔵があり、右手または両手で触ると積極的な人間になれるとか。右に「PORTLAND ROASTING coffee」があります。

Jnu_2043a

このあたりはねねの道でも最も雰囲気がよい場所だと思います。

Jnu_2052a

高台寺塔頭「月真院」 新選組から分かれた「御陵衛士の最後の屯所」跡でもあり、中はライトアップされていました。

Jnu_2062a

中に「三面大黒天」が祀られています。黒天、毘沙門天、弁財天の三つの顔をもった仏像で、豊臣秀吉の守り本尊とされます。ここは、高台寺の「掌美術館」と京ゆば料理の「高台寺羽柴」の入口、高台寺塔頭「圓徳院」の拝観出口にもなっています。

Jnu_2068a

「ねねの小径」の入口 この小径は「京・洛市ねね」を抜け、圓徳院の境内を横切り、「石塀小路」まで続いています。

Jnu_2077a

「圓徳院」 慶長10年(1605)北政所・ねねの甥・木下利房が創建した高台寺塔頭で伏見城の化粧殿および前庭(北庭)を移築し、ねねがその晩年を過ごしました。このあたりで、2回目の狐の嫁入りが通るのを待ちました。

Jnu_2085a

最近では、前年の10月に高台寺(のHP)で狐のお嫁さんの募集が行われ、元旦に抽選会があるそうです。応募条件は18歳以上の女性で既婚・未婚を問わないとか。ただし、募集人数が巡行するお嫁さんより少ないので、別途選ばれるお嫁さんもあるようです。

Jnu_2092a

ところで、狐の嫁入りは、日が照っているのに急に雨がぱらつく天気雨のこと、あるいは、地方によっては夜に怪火(狐火)が連なって、嫁入り行列の提灯のように見えるものを指すそうです。また、狐が人に化けて嫁入りをしたという伝承も各地にあります。

Jnu_2107a

狐の嫁入りが、天気雨や狐火、あるいは化けた狐の嫁入りとしても、めったにないことです。(高台寺のライトアップに行くつもりなので、ついでに狐の嫁入りの巡行を待ち構えます。)

Jnu_2121a

さらに、狐は稲荷神の使いとされているので、めったにない狐の嫁入りに出会うことは、吉兆で縁起が良いとされてきました。(高台寺の駐車場の広場に来ました。霊山観音はいつもライトアップされています。)

Jnu_2126a

駐車場の南には最近建てられた売店「高台寺賑店」とカフェ「お茶所」があります。上には清水寺のサーチライトが見えます。

Jnu_2131a

礼拝聴聞室「利生堂」の前で記念撮影をしていました。お嫁さんは白無垢・綿帽子・狐の面をつけて巡行し、前もってかつらや衣装合わせが行われます。

Jnu_2159a

その後、高台寺天満宮にお詣りをしたあと、高台寺に入ります。

Jnu_2169a

Jnu_2171a

高台寺の庫裡の中に入っていきました。ここで披露宴が行われるという設定だそうです。人力車が戻ってくるまで夜間特別拝観は入れません。

Jnu_2188a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnu_2104b

|

« 東山花灯路2019 粟田大燈呂と円山公園周辺 | トップページ | 東山花灯路2019 高台寺から石塀小路へ »

コメント

少し寒いですが、
これぐらいの気候で、止まってくれると嬉しいかもしれません。
いい時期ですよね。

投稿: munixyu | 2019年3月14日 (木) 18:20

★munixyuさん おはようございます♪
ようやく、昨日(21日)は暖かくなりました。ちょっと汗ばむほどでした。

投稿: りせ | 2019年3月22日 (金) 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東山花灯路2019 粟田大燈呂と円山公園周辺 | トップページ | 東山花灯路2019 高台寺から石塀小路へ »