« 来迎院と良忍上人 | トップページ | 平安神宮・節分祭 朝廷行事と豆まき »

2019年2月 3日 (日)

吉田神社 もう一つの節分祭

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnt_5375a
※写真は全てクリックで拡大します。

雪の大原はまだ続きますが、昨日は吉田神社の節分祭に行ってきました。といっても、夕方から行われる追儺式(鬼やらい神事)ではなく、午後に一の鳥居付近に現れる鬼が目当てです。生フランク!?

Jnt_5380a

午後3時半頃、ほら貝の音とともに一の鳥居の前に鬼の一行がやってきました。

Jnt_5409a

一行は、追儺式を継承している「吉田神楽岡追儺保存会」の皆さんです。昨年偶然に鬼たちを見かけ、伺うと毎年ここに現れるそうです。もう一回現れるそうですが、場所や時間は分かりません。

Jnt_5419a

この日は土曜日ということもあって、吉田神社の参道はかなりの人出でした。

Jnt_5421a

黄、青、赤の3匹の鬼は、夕方の追儺式に出現する本物?の鬼たちです。

Jnt_5428a

追儺式では黄、青、赤の鬼たちは大げさな演技で、苦悩、悲しみ、怒りを表現しますが、ここでは特に区別はありません。

Jnt_5443a

鬼たちは金棒をもって威嚇をしますが、すぐに記念撮影に応じてくれます。

Jnt_5449a

子供も大きくなると平気ですが

Jnt_5452a

小さい子は逃げ回ります。

Jnt_5458a

鬼も嬉しそう!

Jnt_5465a

これは怖い!

Jnt_5469a

この子は泣きながら握手してくださいといっていました。

Jnt_5475a

ここに一行がいたのは10分程度でしたが、鬼に出会えた人々(大人)は楽しそうでした。

Jnt_5487a

この後、吉田神社にお詣りに行きます。この日(2月2日)は節分前日祭で、朝には大元宮で「厄神祭」が行われました。

Jnt_5543a

参道の石段を上ったところに、福豆についている抽選券の賞品が展示してあります。その前に福豆を買う長い行列が続いています。他にも数か所販売しています。

Jnt_5566a

今日(2月3日)の午後11時から行われる「火炉祭」の火炉。

Jnt_5569a

「本殿」 お賽銭を入れるのになかなか近づけません。

Jnt_5588a

更に大元宮まで行くことにしました。左に菓祖神社へ行く行列ができています。

Jnt_5626a

アユの塩焼き、呑み屋さんの雰囲気です。

Jnt_5633a

摂社の「山蔭神社」の前には、例年どおり河道屋さんの年越しそばの店が出ています。

Jnt_5641a

「大元宮」 祭神は天神地祇八百萬神(あまつかみくにつかみやおよろづのかみ)で、全国の3132の式内神を祀る祠もありますが、通常は向うの中門が閉まっています。正月3日間、節分祭、毎月1日だけ中に入れますが、この日はすごい行列で入るのを諦めました

Jnt_5652a

二の鳥居の前、ここから一の鳥居までの間は露店が並ぶ参道が二つに分かれます。

Jnt_5665a

この参道の途中にある、私の好きな「こぼれ梅」(みりん粕)を買って帰宅しました。

Jnt_5687a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnt_5436a

|

« 来迎院と良忍上人 | トップページ | 平安神宮・節分祭 朝廷行事と豆まき »

コメント

生フランク??
不思議な商品ですね。
節分。
鬼との交流も楽しそうですね。

投稿: munixyu | 2019年2月 3日 (日) 10:15

★munixyuさん こんばんは♪
屋台を見ていると、時代の流れを感じます。昔ながらのものもあるのですが、最近ではエスニックや全国の食べ物が目につきます。

投稿: りせ | 2019年2月 4日 (月) 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来迎院と良忍上人 | トップページ | 平安神宮・節分祭 朝廷行事と豆まき »