« 長楽館・御成の間 特別公開 | トップページ | ガーデンミュージアム比叡 2018夏 »

2018年8月19日 (日)

信行寺 巨石の境内と若冲の天井画

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnp_9866a
※写真は全てクリックで拡大します。

東山仁王門にある信行寺を訪れました。「信行(しんぎょう)寺」は山号を道源山(どうげんざん)という浄土宗総本山知恩院の末寺です。江戸時代の画家・伊藤若冲が最晩年に描いた天井画を所有することで知られています。

Jnp_9870a

東大路に面する門から入ると、右手に「身代(みがわり)毘沙門天」が祀られています。四天王の一つ多聞天が平安時代以後、開運・福の神として祀られたものが毘沙門天です。その後、七福神の一神となり、勝負事の神としても信仰されました。

Jnp_9882a

信行寺の創建や変遷の年代は不詳ですが、かつて前身となる寺が摂津の西宮にあったといわれます。(向うは仁王門通に面する山門です。境内のいたるところに巨石があります。)

Jnp_9935a

開山・順公の時に京都三条東洞院に移り、その後各所へ移転しました。(山門の前から境内を見渡します。東南の隅に白砂の庭園があります。)

Jnq_0009a

安土・桃山時代の1589年、豊臣秀吉の命により寺町丸太町(現在の京都御苑の東南)に移りました。この頃は、浄土宗の別格寺院の一つだったといわれています。

Jnp_9984a

江戸時代中期の「宝永の大火」(1708年)の後、寺町通より現在地に移転しました。(敷石の向こうは庫裏、その右が先ほど見た毘沙門堂です。)

Jnq_0012a

宝永の大火は3月8日の未明に油小路通姉小路通角より出火し、西南の風にあおられ,禁裏御所をはじめ、北は今出川通、南は錦小路通、西は油小路通、東は鴨川畔にまで火が達しました。(本堂の前にも巨石がありますが、これらの石の由緒は分かりません。)

Jnp_9981a

この火災によって、禁裏や公家屋敷95軒。町数417町、家数1万351軒、寺社119か所、大名屋敷21軒が焼失したという記録があります。

Jnp_9895a

本堂の内陣中央には、本尊の阿弥陀如来像、脇侍の勢至菩薩像と観音菩薩像が祀られています。右の脇檀には地蔵菩薩像、左には慈覚大師円仁作と云わる聖観音菩薩像が安置されています。

Jnp_9916a
大火で焼失した禁裏の再建に伴って、火事の類焼を防ぐために周辺の公家町が拡張されました。そのために、烏丸東側と丸太町北側の町家を、鴨東の二条川東(かわひがし)と内野(うちの,平安京大内裏旧地)などに移転させました。

Jnp_9996a

二条川東は、かって聖護院村と岡崎村の畑地だったところで、頂妙寺と法林寺(だん王)が建っているだけでした。大火後には内裏に近接した間之町通、堺町通、富小路通、今出川通の町家を、それぞれ町名に「新」を付けてそっくり鴨東に移したのです。

Jnp_9905a

さらに、寺町通筋に連なっていた寺院群も、鴨東に集団移転(引寺)させられました。このとき、宗派ごとにまとめて配置され、信行寺の並びは浄土宗の寺になっています。(本堂の左手に墓地の入口があります。)

Jnp_9904a

明治の神仏分離令に端を発した廃仏毀釈の中で、伏見の石峰寺の観音堂も破却され、若冲の天井画「花卉図(かきず)」が散逸してしまいました。天井画は古美術商の手に渡りましたが、有力な檀家が購入して当寺に寄贈、本堂の天井画として飾られています。(玄関)

Jnp_9923a

南北4.8m、東西11.5mの天井には、南北8列、東西21列の正方形の格子面168があり、1面の落款を除いて、後に周囲を加彩されたとみられる円形内に一種類ずつの花が描かれています。

Jnp_9937a

近年の若冲ブームにより、1昨年からそれぞれ短期間ですが数回公開されています。写真集も発売されていますが、手元に写真がありません。

Jnq_0004a

若冲の天井画が存在するのは、ほかに大津市の義仲寺(ぎちゅうじ)・翁堂(おきなどう)(大津市)だけです。ここにも「花卉図」15面(12種)が残されていて、石峰寺・観音堂の天井画は当初の182面あったといわれています。

Dsc01614a_1_3

義仲寺の花卉図はデジタル復元され、特殊な方法で板に直接印画したものです。若冲が描いた天井画の当初の姿が再現されているといわれています。上は左から、1月南天、2月梅、3月山茶、下は4月やまざくら、5月牡丹、6月かきつばた。

Dsc01619_4_6

信行寺の花卉図については、光田重幸理学博士(植物分類学)によってすべての品種が検討され、渡来して間もない珍奇な植物や、食用だった野菜・園菜類まで取り上げられていることが分かったそうです。7月鬼百合、8月向日葵、9月萩。

Dsc01628_7_9

分析の結果、特定しきれない作品は残るものの、従来の解釈から約20枚が変更され、約50種類については詳しい品種名まで判明したそうです。10月野路菊?、11月菊、12月水仙。

Dsc01635a_10_12

専門の学者の分析によってより正確に品種が判明したことは、若冲の観察眼と絵画技術の高さを改めて証明したといわれています。

Jnp_9925a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnp_9946a

|

« 長楽館・御成の間 特別公開 | トップページ | ガーデンミュージアム比叡 2018夏 »

コメント

花卉図は、百人一首や花札に出てくる絵に
似ていますね。こういう絵、結構好きです。

投稿: munixyu | 2018年8月19日 (日) 11:55

★munixyuさん こんばんは♪
若冲の花は、細部にも注意をはらいながら、構図は図案化していていますね。私も好きな絵です。

投稿: りせ | 2018年8月20日 (月) 22:37

西宮には今も「信行寺」がわたしの町内にあります。

投稿: 今村欣史 | 2018年8月27日 (月) 08:49

★今村欣史さん こんばんは♪
コメントありがとうございます。西宮に信行寺があるとのことで調べてみると、確かにありました。このお寺は浄土真宗とのことで、京都の信行寺(浄土宗)と関係があるかどうか分かりません。現在のところ「かって前身となる寺が西宮にあった」という情報しか知りませんので、あいまいで申し訳けございません。

投稿: りせ | 2018年8月28日 (火) 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長楽館・御成の間 特別公開 | トップページ | ガーデンミュージアム比叡 2018夏 »