« 桜紅葉の高野川を下る | トップページ | 相国寺 開山堂の紅葉色づき始める »

2018年11月 5日 (月)

桜紅葉の鴨川 出町三角州から冷泉放水口

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnr_3492a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨日の記事に続いて、出町三角州から鴨川を下りました。出町橋の上から、川の中の人は、調査のために何かを採取しているのだと思います。この日はこのような人を時々見かけました。

Jnr_3293a

休日なので人出があります。

Jnr_3319a

出町橋(賀茂川)と河合橋(高野川)、右奥に比叡山が見えます。

Jnr_3323a

賀茂大橋をくぐります。

Jnr_3347a

こちらはアユ釣りの方、賀茂川、高野川、鴨川の漁業権は「賀茂川漁業協同組合」の管轄です。

Jnr_3359a

大文字山がときどき見えます。

Jnr_3368a_2

「放射状雲」は地震雲の一種だという方がいますが、比叡山からしばしば放射状に雲が出ます。

Jnr_3390a

Jnr_3392a

川のあちこちにたくさんの鴨がいました。

Jnr_3408a

向うは「京都精華学園」。

Jnr_3422a

こちらは「京都府立医科大学附属病院」。

Jnr_3428a

左の建物は「日独文化研究所」。

Jnr_3452a

「荒神口橋」をくぐります。

Jnr_3486a

ここは「荒神口落差工」という高低差がある堰です。市民グループや学者らでつくる「京の川の恵みを活かす会」では、天然アユの遡行を妨げる落差工にこのような「簡易魚道」を設置して、アユの遡行調査を行っているそうです。

Jnr_3504a

向うの建物は分譲マンションの「アルス丸太町山水庵」。

Jnr_3511a

高野川と比べて、下流のこちらの方が紅葉が進んでいるようです。

Jnr_3521a

Jnr_3517a

山の上に、青蓮院の「青龍殿」が見えます。

Jnr_3523a

「丸太町橋」を渡って左岸を歩きます。下は橋の上から上流の方。

Jnr_3586a

鴨が飛んでいるところはめったに写真に撮れません。

Jnr_3596a

左岸に渡ったのは、この後琵琶湖疏水を遡るためです。

Jnr_3628a

「冷泉放水口」 琵琶湖疏水は通常この手前で向きを変えて、「鴨川運河」として伏見まで流れます。その向う(北)に「白川放水路の放水口」もあります。どちらも増水時のみしか水が流れません。

Jnr_3643a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnr_3445a

|

« 桜紅葉の高野川を下る | トップページ | 相国寺 開山堂の紅葉色づき始める »

コメント

澄んだ空に、澄んだ水に、何とも言えないのんびりさ。
京都の川辺は本当にいいところですね。

投稿: munixyu | 2018年11月 7日 (水) 17:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜紅葉の高野川を下る | トップページ | 相国寺 開山堂の紅葉色づき始める »