« 三千院 雪の庭園を巡る | トップページ | 吉田神社 もう一つの節分祭 »

2019年2月 2日 (土)

来迎院と良忍上人

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnt_4849a
※写真は全てクリックで拡大します。

三千院を出て、石段下から呂川に沿って来迎院に向かいます。上の写真の右は「一福茶屋」、左には「重要文化財 三重石塔 融通念佛宗宗祖 聖應大師良忍上人御廟」という石標があります。しばらく坂道を上ると、昨日の記事に出て来た朱雀門があります。

Jnt_4852a

呂川の橋を渡ったところに、来迎院の子院「蓮成院」があります(非公開)。

Jnt_4858a

来迎院の塔頭「淨蓮華院(じょうれんげいん)」、精進料理がおいしいと評判の宿坊があり、飲酒も可能だとか。コンサートなど様々なイベントも行われます。

Jnt_4862a

呂川沿いの道の正面に来迎院の参道入口があります。小さく看板が見えるところに来迎院の山門の石段があります。

Jnt_4860a

「来迎院」は、山号を魚山という天台宗総本山・延暦寺の別院です。平安時代の仁寿年間(851~854)に、天台宗を開宗した伝教大師最澄の直弟子・慈覚大師円仁が、この地に声明(しょうみょう)の修練道場を創建しました。

Jnt_4865a

円仁は唐に留学したとき、五台山の太原(たいげん)を中心に盛んに行われていた五台山念佛(声明)を、比叡山に伝え、中国の太原にちなんでこの大原の地を声明の根本道場としました。(山門を入った正面は「会館」で参拝受付があります。)

Jnt_4867a

大原は、藤原時代(平安時代中・後期)には、俗化した比叡山を離れた僧が修行する隠棲の里となり、寂源が勝林院を、叡山東堂の堂衆であった良忍が来迎院を建立するなど多くの僧坊が営まれました。(本堂は右手の石段の上の高台にあります。)

Jnt_4869a

良忍上人(1073-1132)は念仏三昧の一方で、来迎院と浄蓮華院を創建し、分裂していた天台声明の統一をはかり、大原(魚山)声明を完成させました。(梵鐘は室町時代の永享7年(1435)藤原国次作で京都市指定重要文化財です。)

Jnt_4871a

本堂は室町時代中期に火災により焼失 室町時代後期の天文2年(1533)に再建されたものです。本堂には、藤原時代の薬師・阿弥陀・釈迦の三尊像(重文)を安置しています。過去の記事には写真が載っていますが、現在は撮影禁止になっています。、

Jnt_4873a

下は、昨年11月に訪れたときにご住職に見せていただいた本の写真です。左の不動明王像と右の毘沙門天像はともに藤原時代後期の作で、天井に極楽浄土に舞う天女が描かれています。  

Jnr_6615a

中央が薬師如来、右が阿弥陀如来、左が釈迦如来です。薬師如来は耳の病気にご利益があるとされ、耳の病気の快癒を願う絵馬がたくさん奉納されています。

Jnr_6615b

上の写真では左の不動明王が見えなかったので、代わりに絵馬を。

Jnt_4892a

本堂の前にはツツジが植えられ、正面には呂川に面した門があります。

Jnt_4888a

本堂の右手前の小高いところに、お堂があります。

Jnt_4897a

石段を上ったところは「鎮守堂」、その左に

Jnt_4899a

「地蔵堂」があります。これらは鎌倉時代の建立とみられています。

Jnt_4904a

良忍上人が大原に隠棲して来迎院を開いたのは23歳のときです。その後46歳のとき(1117年)阿弥陀仏のお告げによって、「1人の念仏が万人の念仏に通じる」という自他の念仏が相即融合しあう「融通念仏」を創始しました。

Jnt_4906a

後の世を待たずに、現世にだれもが速やかに智慧かがやき喜び溢れる幸せの世界に至ることができる、融通念仏の法門を授与されたといいます。(本堂の右奥から良忍上人の墓への道があります。)

Jnt_4907a

融通念仏を開いたとはいえ、いまだ民衆に広めることなく草庵に閑居していました。しかし、ある時鞍馬寺の多聞天王が姿を現し「尊い融通念仏を授かったのに、どうしてそれを人びとに勧めて救済しないのか」と告げられたといいます。(律川を渡ります。)

Jnt_4910a

この言葉に励まされ、良忍上人は天治元年(1124)はじめて市中に出て念仏の勧進を始めました。やがて上人の名は朝廷にも達し、鳥羽上皇は宮中に招いて皇后や官人らと融通念仏会を修して、自ら日課として念仏を唱えました。

Jnt_4914a

鳥羽上皇は、自ら製作した融通念仏勧進帳の最初に自分の名前を書き、序文をしたためました。さらに、勅願により河内に日本初の念仏道場を開き、後に融通念佛宗の総本山の大念佛寺となりました。良忍上人は来迎院で亡くなりここに葬られています。

Jnt_4916a

江戸時代中期の安永2年(1773)良忍上人は「聖応(しょうおう)大師」の謚号を賜りました。 墓への参道の途中に昭和6年(1931)に奉納された「聖応大師八百歳諱」の石碑があります。右に新しく建てられた収蔵庫「如来蔵」が見えます。

Jnt_4919a

良忍上人が呂川の上流にある滝の前で声明の修行をしていると、声明と同調してついに滝の音が消えたという伝説があります。その滝は「音無の滝」と呼ばれ、来迎院から歩いて15分くらいの場所です。

Jnt_4928a

この後、音無の滝に行こうかと迷いましたが、雪があると時間がかかり、まだ訪れたい寺社があるので断念しました。代わりに3年前の雪の日の写真を。

Jnt_4930a

Jmw_6046c

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jmw_6044c

|

« 三千院 雪の庭園を巡る | トップページ | 吉田神社 もう一つの節分祭 »

コメント

雪の感じが春の雪っぽくなってきましたね。
なんとなく春の近づきを感じます。

投稿: munixyu | 2019年2月 2日 (土) 12:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三千院 雪の庭園を巡る | トップページ | 吉田神社 もう一つの節分祭 »