« 東山花灯路2019 清水寺と八坂の塔 | トップページ | 高台寺南門通(維新の道)を歩く »

2019年3月20日 (水)

正伝永源院 織田・細川家の菩提寺

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnu_2724a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日は記事が更新できずに申し訳ございませんでした。ブログを運営するココログのメインテナンス中に障害が起こったようで、まる1日半記事が作成できませんでした。

京の冬の旅(3月18日が最終日)で5年ぶりに特別公開された建仁寺塔頭・正伝永源院(しょうでんえいげんあん)に行ってきました。上は花見小路で左に曲がります。建仁寺の北塀にそって通る東西の通りの途中に京の冬の旅の看板が出ていました。

Jnu_2733a

正伝永源院は、臨済宗大本山建仁寺の正伝院と永源庵という二つ塔頭が合併してできた寺院です。以下では、二つの塔頭の歴史とそれらが合併した時代背景を紹介します。(山門を入って左にある中門をくぐります。)

Jnu_2747a

「正伝院」は、鎌倉時代中期の文永年間(1264-1275)、大覚禅師の法嗣(はっす)、中国僧・勅謚普覚禅師(中国名・義翁紹仁)が開山となり、祇園花見小路四条下ルに創建されました。勅謚(ちょくし)とは勅命によって諱(いみな)を賜ることです。

Jnu_2757a

「永源庵」は、南北朝時代の正平年間(1346-1370)、建仁寺39世・鉄庵道生の法嗣である無涯仁浩禅師が開山となり、当初は東山清水坂鷲峯下に創建されました。(上の唐門をくぐって方丈に上がります。前庭は池泉式庭園です。)

Jnu_2767a

延文年間(1356-1360)備後守護であった細川頼有が、戦場に赴く際に同庵の門前で無涯禅師に会い、馬上から仏の教えを聴いた縁で檀家となりました。以後、細川家は同庵住持に帰依、同庵に出家したり住持になるものも出てきます。

Jnu_2781a

後の応安5年(1372)永源庵は建仁寺塔頭になり、応永元年(1398)頃現在地に移りました。現在の庭園は永源菴が移転してきた頃のものではなく、近世の作です。

Jnu_2769a

池の周囲に石組の護岸、中央の中島には石橋がかかり、低い築山に五重石塔が立てられています。白砂にはハイビャクシン、松、椿などが植えられています。

Jnu_2894a

一方、正伝院は天文年間(1532-1555)の戦乱で荒廃、江戸時代の1618年織田信長の弟で大名茶人の織田有楽斎により再興されました。この時、隠居所と茶室「如庵(じょあん)」が建てられ、その名は有楽斎の洗礼名・ジョアンからといわれます。

Jnu_2788a

本能寺の変のとき、織田長益(ながます、後の有楽斎)は信長の嫡男・信忠と共に二条御所に籠城、信秀は自刃しましたが、有楽斎は安土へ落ち延び、その後豊臣・徳川家に仕えました。(方丈の西にも庭があります。)

Jnu_2820a

明治初年(1868年)の神仏分離令後の廃仏毀釈により、建仁寺は寺領が四分の一程度に縮小され、塔頭の多くが廃されました。無住となっていた永源庵は堂宇のみを残すのみとなります。(自然の石とは思えません。)

Jnu_2813a

一方の正伝院は、明治5年(1872)京都府による窮民産業所設立のため境内の建物を放棄し、寺号を残したまま替地となった旧永源庵の現在地に移りました。

Jnu_2848a

翌年に永源庵は廃寺と決まりましたが、「永源」の名が消える事を憂いた細川侯爵によって、正伝院と永源庵が合併して寺号を正伝永源庵と改め、細川家の墓も残されました。唐門の前に細川家歴代の墓と「細川石」という石碑があります。

Jnu_2912a

この時、正伝院の旧地の茶室「如庵」は祇園町有志に払い下げられ、伽藍は売却されて多くが東京に移されました。昭和37年頃(1962)織田有樂斎と夫人、娘、孫の墓が正伝院旧地より現在地に遷され、唐門の右手に(右からの順で)並んでいます。

Jnu_2760a

方丈の北にも庭があります。今回は正伝永源院が所有する障壁画などの寺宝が特別展示されました。

Jnu_2837a

方丈には、平成25年(2013)に奉納された元首相・細川護熙氏筆の襖絵「四季山水図」のうち、東山の夜桜を描いた「知音」と、冬の京の雪景色を描いた「聴雪」(下の写真)が展示されています。

Jnu_2815a

狩野山楽筆「織田有楽斎画像」 こちらは京の冬の旅のガイドブックからの転載です。

Img_20190319_0003a

方丈の室中の間に残る狩野山楽筆「蓮鷺図」は、蓮の花と鷺や燕などの鳥を描いた美しい金碧の襖絵で、蓮池の時間的経過を追うような画面構成が見事な障壁画です。

Img_20190319_0005b1

平成8年(1996)有楽斎が建てた「如庵」が、正伝永源院境内にかつての姿に復元されました。「暦張席」の別名があるように腰貼りの部分に古い暦を使い、また「有楽囲い」「有楽窓」など有楽斎好みの特徴を見ることができるそうです。

Jnu_2862a

元の如庵は、明治41年(1908)に三井家の所有となり昭和26年(1951)国宝に指定されました。さらに名古屋鉄道の所有となり、昭和47年(1972)に愛知県犬山市の有楽苑に移され現在に至ります。

Jnu_2864a

方丈の杉戸絵の作者は分かりませんが、獲物を狙う鳥の一瞬の姿が鮮やかな色彩で描かれています。

Jnu_2881a


Jnu_2810a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnu_2871

|

« 東山花灯路2019 清水寺と八坂の塔 | トップページ | 高台寺南門通(維新の道)を歩く »

コメント

藤色の、これは馬酔木でしょうか。
春らしい花が出てきて嬉しいですよね。
待春の思いがさらに強まります。

投稿: munixyu | 2019年3月20日 (水) 20:08

★munixyuさん おはようございます♪
馬酔木だと思いますが、庭に一本だけ植えられていました。

投稿: りせ | 2019年3月22日 (金) 09:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東山花灯路2019 清水寺と八坂の塔 | トップページ | 高台寺南門通(維新の道)を歩く »