« 神宮道を歩く 三条から円山公園へ | トップページ | 伏見稲荷大社 宵宮際 »

2018年7月21日 (土)

下鴨神社 御手洗祭2018

目次  2006年1月27日から毎日更新しています。

Jnp_2249a
※写真は全てクリックで拡大します。

昨夕、下鴨神社の「御手洗(みたらし)祭」に行ってきました。今年は土用の丑の日・7月20日(金)から7月29日(日)の期間、20日のみ5:30~21:00、それ以外は9:00~21:00の時間帯に行われています。

Jnp_2258a

昨日も京都の最高気温は38℃を超え、涼し気なこの神事がテレビで何度も放映されていました。下鴨神社はさぞ混雑していると思っていましたが、暑さで外出を控える方が多いのかそれほどの人出ではありませんでした。

Jnp_2269a

平安時代、貴族が季節の変わり目にみそぎをして、罪、けがれを祓うならわしがありました。これが民衆に伝わり、土用の丑の日に御手洗池(川)に足をひたし、1年の無病息災を祈る祭りが御手洗祭です。「足つけ神事」ともよばれています。

Jnp_2275a

上の楼門をくぐると中央にロープが張ってあり、最初に舞殿の左を通って本殿にお参りしてから御手洗池に向かうようになっています。中門の中は撮影できません。

Jnp_2287a

中門の前から舞殿の方。

Jnp_2330a

舞殿の東にテントがあり、受付付近は簾で覆われています。靴を脱いで受付に向かいます。

Jnp_2584a

受付で棒についたろうそくを頂き、御手洗川に入り輪橋(そりばし)の下をくぐります。最近の御手洗池の水は地下水なので、入るとびっくりするほど冷たく感じます。

Jnp_2362a

途中でロウソクに火を点します。斎火(いみび)といって、神前にお供えをする神聖な火です。御手洗池はかなり混雑していました。

Jnp_2377a

奥が下鴨神社の末社の「井上社」で、御手洗社(みたらいしゃ)ともいい、瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)を祀っています。瀬織津姫命は水神、龍神、川神とも呼ばれ、治水神として人の穢れを祓う女神とされます。

Jnp_2378a

井上社の前身は「三代実録」などに現れる「唐崎社」で、賀茂斎院の御禊や解斎、関白賀茂詣の解除で参拝した社です。ロウソクをお供えして、無病息災を祈ります。

Jnp_2390a

井上社は、当初は高野川と賀茂川の合流地の東岸に鎮座していましたが、1470年の文明の乱で焼失したため、文禄年間(1592~96)にこの場所に再興されました。(暗くなってきて、ますます人出が増してきたようです。)

Jnp_2405a

御手洗祭は井上社の夏越の例祭でもあります。かっては土用になると御手洗池から清水が湧き出て、下鴨神社の七不思議に数えられました。(池から上がり、テントの中に入ります。)

Jnp_2435a

テントの中でご神水を頂いて初めてご利益があるそうです。御手洗池で足を水につけて清めた後、ここでご神水を飲んで体の中から清めます。ペットボトルなどの器を持っていけば入れてくれます。

Jnp_2465a

「足形祈祷木」 足つけ神事に来られない家族の氏名と年齢を書いて、井上社の前で水に浸します。

Jnp_2472a

テントから出て井上社の前を通ります。井上社は病気やケガ、様々な災難除けの神として信仰されています。左に足形を浸す水おけがあります。

Jnp_2486a

ところで、「みたらし団子」は御手洗池の底から湧き上がる水泡をかたどったのが始まりと伝えられています。

Jnp_2479a

鎌倉時代、後醍醐天皇が行幸で下鴨神社を訪れたときのことです。「清め」のために、御手洗池の水を手ですくったところ、大きな泡がぷくりとひとつ浮かび、少しして4つの泡が次々と浮かび上がりました。

Jnp_2518a

その泡を団子に見立てたので、みたらし団子は五つの団子を一つだけ離して串にさすのだそうです。一方で、泡が浮かんだのは、斎王の清めの儀式のときだったという説もあります。(出口に向かう途中に「水みくじ」用の小川が造られていました。)

Jnp_2541a

当初は、氏子が厄除け人形として団子を作り、神前に供え、祈祷を受けた団子を持ち帰って食べたといわれています。五つの団子を五体になぞらえ、離した一つが頭というわけです。

Jnp_2571a

伝統の形をしたみたらし団子は、下鴨本通の「加茂みたらし茶屋」で販売しています。この日は楼門前のテントでも販売していました。

Jnp_2619a

すっかり暗くなりました。

Jnp_2557a

お帰りの前に、ブログランキングの応援のクリック↓をよろしくお願いします。

★こちらを是非よろしく→   ブログ村→にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
-------------------------------------------------------------------

Jnp_2502a

|

« 神宮道を歩く 三条から円山公園へ | トップページ | 伏見稲荷大社 宵宮際 »

コメント

もう、みたらし祭りなのですね。
涼しい夏の行事、団子も含めていい祭ですね。
少し変わった不思議な夏行事だと思います。

投稿: munixyu | 2018年7月21日 (土) 11:37

福井からです。
毎年夏になると、粽を頂きに京都へ行きますが、
昨年は後半に行ったので、この御手洗祭に初めて寄りました。
水が痛いほどに冷たくて気持ちよかった~!

でも今年は前半に行ったのでこの祭には行けず残念・・・。
この暑さなので、また行きたくなりました(^^)

投稿: まる | 2018年7月21日 (土) 13:34

★まるさん こんばんは♪
コメント有難うございます。前祭の粽を頂きに行ったのですね。暑くて大変だったでしょう。でも、御手洗池の水の冷たさは忘れられませんよね。今後ともよろしくお願いします。

投稿: りせ | 2018年7月23日 (月) 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神宮道を歩く 三条から円山公園へ | トップページ | 伏見稲荷大社 宵宮際 »