« 私の夏休み 上高地と山の日 | トップページ | 高台寺北門前通(西部)を歩く »

2018年8月13日 (月)

八坂神社の謎

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnp_8138a
※写真は全てクリックで拡大します。

先日八坂神社の境内を見て回ったときに、何なのか分からないものをいくつか見つけました。気になって調べていたのですが、現時点で判明したことを紹介します。上の写真は月遅れの七夕風景です。

西の楼門を入った左に絵馬堂があります。ここには貴重な絵馬がたくさんあるのですが、お堂の左にちょっと不思議な形のものを見つけました。

Jnp_7633a

下の台座に「献燈」と彫ってあるので灯籠だと思われますが、今まで見たことがない形です。天橋立の智恩寺の横にある「知恵の輪 灯籠」はもっと背が高く、広く開いた和の部分に灯りを置き、文珠水道(天橋立水路)を行き来する船の灯台の役目をしたそうです。 

Jnp_6430a

正面の輪の中に金網が張ってあって、扇風機が入っているような感じでした。「円形燈籠」や「輪灯籠」という種類はあるそうですが、このような形のものは見つかりませんでした。

Jnp_7662a

裏側を見ると八坂神社の神紋の一つ「左三つ巴」になっていて、その障子が取り外せて灯りを入れたようです。扇風機のように見えた表は、羽根の隙間から漏れる明かりが左三つ巴になるのだと分かりました。

Jnp_7655a

台座の横に「明治36年7月」、「下京区新門前町通」や献燈者の名前が刻んであります。

Jnp_7659a

私が撮った過去の写真にも見つかり、3年前は斎館前に置かれていたことが分かりました。

Jms_9600a

もう一つは先日の記事にも出てきた「祓所(はらえど)」です。本殿の東にある「美御前(うつくしごぜん)社」と「悪王子(あくおうじ)社」の間にある空地で、私は摂社や末社の建設予定地だろうと思っていました。

Jnp_6629a

周囲に結界をつくり、神儀の際に神前に進む神職や参拝者、供え物をお祓いする神聖な場所だそうです。明治4年の上知令によって八坂神社の境内の東は政府に接収され、明治19年に円山公園が設立されました。現在の円山公園西部は八坂神社の旧境内でした。

Jnp_6636a

かってはこの奥の塀はなく、その向うに安土桃山時代の天正18年(1590)に建造された多宝塔が、江戸時代後期の寛政年中(1789-1801)に火災で焼失するまで存在したそうです。 その跡地は「塔の趾」として以後の文献や地図に広場として描かれてきました。

Jnp_6634a

「京都坊目誌」には「今の大神宮のある地より稍東北に当る」とされます。ちょうどその場所あたる塀の外の円山公園内に多くの石が散在していて、石積基壇跡のような配置のものもあります。

Jnp_6784a

幕末に刊行された「東山名勝圖會」では、塔の趾の桜の下で宴が催されている様が描かれているそうです。八坂神社側の祓所は、かって存在した多宝塔のすぐ前にあたると思われます。

Jnp_6783a

円山公園内には、祗園遺跡(中世の陶磁器類が散在)、八坂神社と高台寺境内(雲居寺跡)が埋蔵文化財として知られています。公園を管理する京都市によると、工事で遺跡を破壊せざるをえない場合に発掘調査が行われるそうです。

Jnp_6787x

円山公園に入ってしまいましたが、徳川時代、祇園枝垂桜のあたりに宝寿院がありました。「宝寿院」は神仏混合の時代に、祇園社(現八坂神社)の社務を執行する社僧の住まいで、その庭園にあったのが初代の祇園枝垂桜だったそうです。

Jnp_6721a

宝寿院と、周辺にあった社僧の社家・八坊は明治初年の神仏分離令とその後の廃仏毀釈によって廃棄されました。枝垂桜の前にあるひょうたん池の北に、当時のものと思われる石材が点在しています。

Jnp_7353a

埋蔵文化財の保存のためには埋めたままにしておくのが最適だといわれていますが、地表に現れている遺構については、その掲示や保存処置をして欲しいと思います。南の楼門のそばにはまだ不明なものがあります。

Jnp_6344x

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnp_8151a

|

« 私の夏休み 上高地と山の日 | トップページ | 高台寺北門前通(西部)を歩く »

コメント

りせさん、お誕生日おめでとうございます。
お互い頑張りましょう。
京都は不思議なことだらけで、暑くても
違う意味で涼しいですよね。
それもまた京都の魅力なのかもしれません。

投稿: munixyu | 2018年8月13日 (月) 20:04

大発見ですね。
探求の鬼がpout 写真の仏happy01
貴重なブログを 綴ってくださるのですね

お誕生日ですか?fuji 佳き齢を お重ねくださいheart04

投稿: ゆっこ | 2018年8月14日 (火) 18:21

★munixyuさん こんばんは♪
年をとるのはイヤだけど、誕生日を覚えていて下さったのは嬉しいです。また1年頑張ります。

投稿: りせ | 2018年8月17日 (金) 01:45

★ゆっこさん こんばんは♪
お返事が遅れてすみませんでした。自分にとって謎だったことが、少しでも解決すると嬉しいですね。何回目の誕生日かは内緒ですが、また1年無事で過ごしたいですね。

投稿: りせ | 2018年8月17日 (金) 01:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の夏休み 上高地と山の日 | トップページ | 高台寺北門前通(西部)を歩く »